『輪 RINKAI 廻』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『輪 RINKAI 廻』明野 照葉 文春文庫 2003年11月10日第1刷

輪(RINKAI)廻 (文春文庫)

茨城の旧家に嫁いだ香苗は愛娘・真穂をもうけたが、なぜか義母がその孫娘に苛烈な仕打ちを加える。それに耐えかね、離婚した香苗は大久保に住む実母・時枝のもとに帰るが、やがて真穂の体には痣や瘤が・・・・・・・。東京、茨城、新潟を点と線で結び、「累 (かさね)」 の恐怖を織り込んだ明野ホラーの原点。第7回松本清張賞受賞作。(文春文庫)

この小説は2000年に松本清張賞を受賞した。ホラー小説というふれこみだが、私は最後までそうとは思わずに読んだ。
四谷怪談の原点であるかさね)」 の因縁・復讐物語を主旋律として、現代の東京・大久保に追われるようにして流れ込み共に暮らすようになった母娘の上に、ふたたびくり返されるの悪夢を描いている点ではたしかにホラー小説ではあろう。ところが、人間存在の業の深みに歩み下りてゆく明野照葉の筆は、電脳立国ニッポンの基層にドクドクと脈を打って流れる六道輪廻の思想をあらためてほじくり返しているのである。

主人公は大人に成長したひとりの娘である。母親が新潟のとある町の嫁ぎ先からひとり娘の主人公をつれて出奔したのは三十年あまりまえ。歌舞伎町で燃え残ってこぼれ落ちた欲望が、そのまま雪崩れてきている街 大久保に住み着いた。育った娘は茨城の旧家に嫁ぎ一女を産んだのだが、なぜか義母が孫なる娘にむごい仕打ちを加えつづける。

それに堪えきれず主人公は離婚し、わが子をつれて大久保の実母のもとに身を寄せる。だが、その実母もまた孫娘を見てぞっとしたように顔を蒼白にし、以後、なぜか娘の体には痣や瘤が絶えなくなる。

もしや実母が娘を虐待しているのではないかと疑いはじめた香苗は時枝を問い質すのですが、そんなことはするはずがないと言い返され、当の真穂からは、おばあちゃんはそんなことはしていないし大好きだと言われて、途方に暮れるのでした。

時枝も、真穂も、嘘は言っていません。但し、二人はそれぞれに、全てを包み隠さず話しているわけではありません。時枝は多くを語らず、その時の真穂は、真穂とは違う別の “誰か” に代わっています。

(香苗が産んだ一人娘の真穂は際立つ美形の少女だったのですが、なぜか、母の香苗にも、実の父である香苗の元夫にも、義母にも、そして香苗の実の母である時枝にも、まるで似ていません。およそ異なった顔立ちをしています)

この小説は 姑殺しにまつわる因縁を描きながら、その姑の怨霊がこの世にあらわれ、殺した者にたいして恨みをはらす因果応報の物語に安易に力点を置くより、この世にあって飯を食い息をしていたそのときそのままの猜疑心や虐待嗜好をもって、ふたたび生前と変わらぬ楽しみを味わい尽くそうとする人間の救いがたい欲動を描いているのである。(太字は全て解説よりby高山文彦)

義母が娘に加える苛烈な仕打ちの本当の理由とは一体何なのか。読んで思うのは、女の業の怖ろしさ、凄まじさ、その一点でした。どうぞ、幼気な少女を悪魔に変える 「恐怖と怨念の物語」 を心ゆくまでご堪能ください。

この本を読んでみてください係数 85/100

輪(RINKAI)廻 (文春文庫)

◆明野 照葉
1959年東京都中野区生まれ。
東京女子大学文理学部社会学科卒業。

作品 「雨女」「魔性」「誰?」「新装版 汝の名」他多数

関連記事

『阿蘭陀西鶴』(朝井まかて)_書評という名の読書感想文

『阿蘭陀西鶴』朝井 まかて 講談社文庫 2016年11月15日第一刷 阿蘭陀西鶴 (講談社文庫

記事を読む

『八月は冷たい城』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『八月は冷たい城』恩田 陸 講談社タイガ 2018年10月22日第一刷 八月は冷たい城 (講

記事を読む

『臨床真理』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『臨床真理』柚月 裕子 角川文庫 2019年9月25日初版 臨床真理 (角川文庫) 人

記事を読む

『不愉快な本の続編』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『不愉快な本の続編』絲山 秋子 新潮文庫 2015年6月1日発行 不愉快な本の続編 &n

記事を読む

『グラジオラスの耳』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『グラジオラスの耳』井上 荒野 光文社文庫 2003年1月20日初版 グラジオラスの耳

記事を読む

『北斗/ある殺人者の回心』(石田衣良)_書評という名の読書感想文

『北斗/ある殺人者の回心』石田 衣良 集英社 2012年10月30日第一刷 北斗 ある殺人者の

記事を読む

『相棒に気をつけろ』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『相棒に気をつけろ』逢坂 剛 集英社文庫 2015年9月25日第一刷 相棒に気をつけろ (新潮

記事を読む

『死体でも愛してる』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『死体でも愛してる』大石 圭 角川ホラー文庫 2020年8月25日初版 死体でも愛してる (

記事を読む

『愛すること、理解すること、愛されること』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『愛すること、理解すること、愛されること』李 龍徳 河出書房新社 2018年8月30日初版 愛

記事を読む

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (新潮文庫) (帯に) 芥

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『5時過ぎランチ』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『5時過ぎランチ』羽田 圭介 実業之日本社文庫 2021年10月15

『きみはだれかのどうでもいい人』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『きみはだれかのどうでもいい人』伊藤 朱里 小学館文庫 2021年9

『はるか/HAL – CA』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『はるか/HAL - CA』宿野 かほる 新潮文庫 2021年10月

『変な家』(雨穴)_書評という名の読書感想文

『変な家』雨穴 飛鳥新社 2021年9月10日第8刷発行 変な

『でえれえ、やっちもねえ』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『でえれえ、やっちもねえ』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2021年6

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑