『レモンと殺人鬼』(くわがきあゆ)_書評という名の読書感想文

『レモンと殺人鬼』くわがき あゆ 宝島社文庫 2023年6月8日第4刷発行

2023年 第21回 このミステリーがすごい! 大賞・文庫グランプリ受賞作

十年前、洋食屋を営んでいた父親が通り魔に殺されて以来、母親も失踪、それぞれ別の親戚に引き取られ、不遇をかこつ日々を送っていた小林姉妹。しかし、妹の妃奈が遺体で発見されたことから、運命の輪は再び回りだす。被害者であるはずの妃奈に、生前保険金殺人を行っていたのではないかという疑惑がかけられるなか、妹の潔白を信じる姉の美桜は、その疑惑を晴らすべく行動を開始する。(宝島社文庫)

(以下は解説より抜粋しています)

主人公は地方の大学職員、小林美桜。保険外交員だった妹の妃奈が山中で刺殺体となって発見されたところ、ほどなく妃奈が過去に保険金目当ての殺人を犯していたのではないかとの報道があり、美桜は被害者遺族から一転、容疑者の姉となってしまう。妹の無実を証明したい美桜は、協力を申し出てきたジャーナリスト志望の学生、渚丈太郎とともに調べを進めていくことに。

じつは美桜が殺人事件で身内を喪うのははじめてではない。十年前、洋食店を営んでいた父親が殺されているのだ。犯人は当時十代だった少年、佐神翔で、最近出所したはずだ。今回の事件にも彼がなにかしら関係しているのか - ? 意外な事実が次々明かされ、二転三転四転五転の力業で読者をねじ伏せてくる、くわがきあゆの 『レモンと殺人鬼』。第21回 『このミステリーがすごい! 』 大賞の文庫グランプリ受賞作品である。書籍化にあたり、応募時タイトルの 『レモンと手』 から改題した。

著者のくわがきあゆは、1987年生まれ。京都府京都市出身、京都市在住だ。京都府立大学では文学部文学科で国文学中国文学を専攻、国文学 (大岡政談) と中国文学 (龍図公案) の比較研究をしていたという。ただし、本人いわく 「現在中国語で憶えているのは 『你好 (ニーハオ)』 くらい」 とのこと。現在は高校で国語教師をしている。

本作については、オチ (犯人の正体) を最初に思いつき、その日の晩のうちに頭の中で大筋が出来上がったという。「あらゆる 『あかん人 (=ヤバイ人)』 を登場させてみようと思いました」 とは本人の弁。個人的には渚が気に入っているが、「そう言うと危くない人だと思われそうなので誰にも言っていませんでした」、とも (すみません、誰にも言っていないというのにここでバラしました)。

二転三転四転・・・・・・・くらいまでならよかったのに。読者の虚を衝くのがミステリーの醍醐味とはいえ、いくらなんでも 「五転」 はないだろうと。努力は大いに買いますが、「五転目」 に至り、私は少なからずショックを受けました。終盤も終盤、ここに至って - それはないだろうと。

※文庫グランプリを本作と同時受賞したもう一つの作品が、美原さつきの 『禁断領域 イックンジュッキの棲む森』 です。趣向はまるで違うのですが、こちらもぜひ一読を!

この本を読んでみてください係数  80/100

◆くわがき あゆ
1987年京都府生まれ。
京都府立大学卒業。

作品 第8回 「暮らしの小説大賞」 を受賞し、『焼けた釘』 (産業編集センター) で2021年にデビュー。2022年、本作で第21回 『このミステリーがすごい! 』 大賞・文庫グランプリを受賞。

関連記事

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 女は男の従属物じゃない - 。1972年、

記事を読む

『四月になれば彼女は』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『四月になれば彼女は』川村 元気 文春文庫 2019年7月10日第1刷 4月、精神

記事を読む

『203号室』(加門七海)_書評という名の読書感想文

『203号室』加門 七海 光文社文庫 2004年9月20日初版 「ここには、何かがいる・・・・・・

記事を読む

『タイガー理髪店心中』(小暮夕紀子)_わたしの血は、よもや青くなってはないだろうな。

『タイガー理髪店心中』小暮 夕紀子 朝日新聞出版 2020年1月30日第1刷 穏や

記事を読む

『ジオラマ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『ジオラマ』桐野 夏生 新潮エンタテインメント倶楽部 1998年11月20日発行 初めての短

記事を読む

『熱源』(川越宗一)_書評という名の読書感想文

『熱源』川越 宗一 文藝春秋 2020年1月25日第5刷 樺太 (サハリン) で生

記事を読む

『臨床真理』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『臨床真理』柚月 裕子 角川文庫 2019年9月25日初版 人の感情が色でわかる

記事を読む

『奴隷小説』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『奴隷小説』桐野 夏生 文芸春秋 2015年1月30日第一刷 過激です。 桐野夏生の新刊『

記事を読む

『連続殺人鬼カエル男』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『連続殺人鬼カエル男』中山 七里 宝島社 2011年2月18日第一刷 マンションの13階からぶら

記事を読む

『私はあなたの記憶のなかに』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『私はあなたの記憶のなかに』角田 光代 小学館文庫 2020年10月11日初版 短

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑