『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日 第1刷発行

孤立した無菌病棟に取り残された少年と少女。ウイルスすら出入り不能の密室で彼女を殺したのは - 誰?

ジェリーフィッシュは凍らないの著者による甘く切ない青春本格ミステリ

半人形 - それがコノハの最初の印象だ。隻腕義手の痩せた少女が、タケルのただひとりの同居人だった。医師の柳や看護師の若林とともに、病原体に弱い二人を守るはずだった無菌病棟、通称 《クレイドル》。

しかし、ある大嵐の日、《クレイドル》 は貯水槽に通路を寸断され、外界から隔絶される。不安と焦燥を胸に、二人は眠りに就き、- そして翌日、コノハはメスを胸に突き立てられ、死んでいた。外気にすら触れられない彼女を、誰が殺した? (講談社BOOK倶楽部より)

初読。評価は難しい。設定 (死に至る原因と結果) は斬新で、私好みではある。ただ万人受けするかどうかはわからない。(特に前半の) 丁寧が過ぎてくどく感じる描写の連続は、ややもすると読む気を削ぐことにもなりかねはしないだろうか。正直に言うと、何度も飽きて投げ出しそうになった。

死蠟 【しろう】/adipocere』 という言葉が出てくるまで我慢することだ。物語は、そこから俄然面白くなる。

たった二人だけが生活する無菌病棟 《クレイドル》 の中で、紆余曲折を経ながらも徐々に互いの関係を深めていくタケルとコノハ。だが大嵐のため完全に閉ざされた空間となったクレイドルの中で、タケルはコノハの亡骸を見つけ・・・・・・・。

というあらすじのノンシリーズ作品である本書は、叙情的な恋愛要素や謎また謎のスリリングな展開、そして読者の感情を揺さぶる結末が待ち受ける作品で、市川憂人作品の入門にもオススメの逸品である。市川ファン・初市川作品読者のいずれであっても、本書を一読された方は、2016年に 『ジェリーフィッシュは凍らない』 にてデビューしてからわずか4年の “新鋭“ 本格ミステリ作家が生み出したとは思えない、細部まで神経が行き届いた厚みのある構成と、情感溢れる物語に驚かれるのではないだろうか。(解説より)

※細部にこだわるあまり、謎の周囲を行ったり来たり - 延々とそんな描写が続くと、結局何が何だかわからなくなってしまう。大いなる前振りが悪いわけではないが、事の核心に至る手前で飽きられては元も子もない。なるだけ簡潔に、節度を持って臨んでもらえればと。最後は結構、感動するのだから。

この本を読んでみてください係数  80/100

◆市川 憂人
1976年神奈川県生まれ。
東京大学卒業。

作品 2016年 『ジェリーフィッシュは凍らない』 で、第26回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。他著に、『ブルーローズは眠らない』 『グラスバードは還らない』 『ボーンヤードは語らない』 『ヴァンプドッグは叫ばない』 (以上、東京創元社)、『神とさざなみの密室』 (新潮文庫) がある。

関連記事

『小島』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『小島』小山田 浩子 新潮文庫 2023年11月1日発行 私が観ると、絶対に負ける

記事を読む

『私の家では何も起こらない』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『私の家では何も起こらない』恩田 陸 角川文庫 2016年11月25日初版 私の家では何も起こら

記事を読む

『ホワイトラビット』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『ホワイトラビット』伊坂 幸太郎 新潮文庫 2020年7月1日発行 兎田孝則は焦っ

記事を読む

『ロコモーション』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ロコモーション』朝倉 かすみ 光文社文庫 2012年1月20日第一刷 小さなまちで、男の目を

記事を読む

『悪寒』(伊岡瞬)_啓文堂書店文庫大賞ほか全国書店で続々第1位

『悪寒』伊岡 瞬 集英社文庫 2019年10月22日第6刷 男は愚かである。ある登

記事を読む

『泳いで帰れ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『泳いで帰れ』奥田 英朗 光文社文庫 2008年7月20日第一刷 8月16日、月曜日。朝の品川駅

記事を読む

『スモールワールズ』(一穂ミチ)_書評という名の読書感想文

『スモールワールズ』一穂 ミチ 講談社文庫 2023年10月13日 第1刷発行 2022年本

記事を読む

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』(町田そのこ)_書評という名の読書感想文

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』町田 そのこ 新潮文庫 2021年4月1日発行

記事を読む

『オロロ畑でつかまえて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『オロロ畑でつかまえて』 荻原 浩 集英社 1998年1月10日第一刷 萩原浩の代表作と言えば、

記事を読む

『貘の耳たぶ』(芦沢央)_取り替えた、母。取り替えられた、母。

『貘の耳たぶ』芦沢 央 幻冬舎文庫 2020年2月10日初版 あの子は、私の子だ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑