『木洩れ日に泳ぐ魚』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『木洩れ日に泳ぐ魚』(恩田陸), 作家別(あ行), 恩田陸, 書評(か行)

『木洩れ日に泳ぐ魚』恩田 陸 文春文庫 2010年11月10日第一刷

舞台は、アパートの一室。別々の道を歩むことが決まった男女が最後の夜を徹し語り合う。初夏の風、木々の匂い、大きな柱時計、そしてあの男の後ろ姿 - 共有した過去の風景に少しずつ違和感が混じり始める。濃密な心理戦の果て、朝の光とともに訪れる真実とは - 。不思議な胸騒ぎと解放感が満ちる傑作長編! (文春文庫)

もしも。

もしもあなたが双子のうちの兄の方で、あなたには同い年の「妹」がいたとします。三歳の時、二人は離れ離れになります。あなたは母親と、妹は養女となって違う家で暮らすようになります。

偶然にも、二人は同じ大学に進学し、同じテニスサークルに入ったことで、奇跡的な再会をします。それは、何かを感じた、としか言いようがない感覚で、あなたがそうなら、彼女の方もそうだったといいます。

春の合宿でダブルスを組んだ時、あまりにもお互いの動きが手に取るように分かったので、初めて組んだとは思えない、と周囲が不思議がったほどです。もちろんのこと、一番不思議に感じていたのは当の二人でした。ところが - 二人はそれを勘違いします。

もしかして、これは恋なのではないかと。

二人で暮らし始めた時、もう私たちは自分たちがきょうだいであることを知っていたし、実際そのことを「分かって」いると思っていた。自分たちが一緒に住むのは、「これまでずっと一人っ子だと思っていて、知らなかったきょうだいとの時間を取り戻す」ためであり、「物価の高い東京で暮らすのに、一人よりは二人で住んだほうがいろいろ便利で安上がりだし、防犯上も都合がよい」という理由のはずだった。

二人はそう信じていたし、だからこそ両方の親を説得できたのでした。暮らし始めた当初はもっと初々しい、希望に満ちた顔をしていたはずの二人が、そのうち段々と、どこか疲れてぎすぎすしたような顔になっていきます。

私たちは馬鹿だった。自ら自分たちに罠を掛けたことに全く気付いていなかったのだ。
・・・・・・・・・
はじめこそそうではなかったものの、気付くと「妹」は常にピリピリし、あなたはあなたで、いつもどこかしら緊張しています。二人の置かれた状況が - 互いが望んだにも関わらず - いつの間にやら、いたずらに相手を苦しめる状況へと変化をしています。

この状況に及んで、「妹」は兄であるあなたに対し、

私は「兄」のことを、本当にきょうだいとして愛しているのだろうか?  と考えます。

私が彼のことを愛していることは間違いなかった。自分の分身のように感じ、家族であることに驚き、感動し、喜んでいたことは紛れもない事実であり、こうして一緒に暮らしていることを自然ななりゆきと思って疑わなかった。

しかし、それはきょうだいとしてだろうか? 決して言葉にすることのなかった疑問を自分に投げかけたのはいつだったろう。

もう十分お分かりだと思いますが、この小説は、ある運命のもとに生まれ落ちた双子の「きょうだい」の「禁断の愛の物語」です。もしもあなたが「兄」なら、「妹」だとしたら、この状況を何とするのでしょう。

想像するだけで息が詰まるような感じがします。わかり過ぎるくらいわかっているのに、お互い何ひとつ「手出し」できない。二人は何があっても許されない関係で、それを知りながら、それとは別の感情で、激しく相手を求めているとするなら・・・・・・・

二人は決心し、部屋を出て行く前に、一晩かけて話し合うことにします。二人を置いて家を出て行った父親のこと。二人がした幼い頃のこと。確かなことと、曖昧なまま判然としない記憶の断片をなぞるうち、二人は、思いもしないある衝撃的な事実にたどり着きます。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆恩田 陸
1964年青森県青森市生まれ。宮城県仙台市出身。
早稲田大学教育学部卒業。

作品 「六番目の小夜子」「夜のピクニック」「ユージニア」「中庭の出来事」「蜜蜂と遠雷」他多数

関連記事

『虫娘』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『虫娘』井上 荒野 小学館文庫 2017年2月12日初版 四月の雪の日。あの夜、シェアハウスで開か

記事を読む

『生皮/あるセクシャルハラスメントの光景』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『生皮/あるセクシャルハラスメントの光景』井上 荒野 朝日新聞出版 2022年4月30日第1刷

記事を読む

『あちらにいる鬼』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あちらにいる鬼』井上 荒野 朝日新聞出版 2019年2月28日第1刷 小説家の父

記事を読む

『玩具の言い分』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『玩具の言い分』朝倉 かすみ 祥伝社文庫 2012年7月30日初版 四十三歳の宇津井茂美はいまだに

記事を読む

『希望が死んだ夜に』(天祢涼)_書評という名の読書感想文

『希望が死んだ夜に』天祢 涼 文春文庫 2023年9月1日第7刷 - 『あの子の殺

記事を読む

『片想い』(東野圭吾)_書評という名の読書感想文

『片想い』東野 圭吾 文春文庫 2004年8月10日第一刷 十年ぶりに再会した美月は、男の姿をして

記事を読む

『きりこについて』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『きりこについて』西 加奈子 角川書店 2011年10月25日初版 きりこという、それはそれ

記事を読む

『邪魔』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『邪魔』奥田 英朗 講談社 2001年4月1日第一刷 『最悪』と双璧をなす、奥田英朗のクライム・

記事を読む

『人間タワー』(朝比奈あすか)_書評という名の読書感想文

『人間タワー』朝比奈 あすか 文春文庫 2020年11月10日第1刷 桜丘小学校の

記事を読む

『からまる』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『からまる』千早 茜 角川文庫 2014年1月25日初版 地方公務員の武生がアパートの前で偶然知り

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑