『悪口と幸せ』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『悪口と幸せ』(姫野カオルコ), 作家別(は行), 姫野カオルコ, 書評(わ行)

『悪口と幸せ』姫野 カオルコ 光文社 2023年3月30日第1刷発行

美貌も 知名度も 偏差値も 功績も すべてをぶっとばす、あの部分

ルッキズムの悪口は蜜の味? ヒメノ式家族の寓話へようこそ
昭和の少女雑誌に掲載された絵物語 「王女アンナ」。元子は奇妙な物語の世界に引き込まれていく (「王女アンナ」) 女優・紫さぎりは長きにわたり人気女優として活躍しているが、彼女には大きなコンプレックスが・・・・・・・。(「女優さぎり」) 昭和・平成・令和と続く家族のあり方とルッキズムの問題を描く、姫野カオルコの真骨頂となる小説集。(光文社)

〔CONTENTS〕
1 王女 アンナ
2 王妃 グレース
3 女優 さぎり
4 モデル antiミリセント・ロバーツ

姫野カオルコの新刊 『悪口と幸せ』 を読みました。帯に 「昭和 - 平成 - 令和 それぞれの時代の風俗を巧みに取り込みながら容姿への疑問と不安を物語に昇華させた連作集」 とあります。

主たるテーマは、ルッキズム。人を “見た目” でとやかく言うのはいけないことだとわかっていても、人は往々にして (知らず知らずの内に) その基準に則って人を “選別” しています。それはもう否応なくそうであるわけです。

太っているとかいないとか、目がどうだとか鼻がどうだとか、胸の形がどうだとか、足が細くて長いだとかO脚だとか、そばかすだらけの顔で色気のいの字もないだとか・・・・・・・、人の容姿を勝手気ままにあげつらい、外見で評価・差別することを 「ルッキズム」 といいます。広く社会に根付くこの傾向に、姫野カオルコは、一言もの申さずにはいられなかったのだと思います。その元々が、幼い頃に読んだ少女雑誌にありました。

集団下校時に教頭先生が、あの花はサルビアだと教えてくれ、私と妹は、寄って凝視した。「もっちゃん、サルビアだって」 「〈サルビア王国〉 の、サルビアって花の名前だったんだね」 と、二人で感激した。花の名の王国が出てくる話を 『別冊ガーネット』 で読んだのだ。

もっちゃん。妹は私をそう呼ぶ。りっちゃん。私は妹をそう呼ぶ。
元子。梨紗。姉妹なのに、なぜ私だけ 「子」 の付く名前なのだろう。牧美也子やわたなべまさこの漫画を読んでいた私はよく思った。りっちゃんの、梨紗という名前は、主人公のようなのにと。

そのころ、同じくらいの年の女の子たちは、たいてい 「子」 の付く名前で、たまに 「子」 が付かない子がいても、まゆみ、あけみ、たまに、まり。それくらいだった。

さゆり、さぎり、は目の大きな、長い髪にりぼんをつけた、バレエを習っている主人公の名前。みどりならオープンカーに乗る兄がいる主人公の名前。私のクラスにも学年にも、主人公は一人もいない。梨紗ともなれば、もっと主人公の名前。家に遊びに来た私のクラスの子は、妹だと紹介すると、字ではなく音で名前を聞くから 「リサ? 外国に行っても通じるわね」 とみな言った。

(サルビア王国か・・・・・・・)
秋晴れのサルビアを見て、私は 『別冊ガーネット』 をさがした。改装後の大掃除はおもに妹がしてくれ、何をどこにしまったかもだいたい教えてくれていたが、私は墓掃除の後はすぐに帰ってしまっていたから、この物置に長くいたことが、よく考えたら二十年間なかった。

スチール棚の、アルバムやレコードのそばに古い漫画や本はまとまっていた。「王女アンナ前・後」 と油性マジックで書かれた袋があった。名鉄百貨店の、大きなマチをとった紙袋。(本文より)

いまさらに、元子が 「王女アンナ」 について “考察し直した” のには、訳があります。王女アンナには、実はもう一人、ルンナという妹王女がいたのでした。アンナとルンナの関係が、どこかしら自分と梨紗との関係に通じるものを察したからでした。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆姫野 カオルコ
1958年滋賀県甲賀市生まれ。
青山学院大学文学部日本文学科卒業。

作品 「受難」「整形美女」「ツ、イ、ラ、ク」「ひと呼んでミツコ」「昭和の犬」「純喫茶」「部長と池袋」「彼女は頭が悪いから」他多数

関連記事

『謎の毒親/相談小説』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『謎の毒親/相談小説』姫野 カオルコ 新潮文庫 2018年11月1日初版 命の危険はなかった。けれ

記事を読む

『ワルツを踊ろう』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ワルツを踊ろう』中山 七里 幻冬舎文庫 2019年10月10日初版 金も仕事も住

記事を読む

『私に付け足されるもの』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『私に付け足されるもの』長嶋 有 徳間書店 2018年12月31日初版 芥川賞、大

記事を読む

『花びらめくり』(花房観音)_書評という名の読書感想文

『花びらめくり』花房 観音 新潮文庫 2021年12月25日4刷 「誘ってきたのは

記事を読む

『ブラックライダー』(東山彰良)_書評という名の読書感想文_その1

『ブラックライダー』(その1)東山 彰良 新潮文庫 2015年11月1日発行 ここは、地球の歴

記事を読む

『沙林 偽りの王国 (上下) 』 (帚木蓬生)_書評という名の読書感想文

『沙林 偽りの王国 (上下) 』 帚木 蓬生 新潮文庫 2023年9月1日発行 医

記事を読む

『優しくって少しばか』(原田宗典)_書評という名の読書感想文

『優しくって少しばか』原田 宗典 1986年9月10日第一刷 つい最近のことです。「文章が上手い

記事を読む

『私が殺した少女』(原尞)_書評という名の読書感想文

『私が殺した少女』 原 尞 早川書房 1989年10月15日初版 私立探偵沢崎の事務所に電話をして

記事を読む

『他人事』(平山夢明)_書評という名の読書感想文

『他人事』平山 夢明 集英社文庫 2022年11月14日第13刷 本当の恐怖はすぐ

記事を読む

『さいはての彼女』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『さいはての彼女』原田 マハ 角川文庫 2013年1月25日初版 25歳で起業した敏腕若手女性

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑