『variety[ヴァラエティ]』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『variety[ヴァラエティ]』(奥田英朗), 作家別(あ行), 奥田英朗, 書評(は行)

『variety[ヴァラエティ]』奥田 英朗 講談社 2016年9月20日第一刷

迷惑、顰蹙、無理難題。人生、困ってからがおもしろい。脱サラで会社を興した38歳の社長、渋滞中の車にどんどん知らない人を乗せる妻、住み込みで働く職場の謎めいた同僚・・・・。著者お気に入りの短篇からショートショート、敬愛するイッセー尾形氏、山田太一氏との対談まで、あれこれ楽しい贅沢な一冊!! 蔵出し短篇集! (「BOOK」データベースより)

セブンティーン
子供は昔のことなんて少しも憶えていてくれない - 高校2年生の娘・明菜は、幼い頃にあった出来事や、子を思い親がしたあれやこれやをまるで憶えていません。

家族でハワイ旅行に行ったことを「憶えてない」と言われて腹が立ち、ビーチで撮ったビデオテープも、まるで他人を見るように「可愛い」と笑って眺めているだけの様子に、自分はもう少し憶えている気がする - と、母の由美子はそんなことを考えています。

もっとも、元々親子には決定的な温度差があり、自分は人生の半分を過ぎてしまった44歳のおばさんであり、明菜は気の遠くなるほどの未来を持ったセブンティーンだ。若者は過去を振り返らない。いつだって今に夢中だ。- 自分にもあったその頃を思い出し、由美子は、(基本やさしく)17歳になる娘と付き合っています。

ある日、その娘が母をどきりとさせる言葉を口にします。クリスマスイブの晩、友だちの家に泊まると言い出したのです。それは明菜にとって初めての外泊で、その夜処女を捨てる気だな、と由美子はすぐにピンときます。

・・・・明菜はその気でいる。友だちの家なんてうそだ。顔にそう書いてあった。ちゃんと目を見ないし、無理に明るく笑うし、汗をかいているし - 。誰だか知らないが、最近彼氏ができたことも知っている。その彼氏と初めてのセックスをしようとしている。同じ女だからわかってしまうのだ。

由美子ははたと困ります。自分は果たしてどんな態度をとるべきか。昔の親なら、「外泊などとんでもない」と目を吊り上げて許可しなければいいのでしょうが、そんなことをしたら親子関係はたちどころに悪化してしまいます。

問答無用で抑えつけたことはこれまで一度もありません。理解ある親でいたいと、彼女なりに努力していた中での出来事でした。

夫の幸彦には何があっても相談などできません。言おうものなら、怒り出すに決まっています。娘の純潔を信じて疑わない。男親とは総じてそういう種族なのです。説得するか、認めるか。認めるなら、いかにして幸彦を欺くか。残された選択はそれしかありません。
・・・・・・・・・
クリスマスイヴ、か - 。由美子はベランダで洗濯物を干しながら、ため息をついた。17歳の女の子が考えそうなことだ。明菜はきっと下着選びまで済ませていることだろう。その夜は髪をセットして、念入りに化粧をして、どこかの男子高校生に抱かれにいくのだ。

17歳か。あの頃、自分は誰に恋していただろう - 。

高3になってからは、隣のクラスの佐藤君を好きになった。あのときは佐藤君も自分に好意を寄せてくれ、何度かデートをした ・・・・ そうだ、ファーストキスも佐藤君だ。

思うと同時に、由美子は唖然とします。ファーストキスの相手すらも記憶の隅に追いやられるとは・・・四半世紀が過ぎるとはこういうことなのかと思い、改めてそのときしたキスのぎこちなさを思い出し、10年以上も見ていない卒業アルバムが見たくなります。

アルバムを閉じ、また段ボール箱にしまうと、つかの間、由美子は暖かい気持ちになります。あの頃あったあれやこれやを思い出し、由美子は - 心配することはない。みんな自力で青春期を乗り越えているのだ。自分も、そして明菜も - と思います。

一方、そんなことを思う母とは別に、(決行に向け)既に明菜は完璧な準備をし終えています。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆奥田 英朗
1959年岐阜県岐阜市生まれ。
岐阜県立岐山高等学校卒業。プランナー、コピーライター、構成作家を経て小説家。

作品 「ウランバーナの森」「最悪」「邪魔」「空中ブランコ」「町長選挙」「沈黙の町で」「無理」「噂の女」「ナオミとカナコ」「向田理髪店」他多数

関連記事

『夏をなくした少年たち』(生馬直樹)_書評という名の読書感想文

『夏をなくした少年たち』生馬 直樹 新潮文庫 2019年8月1日発行 第3回 新潮ミ

記事を読む

『鼻に挟み撃ち』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『鼻に挟み撃ち』いとう せいこう 集英社文庫 2017年11月25日第一刷 御茶ノ水、聖橋のたもと

記事を読む

『ファイナルガール』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『ファイナルガール』藤野 可織 角川文庫 2017年1月25日初版 どこで見初められたのか、私には

記事を読む

『あなたの本当の人生は』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『あなたの本当の人生は』大島 真寿美 文春文庫 2019年8月1日第2刷 「書くこ

記事を読む

『星の子』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『星の子』今村 夏子 朝日新聞出版 2017年6月30日第一刷 林ちひろは中学3年生。病弱だった娘

記事を読む

『走れ! タカハシ』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『走れ! タカハシ』村上龍 講談社 1986年5月20日第一刷 あとがきに本人も書いているの

記事を読む

『逆ソクラテス』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『逆ソクラテス』伊坂 幸太郎 集英社文庫 2023年6月25日第1刷 僕たちは、逆

記事を読む

『シュガータイム』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『シュガータイム』小川 洋子 中公文庫 2022年7月30日21刷発行 三週間ほど

記事を読む

『ハンチバック』(市川沙央)_書評という名の読書感想文

『ハンチバック』市川 沙央 文藝春秋 2023年7月25日第5刷発行 【第169回

記事を読む

『はんぷくするもの』(日上秀之)_書評という名の読書感想文

『はんぷくするもの』日上 秀之 河出書房新社 2018年11月20日初版 すべてを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑