『ブラフマンの埋葬』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ブラフマンの埋葬』小川 洋子 講談社文庫 2017年10月16日第8刷

ブラフマンの埋葬 (講談社文庫)

読めば読むほどいとおしくなる。

胴の一・二倍に達する尻尾の動きは自由自在、
僕が言葉を発する時には目をそらさないブラフマン。

静謐な文章から愛が溢れだす。第32回泉鏡花賞受賞作

ある出版社の社長の遺言によって、あらゆる種類の創作活動に励む芸術家に仕事場を提供している 〈創作者の家〉。その家の世話をする僕の元にブラフマンはやってきた - 。サンスクリット語で 「謎」 を意味する名前を与えられた、愛すべき生き物と触れ合い、見守りつづけたひと夏の物語。(講談社文庫)

あまたある中で、真に 「物語」 とは、こんな小説を言うのでしょう。

いつの時代の、どこの国の話なのかはさっぱりわかりません。話の進行上最低限必要な情報以外、余計な説明は一切ありません。なのに読んでしまう、惹き込まれてしまうのは、何なのでしょう?

夢で見たお伽話のような。あるいは、遠い異国であった出来事のような。えらく現実味のない話に感じるかもしれません。

登場する人物らに名前はなく、各々の素性についても、知らされるのは僅かばかりの事柄です。「ブラフマン」 と名付けられた生き物の正体も、結局最後まで明かされることはありません。

おそらくそれらは、(この物語にとって) さほど重要ではない、ということなんだろうと。

小説は全体に明け方に見る夢に似た印象をもたらす。ひょっとしたら南仏へ旅した作者が旅先で見た夢ではないのかとすら思ってみたくなる。しかし、もちろん夢は夢にすぎない。夢は小説ではない。むしろここでは、きわめて淡い色彩の絵の具を使いながら、一個の宇宙を画布の上に描き出す作者の手腕に感嘆すべきだろう。

それは周到に選び出され、磨き上げられた言葉とイメージが縒りあわされ、編み上げられることで果たされる。オリーブ林、サンスクリット語の墓碑銘、クラリネット、ラベンダーの棺、ひまわりの種、競歩、貝殻形の髪留め、緑色の泉、スズカケの並木、古代墓地、ホルン、レース編み、季節風・・・・・・・次々と現れ配置される言葉のイメージが、互いに微妙なバランスを保ちながら、淡く、しかし確固たる世界が構築されて行く様は、下書きもなしにいきなり絵筆を動かす、職人の熟練の手技を想わせるものがある。

この技術は、別に小川洋子の特許ではないし、また小説というものが細部の集積である以上、樹の幹枝と葉花を分けて考えることはそもそもできないともいえる。とはいうものの、小川洋子の個性は、とりわけその技術において独自の魅力を発揮し、際立っている。小川洋子のたしかな技術は、読者に上質の読書の時間を約束するだろう。(奥泉光/解説より)

※たまには意識して “上質な” 思いに浸りたい。そんなときは、この人 (小川洋子) が書いた 「物語」 を読むのが良いでしょう。不思議な、それでいて心洗われるここではないどこかへ、きっとあなたを連れて行ってくれるはずです。

この本を読んでみてください係数 85/100

ブラフマンの埋葬 (講談社文庫)

◆小川 洋子
1962年岡山県岡山市生まれ。
早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。

作品 「揚羽蝶が壊れる時」「妊娠カレンダー」「博士の愛した数式」「沈黙博物館」「貴婦人Aの蘇生」「ことり」「ホテル・アイリス」「ミーナの行進」他多数

関連記事

『東京零年』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『東京零年』赤川 次郎 集英社文庫 2018年10月25日第一刷 東京零年 (集英社文庫)

記事を読む

『噂の女』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『噂の女』奥田 英朗 新潮文庫 2015年6月1日発行 噂の女 (新潮文庫)  

記事を読む

『ブエノスアイレス午前零時』(藤沢周)_書評という名の読書感想文

『ブエノスアイレス午前零時』藤沢 周 河出書房新社 1998年8月1日初版 ブエノスアイレス午

記事を読む

『ヘヴン』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ヘヴン』川上 未映子 講談社文庫 2012年5月15日第一刷 ヘヴン (講談社文庫)

記事を読む

『プラナリア』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『プラナリア』山本 文緒 文春文庫 2020年5月25日第10刷 プラナリア (文春文庫)

記事を読む

『ボダ子』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『ボダ子』赤松 利市 新潮社 2019年4月20日発行 ボダ子 あらゆる共感を拒絶する

記事を読む

『ハーレーじじいの背中』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『ハーレーじじいの背中』坂井 希久子 双葉文庫 2019年1月13日第一刷 ハーレーじじいの

記事を読む

『木になった亜沙』(今村夏子)_圧倒的な疎外感を知れ。

『木になった亜沙』今村 夏子 文藝春秋 2020年4月5日第1刷 木になった亜沙 誰か

記事を読む

『白砂』(鏑木蓮)_書評という名の読書感想文

『白砂』鏑木 蓮 双葉文庫 2013年6月16日第一刷 白砂 (双葉文庫) 苦労して働きなが

記事を読む

『無理』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『無理』奥田 英朗 文芸春秋 2009年9月30日第一刷 無理(上)  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑