『新装版 人殺し』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『新装版 人殺し』明野 照葉 ハルキ文庫 2021年8月18日新装版第1刷

新装版 人殺し (ハルキ文庫 あ 18-4)

本郷に住むフリーライターの野本泰史は、近所の洋食屋 「琥珀亭」 に足繁く通っている。独身の泰史は、最近店の手伝いをはじめた弓恵というはかなげな女性に、次第に惹かれていく。だがそれを感じた琥珀亭主人夫婦に、あの女性はあなたにふさわしくない、と忠告される・・・・・・・。純粋で美しい 「愛」 が、恐ろしい 「憎しみ」 へと墜ちていくとき、あなたは? - 傑作長編サスペンス 『ひとごろし』 を改題、装いも新たに登場。あなたの全身は総毛立ち、心は凍り付く! (ハルキ文庫)

2003年 東京都文京区本郷

目が合っているのに合っていない。黒目のなかで、視点がよそに逸れている。それが最初、野本泰史が水内弓恵に対して抱いた印象だった。

初対面だから、むろんその時は歳までは尋ねなかった。ただ、自分と同じ世代だろうという感じはした。『琥珀亭』 ではじめて出逢った時から半年が過ぎ、互いにひとつずつ歳をとったから、今年弓恵は三十七歳。三十四歳になった泰史より、三つ歳上ということになる。

ほっそりとしたからだつきをしていて、若く見えるといえば若く見える。ただ、彼女には、相手にそうしたことを考えさせない不透明な空気がある気がした。存在そのものがどこか霞んでいて、現実感に欠けている。

「変なこと訊くようだけど」
用事があって、弓恵が店を休んでいる日のことだった。泰史は 『琥珀亭』 の美恵子から、突然のように切りだされた。

「ノモッちゃん、もしかして弓恵さんとつき合ってる?」
月に二度かそこら夕食をともにしていることは事実だが、果たしてそれがつき合っているといえるかどうかは疑問だった。三十を過ぎた男と女だ。本来つき合っているという言葉の内には、当然べつの要素が含まれているだろう。

「今のところ、何の明確な意志もないんだけど」 泰史は言った。「まあ、こっちも三十四年生きているからね、いろいろあったのは一緒といえば一緒だし」 あえて笑い飛ばそうとするような泰史に、美恵子が珍しく焦れたような表情を見せた。

困惑げに黙り込んだ美恵子に代わって、今度は寛行が話をしはじめた。弓恵には、過去に結婚歴がある。子供を産んだ経験もある・・・・・・・。

お子さん、亡くなったのよ。ご主人とも、どうもそれが原因で離婚ということになったみたい。夫婦ともに、子供を失った痛手を乗り越えられなかったんでしょうね

弓恵はいまだにその傷を癒しきれずにいる、と美恵子は語る。人と関わることが怖い、と弓恵自身が美恵子に漏らしたこともあったらしい。愛することも怖い。出逢えば必ず別れの時がくる。生き別れであれ死に別れであれ、もはや別れを味わうことに、自分の神経は堪えられない - 。(本文より抜粋)

この時、琥珀亭の主人夫婦が泰史を思い、是非にも伝えたかったのは - 弓恵はマズい、間違っても弓恵とだけはつき合うな - ということでした。

実は、子供を亡くし離婚したこととは別に、弓恵は過去にある重大な犯罪を犯しています。無事に刑期を終え、社会復帰を果たすべく、請われて琥珀亭主人夫婦が彼女を雇い入れたのでした。

最初、泰史は何も知りません。知らない内に男女の仲になり、やがて抜き差しならない事態を招くことになります。

この本を読んでみてください係数 85/100

新装版 人殺し (ハルキ文庫 あ 18-4)

◆明野 照葉
1959年東京都中野区生まれ。
東京女子大学文理学部社会学科卒業。

作品 「雨女」「輪RINKAI廻」「闇の音」「棲家」「魔性」「誰?」「新装版 汝の名」他多数

関連記事

『沈黙』(遠藤周作)_書評という名の読書感想文

『沈黙』遠藤 周作 新潮文庫 1981年10月15日発行 沈黙 (新潮文庫) 島原の乱が鎮圧

記事を読む

『涙のような雨が降る』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『涙のような雨が降る』赤川 次郎 双葉文庫 2018年4月15日第一刷 涙のような雨が降る (

記事を読む

『骨を彩る』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『骨を彩る』彩瀬 まる 幻冬舎文庫 2017年2月10日初版 骨を彩る (幻冬舎文庫) 十年

記事を読む

『角の生えた帽子』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『角の生えた帽子』宇佐美 まこと 角川ホラー文庫 2020年11月25日初版 角の生えた帽子

記事を読む

『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行 ふたりぐらし(新潮文庫)

記事を読む

『朝が来るまでそばにいる』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『朝が来るまでそばにいる』彩瀬 まる 新潮文庫 2019年9月1日発行 朝が来るまでそばにい

記事を読む

『ひざまずいて足をお舐め』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『ひざまずいて足をお舐め』山田 詠美 新潮文庫 1991年11月25日発行 ひざまずいて足をお舐め

記事を読む

『さまよえる脳髄』(逢坂剛)_あなたは脳梁断裂という言葉をご存じだろうか。

『さまよえる脳髄』逢坂 剛 集英社文庫 2019年11月6日第5刷 さまよえる脳髄 (集英社

記事を読む

『クジラの彼』(有川浩)_書評という名の読書感想文

『クジラの彼』有川 浩 角川文庫 2010年6月25日初版 クジラの彼 (角川文庫) &

記事を読む

『脊梁山脈』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『脊梁山脈』乙川 優三郎 新潮文庫 2016年1月1日発行 脊梁山脈 (新潮文庫) &n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑