『白昼夢の森の少女』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『白昼夢の森の少女』(恒川光太郎), 作家別(た行), 恒川光太郎, 書評(は行)

『白昼夢の森の少女』恒川 光太郎 角川ホラー文庫 2022年5月25日初版

地獄を見たのよ。文字通りの。恒川ワールド全開、異界を渡る11の白昼夢。夜市 の次はこれを読め!

「切りとらないで。私、死んじゃうような気がする」。8月の満月の夜、突如現れた蔦が、町と人を侵食していった。14歳だった私は、蔦に呑まれ、母を亡くし、友を失い、同じように植物と一体化した “緑人(りょくじん)” たちと夢を共有しながら生きている。ある日刑事から、自ら緑人化した逃亡犯が、夢の世界へ侵入したと知らされ - 表題作 「白昼夢の森の少女」、文庫書き下ろし掌編 「ある春の目隠し」 ほか、現実と幻想の狭間で紡がれる11の物語。(角川ホラー文庫)

人が見る夢、描く幻想というものの遙か彼方にありながら、なおも現実を呼び起こす。苛まれ、蔑まれ、意味をなくした世界の先でみる夢は、それでも “夢” と言えるのでしょうか。

第9話 「布団窟

私は時折こんな夢想をする。
老いた私がいる。私は野原の中に建つ古い古い一軒家を借り、そこの六畳間にありったけの布団を敷きつめる。

外は氷点下。吹雪がごうごうと吹き荒れている。軒下には長い氷柱ができている。
部屋の気温は三度ほどで、老いた私は寒い寒いと、布団の奥へ奥へと潜っていく。どこまでいっても底にはつかず、ずぶずぶ、ずぶずぶと沈んでいく。やがてぬくぬくとした兎の巣穴のような空間におさまると、長い長い眠りをむさぼりはじめる。

どのくらい眠っただろう。きゃあきゃあと子供の騒ぐ声がきこえてきて、私は目を開く。
どうも、子供が侵入したらしい。
私は、布団の穴を這いあがっていく。そろそろ地上かというところで、子供の足に頭を踏まれる。

私はいったん引っ込むが、しばらくして再び這いあがっていく。
穴から顔を出すと部屋には誰もいない。子供たちはいなくなったらしい。あるいは寝ぼけて、子供が騒いでいる夢を見たか。

穴に戻ろうとして、ふと気がつく。室温が高い。窓の外を見るとそこら中で緑が明るく輝いている。

ああ、春になったのだな、と私は思う。
窓の外には庭を隔てて他の家も見える。野原の一軒家だったはずだが、私が眠っている間に、もう野原ではなく、あちこちに家が建つ住宅街に変わったようだ。

遠くで鶏が鳴いている。
今自分は夢の中にいるのか、それともさきほどまでが夢だったのか。あるいは両方とも夢なのか。

どうもよくわからない紋白蝶のようなふわふわとした気持ちで、私はもう少し眠るか、いや、外を歩いて公園にでも行ってみるかと思う。公園か、悪くない。誰がいるだろう、誰と遊ぼう。みんなもう起きているかな?

この夢想は、二十年近く、私の心の深い部分に残り続けている。

※繰り返し見る夢の正体とは、いったい何なのでしょう。決して事の最後までは行き着かないあのもどかしさ、じれったさや、見たことも会ったこともない人や景色が突然現れて、そこにポツンと自分がいたりするのは・・・・・・。夢はたいていよくない方へ進みます。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆恒川 光太郎
1973年東京都武蔵野市生まれ。
大東文化大学経済学部卒業。

作品 「夜市」「雷の季節の終わりに」「草祭」「金色の獣、彼方に向かう」「秋の牢獄」「金色機械」「滅びの園」他多数

関連記事

『変な家』(雨穴)_書評という名の読書感想文

『変な家』雨穴 飛鳥新社 2021年9月10日第8刷発行 あなたは、この間取りの

記事を読む

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行 元映写技師の夫・信好

記事を読む

『爆弾』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『爆弾』呉 勝浩 講談社 2023年2月22日第8刷発行 爆発 大ヒット中! 第16

記事を読む

『我らが少女A』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『我らが少女A』高村 薫 毎日新聞出版 2019年7月30日発行 一人の少女がいた

記事を読む

『放課後の音符(キイノート)』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『放課後の音符(キイノート)』山田 詠美 新潮文庫 1995年3月1日第一刷 【大人でも子供で

記事を読む

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷 第144回 直木賞受賞作

記事を読む

『半自叙伝』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『半自叙伝』古井 由吉 河出文庫 2017年2月20日初版 見た事と見なかったはずの事との境が私に

記事を読む

『ぼくがきみを殺すまで』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくがきみを殺すまで』あさの あつこ 朝日文庫 2021年3月30日第1刷 ベル

記事を読む

『おとぎのかけら/新釈西洋童話集』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『おとぎのかけら/新釈西洋童話集』千早 茜 集英社文庫 2013年8月25日第一刷 母親から育児放

記事を読む

『ボラード病』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『ボラード病』吉村 萬壱 文春文庫 2017年2月10日第一刷 B県海塚市は、過去の災厄から蘇りつ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑