『ここは退屈迎えに来て』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『ここは退屈迎えに来て』山内 マリコ 幻冬舎文庫 2014年4月10日初版

そばにいても離れていても、私の心はいつも君を呼んでいる - 。都会からUターンした30歳、結婚相談所に駆け込む親友同士、売れ残りの男子としぶしぶ寝る23歳、処女喪失に奔走する女子高生・・・・ありふれた地方都市で、どこまでも続く日常を生きる8人の女の子。居場所を求める繊細な心模様を、クールな筆致で鮮やかに描いた心潤う連作小説。(幻冬舎文庫解説より)

第7回R-18文学賞・読者賞を受賞した「十六歳はセックスの齢」を含む連作短編が8つ。山内マリコのデビュー作品です。

「ロードサイド小説」、「地方ガール小説」とも言うらしい。田舎(田舎が言い過ぎなら、地方にあるどこといって特徴のない町)で生まれ育ったうら若き女性たちの内なる「心の叫び」、思い通りにならない人生への「恨み辛み」が軽妙なタッチで描かれています。

勘違いしてはならないのが、彼女たちは「地方に生まれたこと」それ自体をどうこう言っているわけではありません。それはそれとして受け入れ、納得もしているのです。但し、それで満足かというとそういうことではありません。

彼女たちの不満の第一は、地方の田舎町には都会ほどの「刺激がない」ということです。彼女たちはおしなべて退屈しています。退屈であるがゆえに「お願いだから誰か私を迎えに来て」と、叫ばすにはいられないのです。

閑話休題。

私が暮らしているのはそれこそ何の変哲もない田舎町ですが、それでもずいぶん便利になりました。車で10分ほどのところには24時間営業の大型スーパーがあります。隣に評判のケーキ屋があり、そのまた隣にはドライブスルーで行けるクリーニング店があります。

(残念ながら歩いては行けませんが)近くにコンビニが2軒あり、家を出てすぐのところにはガソリンスタンドだってあります。隣町には百貨店があり、その周辺には背の高いマンションが何棟も建っています。

町と町を繋ぐ道路沿いには名の知れた量販店が軒を連ね、間にゲームセンターやパチンコ店があり、色んな種類の飲食店が並んでいます。・・・・が、だからといって「街」かといえば、間違っても街などではありません。

そんな風景こそが、(おそらくは日本中のどこにでもある)地方の田舎町の典型的な姿なのです。画一的で、欲しいと思ったものはたいてい手に入るのですが、しかし、心から欲しいと願うものだけがありません。

それを得るには「ここ」を出て、「都会(東京)」へ行くしかないと思ったとしても、誰が彼女たちを責めることができるでしょうか。年寄りならいざ知らず、彼女たちには未来があります。光り輝く(であろう)これからの人生を、存分に行使する権利があるのです。
・・・・・・・・・・
自分は将来こことは違う、もっと、ずっと晴れやかな場所にいて、必ずや思い描いた通りの自分を手に入れてみせる - 地方で暮らす大概の若者は、自分がまだ何者でもない時代、一度や二度は決まってそう考えます。

根っからの都会育ちにはわからない。地方で生まれた者にとって - そこに留まるか、あるいは早々に見切りをつけて出て行くか - はまことに大きな決断で、後の人生を大きく違えてしまうことになります。

この小説では、女性が抱く恋愛観や結婚観、セックス観などと絡めて、地方で暮らす彼女たちの生き難さと、それを承知でまた都会から舞い戻ってくる彼女たちの生き様などが鮮やかに描き出されています。

彼女たちはそれぞれに、自分が描く理想とは程遠い現状に鬱々としています。鬱々としてはいるのですが、反面、思った以上に強かでもあります。理想通りかどうかはさておき、少々のことではヘコたれません。

それが証拠に、中にある最も短い一編「東京、二十歳。」の主人公・朝子は、東京の街にどれだけ疲労困憊しても、それでも元気です。そして最後に、自分にこう言い聞かせます。

人生ははじまったばかり。田舎になんか、帰らない。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆山内 マリコ
1980年富山県富山市生まれ。
大阪芸術大学映像学科卒業。

作品 「アズミ・ハルコは行方不明」「さみしくなったら名前を呼んで」「パリ行ったことないの」「かわいい結婚」など

関連記事

『恋愛中毒』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『恋愛中毒』山本 文緒 角川文庫 2022年5月15日52版発行 恋愛感情の極限を

記事を読む

『ぼくは勉強ができない』山田詠美_書評という名の読書感想文

『ぼくは勉強ができない』 山田 詠美  新潮社 1993年3月25日発行 山田詠美の小説を大別す

記事を読む

『悪人』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『悪人』吉田 修一 朝日文庫 2018年7月30日第一刷 福岡市内に暮らす保険外交

記事を読む

『検事の死命』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の死命』柚月 裕子 角川文庫 2019年6月5日8版 電車内で女子高生に痴漢

記事を読む

『はるか/HAL – CA』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『はるか/HAL - CA』宿野 かほる 新潮文庫 2021年10月1日発行 「再

記事を読む

『忌中』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『忌中』車谷 長吉 文芸春秋 2003年11月15日第一刷 5月17日、妻の父が86歳で息を

記事を読む

『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー』山田 詠美 幻冬舎文庫 1997年6月25日初版

記事を読む

『鍵のない夢を見る』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『鍵のない夢を見る』辻村 深月 文春文庫 2015年7月10日第一刷 誰もが顔見知りの小さな町

記事を読む

『回遊人』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『回遊人』吉村 萬壱 徳間書店 2017年9月30日初刷 妻か、妻の友人か。過去へ跳び、人生を選べ

記事を読む

『海馬の尻尾』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『海馬の尻尾』荻原 浩 光文社文庫 2020年8月20日初版 二度目の原発事故でど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『錠剤F』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『錠剤F』井上 荒野 集英社 2024年1月15日 第1刷発行

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑