『せんせい。』(重松清)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『せんせい。』(重松清), 作家別(さ行), 書評(さ行), 重松清

『せんせい。』重松 清 新潮文庫 2023年3月25日13刷

最泣王・重松清が描く教師と生徒の絆。

先生、あのときは、すみませんでした - 。授業そっちのけで自分の夢を追いかけた先生。一人の生徒を好きになれなかった先生。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった先生。そして、そんな彼らに反発した生徒たち。けれど、オトナになればきっとわかる、あのとき、先生が教えてくれたこと。ほろ苦さとともに深く胸に染みいる、教師と生徒をめぐる物語。『気をつけ、礼。』 改題。(新潮文庫)

[目次]

白髪のニール

ドロップスは神さまの涙

マティスのビンタ

にんじん

泣くな赤鬼

気をつけ、礼。

あたりまえですが、6つの物語それぞれに登場する先生はみな大人で、”大人ならではの” 事情を抱えて生きています。中には 「先生になりたくてなったわけではない」 先生や、なってはみたけれど思い通りに事が進まず、仕方なく 「先生のふりをしている」 先生だっているに違いありません。

それでもやっぱり先生は 「せんせい」 で、あの日言われた一言が今になって効いてくる - 大人になり、当時の 「せんせい」 の歳を越えてはじめて気付くことがあります。「せんせい」 が言ったこと・したことは、おそらく時の 「せんせい」 の精一杯だったんだろうと。

僕は教師という職業が大好きで、現実に教壇に立っていらっしゃるすべての皆さんに、ありったけの敬意と共感を示したいと、いつも思っている。けれど、僕は同時に、教師とうまくやっていけない生徒のことも大好きで、もしも彼らが落ち込んでいるのなら先生なんて放っときゃいいんだよと肩を叩いてやりたいと、いつも思っている。矛盾である。(「文庫版のためのあとがき」 より)

小学生や中学生に、大人の事情なんかはわかるはずがありません。先生の苦労や悩みも、好きなことも嫌いなことも。ほんとうの心がどこにあるかがわかりません。

四話までは泣かずにいたのですが、五話の最後で少し泣きました。強く印象に残ったのは、なぜか、最終話 「気をつけ、礼。」 でした。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆重松 清

1963年岡山県津山市生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。

作品「定年ゴジラ」「カカシの夏休み」「ビタミンF」「十字架」「流星ワゴン」「疾走」「カシオペアの丘で」「ナイフ」「星のかけら」「また次の春へ」「青い鳥」他多数

関連記事

『個人教授』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『個人教授』佐藤 正午 角川文庫 2014年3月25日初版 桜の花が咲くころ、休職中の新聞記者であ

記事を読む

『この年齢(とし)だった! 』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『この年齢(とし)だった! 』酒井 順子 集英社文庫 2015年8月25日第一刷 中の一編、夭折

記事を読む

『さんかく』(千早茜)_なにが “未満” なものか!?

『さんかく』千早 茜 祥伝社 2019年11月10日初版 「おいしいね」 を分けあ

記事を読む

『昭和の犬』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『昭和の犬』姫野 カオルコ 幻冬舎文庫 2015年12月5日初版 昭和三十三年滋賀県に生まれた

記事を読む

『それもまたちいさな光』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『それもまたちいさな光』角田 光代 文春文庫 2012年5月10日第一刷 【主人公である悠木

記事を読む

『プラスチックの祈り 上』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『プラスチックの祈り 上』白石 一文 朝日文庫 2022年2月28日第1刷 「これ

記事を読む

『静かな雨』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『静かな雨』宮下 奈都 文春文庫 2019年6月10日第1刷 行助は美味しいたいや

記事を読む

『十九歳の地図』(中上健次)_書評という名の読書感想文

『十九歳の地図』中上 健次 河出文庫 2020年1月30日新装新版2刷 「俺は何者

記事を読む

『銃とチョコレート 』(乙一)_書評という名の読書感想文

『銃とチョコレート』 乙一 講談社文庫 2016年7月15日第一刷 大富豪の家を狙い財宝を盗み続け

記事を読む

『また、同じ夢を見ていた』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『また、同じ夢を見ていた』住野 よる 双葉文庫 2018年7月15日第一刷 きっと誰にでも 「やり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑