『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2017/12/07 『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤), 作家別(あ行), 書評(ら行), 池井戸潤

『ロスジェネの逆襲』 池井戸 潤  ダイヤモンド社 2012年6月28日第一刷 @1,500


ロスジェネの逆襲

 

池井戸潤が好きである。

 

あの、半沢直樹シリーズの第3部作です。

半沢は大方の予想に反して、銀行の系列会社である東京セントラル証券への出向を命じられます。

セントラル証券は社歴が浅く、業績は鳴かず飛ばず、親会社である銀行から割り当てられる仕事に甘んじている状態でした。

そこへ突然、大型の買収案件の依頼が舞い込みます。

IT企業の雄、電脳雑技集団の平山社長直々にライバル企業東京スパイラルを買収するためにアドバイザーになってほしいというものでした。

もし契約が成立すれば、セントラルにも巨額の手数料が転がり込む、願ってもないビジネスチャンスです。

契約成立までの多難を感じつつも、半沢は部下にGOサインを出します。

 

ところが、仕事の初手の段階でなんと親会社の東京中央銀行から横槍が入ります。

あろうことか、親会社が子会社にきた案件を横取りしてアドバイザー契約をさっさと交わしてしまったのです。

半沢の怒りは沸騰します。

このままでおくものかと、策を練り調査に乗り出します。

すると、この企業買収には裏で絡まるいくつもの複雑な事情が存在していることが徐々に明らかになってくるではありませんか。

電脳の社長が直にセントラルを訪ねた真の狙いは別にあり、最適のパートナーとしてセントラルが選ばれたわけではなかったのです。

・・・・・・・・・・・

相変わらず面白く、一気に読めます。

バブル世代とその後のロスジェネ社員との確執、まさかの粉飾決算など、逆転ゲーム以外にも読ませどころは満載です。

ラストは期待通り、半沢と今回は部下の森山も一緒に、考え抜かれた秘策で見事窮地を脱してみせるのです。

 

そのクライマックスは、どうぞ小説を読んで堪能してくださいませ。

 

(参考)半沢直樹シリーズ:「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」

この本を読んでみてください係数 85/100


ロスジェネの逆襲

◆池井戸 潤

1963年岐阜県生まれ。

慶應義塾大学文学部および法学部卒業。1988年三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に入行。

32歳で銀行を退職、コンサルタント業のかたわらビジネス書を執筆、その後小説家。

作品 「果つる底なき」「M1」「銀行狐」「最終退行」「不祥事」「シャイロックの子供たち」「鉄の骨」「民王」「下町ロケット」「七つの会議」ほか多数

関連記事

『ギブ・ミー・ア・チャンス』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『ギブ・ミー・ア・チャンス』荻原 浩 文春文庫 2018年10月10日第1刷 ギブ・ミー・ア

記事を読む

『路上のX』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『路上のX』桐野 夏生 朝日新聞出版 2018年2月28日第一刷 路上のX こんなに叫ん

記事を読む

『ラブレス』(桜木紫乃)_書評という名の感想文

『ラブレス』 桜木 紫乃  新潮文庫 2013年12月1日発行 @630  

記事を読む

『鼻に挟み撃ち』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『鼻に挟み撃ち』いとう せいこう 集英社文庫 2017年11月25日第一刷 鼻に挟み撃ち (集

記事を読む

『邪魔』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『邪魔』奥田 英朗 講談社 2001年4月1日第一刷 邪魔(上) (講談社文庫) &nb

記事を読む

『想像ラジオ』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『想像ラジオ』いとう せいこう 河出文庫 2015年3月11日初版 想像ラジオ (河出文庫)

記事を読む

『シャイロックの子供たち』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『シャイロックの子供たち』池井戸 潤 文春文庫 2008年11月10日第一刷 シャイロックの子

記事を読む

『死にたくなったら電話して』(李龍徳/イ・ヨンドク)_書評という名の読書感想文

『死にたくなったら電話して』李龍徳(イ・ヨンドク) 河出書房新社 2014年11月30日初版

記事を読む

『犯罪調書』(井上ひさし)_書評という名の読書感想文

『犯罪調書』井上 ひさし 中公文庫 2020年9月25日初版 犯罪調書 (中公文庫)

記事を読む

『残穢』(小野不由美)_書評という名の読書感想文

『残穢』小野 不由美 新潮文庫 2015年8月1日発行 残穢 (新潮文庫) この家は、どこか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 リリア

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑