『人面瘡探偵』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『人面瘡探偵』中山 七里 小学館文庫 2022年2月9日初版第1刷

天才。5ページ読めば、もう面白い。

相続鑑定士・三津木六兵の肩には人面瘡が寄生している。頭脳明晰な彼を六兵は 「ジンさん」 と呼び、頼れる友人としていた。ある日、六兵は信州の山林王、本城家の財産分割協議に向かう。相続人は尊大な態度の武一郎、享楽主義者の孝次、本城家の良心・悦三、離婚し息子と共に戻ってきた沙夜子の四人。家父長制が残る家で協議はなかなか進まない。ある晩、蔵が火事に遭い、武一郎夫婦の死体が見つかる。さらに孝次は水車小屋で不可解な死を遂げ・・・・・・・。ジンさんは言う。「俺の趣味にぴったりだ。好きなんだよ、こういう横溝的展開」 骨肉の遺産争いに隠された真相とは!? (小学館文庫)

おそらく多くの人がすぐに気付くと思います。この小説の舞台設定や作中で実行される殺害方法の一々が、実は、映画やTVでもお馴染みの横溝正史の代表作 『獄門島』 や 『八つ墓村』 や 『犬神家の一族』 等の状況に限りなく寄せて書いたパロディなんだと。

「横溝的展開」 ではありますが、『人面瘡探偵』 の話の作りは基本コメディで、心底怖い話が好きな方にはお勧めできません。パロディで、コメディで、「確信的」 にふざけています。そんな話が大好きなあなたにこそ読んでほしいと思う一冊です。

話はざっとこんな感じで進行します。

信州の山林王、本城家の当主・本城蔵之助が亡くなったことから、遺産分割協議のため派遣されたのが、相続鑑定士の三津木六兵でした。

当主亡き今、繁栄を極めた事業はことごとく衰退し、遺された山林は当初、二束三文の価値しかないものと思われていました。ところが、調査の結果、本城家所有の山々には莫大な地下資源が眠っている可能性があることが判明します。

それまでは面倒事を押し付け合うような態度でいた相続人たる兄弟たちは、途端に目の色を変えます。思いがけず降って湧いた幸運に、あからさまに態度を変えたのでした。

そんな事の後 -

ほどなくして蔵の火事で長男・武一郎夫婦が、続いて水車小屋で次男・孝次がと、続けて相続人が不審な死を遂げます。果たしてこれは、遺産を独り占めしようと目論む何者かの仕業なのか? それとも・・・・・・・

- といった具合に展開し、そこに -

横溝作品に決まって登場する名探偵といえば、言わずと知れた金田一耕助その人です。ではこの小説において金田一耕助に代わる名探偵とは、一体誰のことなんでしょう?

残念ながら、相続鑑定士・三津木六兵ではありません。彼は人が好く、人の心の裏の裏まで見通すことができません。犯行に至る経過を詳細に吟味し、正しく犯人を導き出すという能力にいささか不安な点が見受けられます。

その代わりに登場するのが 「人面瘡」 です。「そろそろ出番か」 となった時、それは三津木の肩口に、「待ってました」 とばかりに現れ出ます。

独りごちた時、右肩がむずむずし始めた。

三津木は着ていたシャツのボタンを緩め、右肩を露出させる。現れたのは大小三つの裂け目を持つ瘤だった。

いきなり裂け目が開き、二つの目と長い口の顔になった。
何、愚痴ってるんだ。この役立たず
肩にできた顔は三津木をにやにやと詰った。(本文より)

三津木は肩にできた人面瘡を 「ジンさん」 と呼び、ジンさんはその頼りなさゆえに、三津木をいかにも見下げたように、名前を逆さにし、「ヒョーロク」 と呼んでいます。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆中山 七里
1961年岐阜県生まれ。
花園大学文学部国文科卒業。

作品 「切り裂きジャックの告白」「七色の毒」「さよならドビュッシー」「闘う君の唄を」「嗤う淑女」「魔女は甦る」「連続殺人鬼カエル男」「護られなかった者たちへ」他多数

関連記事

『サキの忘れ物』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『サキの忘れ物』津村 記久子 新潮社 2020年6月25日発行 サキの忘れ物 見守って

記事を読む

『しゃべれども しゃべれども』(佐藤多佳子)_書評という名の読書感想文

『しゃべれども しゃべれども』佐藤 多佳子 新潮文庫 2012年6月10日27刷  

記事を読む

『円卓』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『円卓』西 加奈子 文春文庫 2013年10月10日第一刷 円卓 (文春文庫) &nbs

記事を読む

『砂漠ダンス』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『砂漠ダンス』山下 澄人 河出文庫 2017年3月30日初版 砂漠ダンス (河出文庫 や)

記事を読む

『自分を好きになる方法』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『自分を好きになる方法』本谷 有希子 講談社文庫 2016年6月15日第一刷 自分を好きになる

記事を読む

『ネメシスの使者』(中山七里)_テミスの剣。ネメシスの使者

『ネメシスの使者』中山 七里 文春文庫 2020年2月10日第1刷 ネメシスの使者 (文春文

記事を読む

『色彩の息子』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『色彩の息子』山田 詠美 集英社文庫 2014年11月25日初版 色彩の息子 (集英社文庫)

記事を読む

『さよなら、ビー玉父さん』(阿月まひる)_書評という名の読書感想文

『さよなら、ビー玉父さん』阿月 まひる 角川文庫 2018年8月25日初版 さよなら、ビー玉父

記事を読む

『三面記事小説』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『三面記事小説』角田 光代 文芸春秋 2007年9月30日第一刷 三面記事小説 (文春文庫)

記事を読む

『ゼツメツ少年』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ゼツメツ少年』重松 清 新潮文庫 2016年7月1日発行 ゼツメツ少年 (新潮文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『夕映え天使』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『夕映え天使』浅田 次郎 新潮文庫 2021年12月25日20刷

『向日葵の咲かない夏』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『向日葵の咲かない夏』道尾 秀介 新潮文庫 2019年4月30日59

『ミシンと金魚』(永井みみ)_書評という名の読書感想文

『ミシンと金魚』永井 みみ 集英社 2022年4月6日第4刷発行

『夏の陰』(岩井圭也)_書評という名の読書感想文

『夏の陰』岩井 圭也 角川文庫 2022年4月25日初版

『パイナップルの彼方』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『パイナップルの彼方』山本 文緒 角川文庫 2022年1月25日改版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑