『緋色の稜線』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『緋色の稜線』あさの あつこ 角川文庫 2020年11月25日初版

緋色の稜線 (角川文庫)

※本書は、2012年9月に講談社より刊行された単行本 『白兎1 透明な旅路と』 を加筆修正し、改題のうえ文庫化したものです。

魂のなかに生き続ける懐かしい故郷への探索。生の中で息づく温かな悲歌だ。人を殺して逃げる男が出会った、少年と傷ついた幼女。幻惑のサスペンス・ミステリ!

一時の絶望に駆られ、生きずりの女を絞殺した吉行明敬。殺人現場から離れようと自動車で山道を走る途中、彼は古臭いおかっぱ頭の幼女を連れた、白兎と名乗る不思議な少年に出会う。「お家に帰る」 という幼女と、付き添いだという少年。やむをえず2人を車に乗せ山間の温泉宿にたどり着くが、吉行は白兎たちの不可思議な言動に混乱していく。(角川文庫)

遠い昔に読んだ天童荒太の 『悼む人』 を思い出しました。これから紹介するのは、「白兎」 と名乗る少年がする、時空を超えた四つのをめぐる物語です。時を選ばず、彼は 「真っ当に」 死にたいと願う人のところへ現れます。

四冊共に講談社から刊行された単行本が、加筆修正され改題されて新たに角川文庫より発行されました。順に言いますと、

第一作 『緋色の稜線』 -  旧題 『白兎 1 透明な旅路と』
第二作 『藤色の記憶』 -  旧題 『白兎 2 地に埋もれて』
第三作 『藍色の夜明け』 - 旧題 『白兎 3 蜃楼の主』
第四作 『白磁の薔薇』 -  旧題 『白兎 4 天国という名の組曲』

となります。

実は、私は第三作の 『藍色の夜明け』 をたまたま書店で見つけて、最初に読みました。(すでにブログにアップしてあります) これが、予想以上に面白かった。あり得ない世界のことが書いてあるのに、気にもならずにするっと読めました。

おそらくそれは、「白兎」 と名乗る少年 (の非現実さ) とは対照的に、彼が関わる人物の過去や人生に並々ならぬリアルを感じたからでしょう。主役の誰もがどこにもいそうな人間で、皆が心に傷を抱えています。哀しい過去を経験しています。

はじめ彼ら彼女らは、生きているのか死んでいるのか定かではありません。あるいは、死に逝く途中であるような・・・・・・・

突然目の前に現れた白兎という少年は、神か仏か、それとも生死の狭間を往来する御霊の化身のような存在なのでしょうか。彼は死に逝く者に寄り添い、死者が死者らしく死ねるよう、その時までを見届けようとしています。

この本を読んでみてください係数 80/100

緋色の稜線 (角川文庫)

◆あさの あつこ
1954年岡山県英田郡美作町(現:美作市)湯郷生まれ。
青山学院大学文学部卒業。

作品 「ほたる館物語」「バッテリー」「バッテリーⅡ」「たまゆら」他多数

関連記事

『残穢』(小野不由美)_書評という名の読書感想文

『残穢』小野 不由美 新潮文庫 2015年8月1日発行 残穢 (新潮文庫) この家は、どこか

記事を読む

『プラナリア』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『プラナリア』山本 文緒 文春文庫 2020年5月25日第10刷 プラナリア (文春文庫)

記事を読む

『失はれる物語』(乙一)_書評という名の読書感想文

『失はれる物語』乙一 角川文庫 2006年6月25日初版 失はれる物語 (角川文庫) 目覚め

記事を読む

『そこへ行くな』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『そこへ行くな』井上 荒野 集英社文庫 2014年9月16日第2刷 そこへ行くな (集英社文

記事を読む

『月の上の観覧車』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『月の上の観覧車』荻原 浩 新潮文庫 2014年3月1日発行 月の上の観覧車 (新潮文庫) 本書

記事を読む

『密やかな結晶 新装版』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『密やかな結晶 新装版』小川 洋子 講談社文庫 2020年12月15日第1刷 密やかな結晶 

記事を読む

『やがて海へと届く』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『やがて海へと届く』彩瀬 まる 講談社文庫 2019年2月15日第一刷 やがて海へと届く (

記事を読む

『Mの女』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『Mの女』浦賀 和宏 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 Mの女 (幻冬舎文庫) ミステ

記事を読む

『ミセス・ノイズィ』(天野千尋)_書評という名の読書感想文

『ミセス・ノイズィ』天野 千尋 実業之日本社文庫 2020年12月15日初版 ミセス・ノイズ

記事を読む

『無理』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『無理』奥田 英朗 文芸春秋 2009年9月30日第一刷 無理(上)  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑