『三千円の使いかた』(原田ひ香)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2021/10/08 『三千円の使いかた』(原田ひ香), 作家別(は行), 原田ひ香, 書評(さ行)

『三千円の使いかた』原田 ひ香 中公文庫 2021年8月25日初版

三千円の使いかた (中公文庫)

知識が深まり、絶対 もとれちゃう節約家族小説!
垣谷美雨絶賛! - この本は死ぬまで本棚の片隅に置いておき、自分を見失うたびに再び手に取る。そういった価値のある本です。

就職して理想の一人暮らしをはじめた美帆 (貯金三十万)。結婚前は証券会社勤務だった姉・真帆 (貯金六百万)。習い事に熱心で向上心の高い母・智子 (貯金百万弱)。そして一千万円を貯めた祖母・琴子。御厨家の女性たちは人生の節目とピンチを乗り越えるため、お金をどう貯めて、どう使うのか? 〈解説〉 垣谷美雨 (中公文庫)

他人は他人、自分は自分と、あなたは心の底から割り切れていますか?

この物語を読み終えたとき、そう問い質されている気がしました。
格差が広がりつつある今の日本社会で、自分らしく生きるとはどういうことなのか。ともすれば私たちは、他人と自分の暮らしを比べ、劣等感や優越感を抱きがちです。そんな私たちに、この本は様々なことを教えてくれます。

読み終えたあと、私はしみじみと自分の来し方を振り返りました。そして、前々からこういった本が読みたかったのだと気づきました。
というのも、私自身ずっとお金のことを考えて生きてきたからです。頭から消えた瞬間などないといってもいいほどです。

この物語は、全ての世代の人の心に響く構成になっています。会社員の美帆 (二十四歳) には、恋人が抱える多額の奨学金と、金銭感覚がズレている彼の両親の問題が浮上します。

美帆の姉である真帆 (二十九歳) は、子育て中の専業主婦で自分の生活に満足して楽しく日々を送っていました。ですが、友人との再会で 「私ももっとお金持ちの男性と結婚した方がよかったのではないか」 という考えが突如として湧いてきて、その心のざわめきに戸惑います。

そして彼女らの母親である智子 (五十五歳) に起こる熟年離婚の問題。そのうえ祖母の琴子 (七十三歳) は老後の金銭的不安に立ち向かいます。このように、四人の女性それぞれの現実的な金銭感覚をもとに物語が展開していくのです。(途中一部略 by垣谷美雨)

ある日あるとき、人は三千円の使い方で人生が決まる - と言われたとしたら。

え? 三千円? 何言ってるの? - 中学生だった御厨美帆はわけがわかりません。

人生が決まるってどういう意味よ? 
言葉どおりの意味だよ。三千円くらいの少額のお金で買うもの、選ぶもの、三千円ですることが結局、人生を形作っていく、ということ - そう祖母は言ったのでした。

たかが三千円。されど、三千円。

三千円あれば・・・・・・・、
文庫本なら余裕で三冊は買える。
コンビニで昼食の弁当を買い、ペットボトルのお茶を買い、ついでに煙草も買えて半分残る。
明日行く歯医者の支払いに取っておく。僅かばかりの投資にまわす・・・・・・・

さて、一体どんな使いかたが 「正解」 なんでしょう。 

この本を読んでみてください係数 85/100

三千円の使いかた (中公文庫)

◆原田 ひ香
1970年神奈川県生まれ。東京都杉並区在住。
大妻女子大学文学部日本文学科卒業。

作品 「はじまらないティータイム」「三人屋」シリーズ 「ランチ酒」シリーズ等多数

関連記事

『蜃気楼の犬』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『蜃気楼の犬』呉 勝浩 講談社文庫 2018年5月15日第一刷 蜃気楼の犬 (講談社文庫)

記事を読む

『職業としての小説家』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『職業としての小説家』村上 春樹 新潮文庫 2016年10月1日発行 職業としての小説家 (新

記事を読む

『ジェントルマン』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ジェントルマン』山田 詠美 講談社文庫 2014年7月15日第一刷 ジェントルマン (講談社

記事を読む

『砂漠ダンス』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『砂漠ダンス』山下 澄人 河出文庫 2017年3月30日初版 砂漠ダンス (河出文庫 や)

記事を読む

『死ぬほど読書』(丹羽宇一郎)_書評という名の読書感想文

『死ぬほど読書』丹羽 宇一郎 幻冬舎新書 2017年7月30日第一刷 死ぬほど読書 (幻冬舎新

記事を読む

『それを愛とまちがえるから』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『それを愛とまちがえるから』井上 荒野 中公文庫 2016年3月25日初版 それを愛とまちがえ

記事を読む

『地獄行きでもかまわない』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『地獄行きでもかまわない』大石 圭 光文社文庫 2016年1月20日初版 地獄行きでもかまわな

記事を読む

『自分を好きになる方法』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『自分を好きになる方法』本谷 有希子 講談社文庫 2016年6月15日第一刷 自分を好きになる

記事を読む

『猿の見る夢』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『猿の見る夢』桐野 夏生 講談社 2016年8月8日第一刷 猿の見る夢 薄井正明、59歳。元

記事を読む

『鈴木ごっこ』(木下半太)_書評という名の読書感想文

『鈴木ごっこ』木下 半太 幻冬舎文庫 2015年6月10日初版 鈴木ごっこ (幻冬舎文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑