『それを愛とまちがえるから』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『それを愛とまちがえるから』井上 荒野 中公文庫 2016年3月25日初版


それを愛とまちがえるから (中公文庫)

 

ある朝、伽耶は匡にこう告げる。「あなた、恋人がいるでしょう」- 結婚15年、セックスレス。妻と夫の思惑はどうしようもなくすれ違って・・・・。愛しているなら、できるはず? 女がいて、男がいて、心ならずも織りなしていく、やるせない大人のコメディ。(中公文庫解説より)

〈やるせない大人のコメディ〉などという如何にも優しげな紹介文に騙されてはなりません。さらりとした文章ではありますが、中身はことのほか手厳しい。夫婦関係の偽らざる在り様が白日の下に晒され、人としての、どうにもならない性(さが)が語られています。

一々の指摘が図星で返す言葉がありません。特に耳が痛いのは(おそらくは)男性で、半分くらいは読んでしまったことを後悔するかも知れません。書いてあることがわかり過ぎるくらいにわかるので、反論しようとすればするほど墓穴を掘ることになります。

何が書いてあるかといえば - あなたは、かつての知り合ってまだ間がない頃と同じように今でも奥さんを愛していますか? - ということ。(気持ちもさることながら)ここで言う「愛する」とは・・・・つまりは、具体的に「コトにおよぶ」かどうかを指します。

要するに、今でも変わらずセックスしてますか? まさか、最後にしたのはいつだったろうみたいなことにはなってないでしょうね? - ということが書いてあります。

どうです? そんなふうに訊かれて、あなたは(否、他人事のように言ってはいけません。私自身のこととして)迷うことなく「ハイ! 」と答えられるでしょうか・・・・

いつから、伽耶(かや)が言ってほしいことを匡(ただし)が言ってくれなくなり、伽耶が本当は言いたくないことを匡に言わざるをえなくなってしまったのだろう? いつから、セックスが夫婦の義務になりかわり、することにもしないことにも言い訳が必要になったのだろう?(本文より)

大概の夫婦はこうなのです。もうそれはどうしようもなく、こうなのです。何も伽耶と匡に限ったことではなく、どんなに美男美女のカップルであったとしても事情は同じようなもの。むしろ当初の期待値が高い分、並みの夫婦より醒める速度は早いのかも知れません。
・・・・・・・・・・
これ、とてもじゃないが結婚前の若い人にはわからないと思います。たとえ結婚していたとしても、たかだか1年や2年では話になりません。結婚した後相応に幸福で安定した生活が続き、そういえば結婚してもう何年になるのだろうと、ふとした時にふととしか思い返さないようになる程に年月を重ねて、初めて思い知らされることです。

(この小説に登場する)袴田匡と伽耶の夫婦にしたところで、付き合い出してから結婚に至り、それから後のあまやかな数年を思い起こせば、おそらくは想像もしなかった変化だろうと思います。

あろうことか、現在の匡と伽耶には、2人して別の恋人がいます。匡には逢坂朱音という女性、伽耶には星野誠一郎という男性。互いに「しているの? 」と問えば、これはもう当然ながら「している」わけです。夫婦よりも頻繁に、するべくして「している」のです。
・・・・・・・・・・
いつの間にやら15年もの年月が過ぎ去り、匡は42歳、伽耶は41歳になっています。匡は大手流通会社に勤めるサラリーマン。専業主婦の伽耶は、もっぱら習い事に通い詰めています。

2人が暮らしているのは都内のマンションで、これは匡が39歳のときに念願かなって購入したもの。匡にはそうするだけの収入があり、伽耶は、他人から見れば随分と恵まれた暮らしをしているように思えます。

2人には子供がいません。伽耶からすれば、(子供がいないから)何もしないというわけにはいかないので、検討を重ね、家計のことも考えた上で、本当に自分がしたいと思うことに絞って習い事に通っており、決して贅沢をしているつもりはないのですが・・・・

そうは言われても如何にも余裕があるようにしか思えない暮らしにあって、妻の伽耶がそうなら夫の匡も同様に、そうであるからこその間延びした毎日に退屈もし、気付けば(待ち兼ねたように)2人して深間にはまり込んでいます。

それをはたして愛と呼べるのかどうか。ほかの何かと「愛」とを取り違えてはいませんか、ということが書いてあります。

 

この本を読んでみてください係数 80/100

それを愛とまちがえるから (中公文庫)
◆井上 荒野
1961年東京都生まれ。
成蹊大学文学部英米文学科卒業。

作品 「わたしのヌレエフ」「潤一」「切羽へ」「そこへ行くな」「もう切るわ」「しかたのない水」「ベーコン」「夜を着る」「雉猫心中」「リストランテ アモーレ」「結婚」他多数

関連記事

『グラジオラスの耳』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『グラジオラスの耳』井上 荒野 光文社文庫 2003年1月20日初版 グラジオラスの耳

記事を読む

『背高泡立草』(古川真人)_草刈りくらいはやりますよ。

『背高泡立草』古川 真人 集英社 2020年1月30日第1刷 【第162回 芥川賞受賞作】背

記事を読む

『薄情』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『薄情』絲山 秋子 河出文庫 2018年7月20日初版 薄情 (河出文庫) 地方都市に暮らす

記事を読む

『火のないところに煙は』(芦沢央)_絶対に疑ってはいけない。

『火のないところに煙は』芦沢 央 新潮社 2019年1月25日8刷 火のないところに煙は

記事を読む

『貞子』(牧野修)_書評という名の読書感想文

『貞子』牧野 修 角川ホラー文庫 2019年4月29日初版 貞子 (角川ホラー文庫)

記事を読む

『琥珀のまたたき』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『琥珀のまたたき』小川 洋子 講談社文庫 2018年12月14日第一刷 琥珀のまたたき (講

記事を読む

『るんびにの子供』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『るんびにの子供』宇佐美 まこと 角川ホラー文庫 2020年8月25日初版 るんびにの子供

記事を読む

『夏をなくした少年たち』(生馬直樹)_書評という名の読書感想文

『夏をなくした少年たち』生馬 直樹 新潮文庫 2019年8月1日発行 夏をなくした少年たち

記事を読む

『藻屑蟹』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『藻屑蟹』赤松 利市 徳間文庫 2019年3月15日初刷 藻屑蟹 (徳間文庫) 一号機

記事を読む

『ジオラマ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『ジオラマ』桐野 夏生 新潮エンタテインメント倶楽部 1998年11月20日発行 ジオラマ (

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑