『昔はおれと同い年だった田中さんとの友情』(椰月美智子)_書評という名の読書感想文

『昔はおれと同い年だった田中さんとの友情』椰月 美智子 双葉文庫 2023年4月15日第1刷発行

11歳と85歳。おれたちが友達だってことを、みんなに知ってもらいたい。第69回小学館児童出版文化賞受賞作。

小6の拓人、忍、宇太佳はスケボーが大好きな仲良し三人組。新たに見つけた格好のスケボー練習場所で出会ったのが神社の管理人、田中さんだ。その日から、11歳と85歳の交流が始まった。いつも穏やかに話を聞いてくれる 「マジで菩薩レベル」 の優しい田中さん。だが田中さんは拓人たちと同じ11歳の頃、家族も家も失っていた。それを知った三人組は、ある行動を起こす - 。解説・森絵都 (双葉文庫)

時々に、私はこの手の本が無性に読みたくなります。たいていは一冊読めば事足りるのですが、今回は珍しく重松清の 『せんせい。』 と二冊続けて読みました。何なのでしょう? 何が私を、そんな気持ちにさせるのでしょう。

二冊の中身をざっくり言うと、一方に少年を、もう一方に少年がたまたま関わり合った大人を据えて、その後に続く二人の交流についてが描かれています。

『せんせい。』 では - 必ずしも良好とは言えなかった関係の先生と生徒のその後が、本作では - 小学6年生の少年と、少年がたまたま知り合った85歳の老人とのその後が、特段目覚ましい何がが起こるわけではない中で、ささやかではありますが、未来に夢を託して終わります。

タイトルにある 「おれ」 とは主人公の拓人で、スケボー大好きな小学六年生。昔は拓人と同い年だった 「田中さん」 は現在八十五歳で、神社の管理人として静かに暮らしている。七十歳以上もの年齢差があるこの二人がひょんなことから知り合い、物語は始まる。

小学生とおじいさんの交流といえば、かつて椰月さんが野間児童文芸賞と坪田譲治文学賞をダブル受賞した 『しずかな日々』 を彷彿とするけれど、年齢差を埋めようとするのではなく、むしろ世代の開きをおもしろがるような両者の軽やかな向き合い方は本書にも共通している。とても自然に、一歩一歩、拓人と田中さんはともだちになっていく。

拓人が田中さんを好きになるきっかけが、私はとても好きだ。骨折した田中さんの身のまわりのことを手伝うことになった拓人、忍、宇太佳の三人を、田中さんがお茶ではなくコーラでもてなした瞬間、〈田中さん、ナイスだ〉 と拓人は思う。

さらに、おまんじゅうやせんべいではなくチョコレートやスナック菓子が出てくると、〈やっぱりナイスだ、田中さん〉 とますます好意を深める。なんて説得力のある友情の芽生えだろう。

しかし、本書の中で描かれているのは友情の光ばかりではない。影もまたそこにある。田中さんの過去を粉々にした戦争だ。

七十四年前 - 田中さんが拓人と同い年だったころ、彼らが暮らす地域で空襲があり、二十三人の市民が亡くなった。(中略) その二十三人の中に田中さんの母親と妹も含まれていたことを知った瞬間、三人の表情は一転する。じつに正直なリアクションだと思う。(解説より抜粋)

田中さんの来し方を想像することは、自分の人生を顧みることでもありました。

少年の日を懐かしみ、あわせて大人であり続けることの苦悩や葛藤に共感しつつ、決まって思うことがあります。では、自分の人生はどうだったのだろうと。高慢ちきで、(何の根拠もないくせに) 自分は人とはちがうと思っていなかっただろうか。今になり、少しは人に優しくなれただろうかと。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆椰月 美智子
1970年神奈川県小田原市生まれ。
短大卒業後は会社勤め (実家の介護関係の仕事) をしていた。2002年、作家デビュー。

作品 「十二歳」「しずかな日々」「みきわめ検定」「枝付き干し葡萄とワイングラス」「明日の食卓」「るり姉」「14歳の水平線」他多数

関連記事

『はるか/HAL – CA』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『はるか/HAL - CA』宿野 かほる 新潮文庫 2021年10月1日発行 「再

記事を読む

『臨床真理』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『臨床真理』柚月 裕子 角川文庫 2019年9月25日初版 人の感情が色でわかる

記事を読む

『賢者の愛』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『賢者の愛』山田 詠美 中公文庫 2018年1月25日初版 高中真由子は、編集者の父と医師の母のも

記事を読む

『ナイルパーチの女子会』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『ナイルパーチの女子会』柚木 麻子 文春文庫 2018年2月10日第一刷 彼女の友情が私を食べ尽

記事を読む

『まつらひ』(村山由佳)_書評という名の読書感想文

『まつらひ』村山 由佳 文春文庫 2022年2月10日第1刷 神々を祭らふこの夜、

記事を読む

『マッチング』(内田英治)_書評という名の読書感想文

『マッチング』内田 英治 角川ホラー文庫 2024年2月20日 3版発行 2024年2月23

記事を読む

『さみしくなったら名前を呼んで』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『さみしくなったら名前を呼んで』山内 マリコ 幻冬舎 2014年9月20日第一刷 いつになれば、私

記事を読む

『また、桜の国で』(須賀しのぶ)_これが現役高校生が選んだ直木賞だ!

『また、桜の国で』須賀 しのぶ 祥伝社文庫 2019年12月20日初版 1938年

記事を読む

『恋愛中毒』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『恋愛中毒』山本 文緒 角川文庫 2022年5月15日52版発行 恋愛感情の極限を

記事を読む

『向こう側の、ヨーコ』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『向こう側の、ヨーコ』真梨 幸子 光文社文庫 2020年9月20日初版 1974年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑