『夏の騎士』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/09 『夏の騎士』(百田尚樹), 作家別(は行), 書評(な行), 百田尚樹

『夏の騎士』百田 尚樹 新潮社 2019年7月20日発行

勇気 - それは人生を切り拓く剣だ。

あれから31年の歳月が流れたが、ぼくが今もどうにか人生の荒波を渡っていけるのは、あの頃手に入れた勇気のおかげかもしれない。昭和最後の夏に経験した、謎をめぐる冒険、友情、そして小さな恋。新たなる感動を呼び起こす百田版 「スタンド・バイ・ミー」、堂々刊行。(新潮社)

小学校最後の夏休みに入る1か月ほど前のことです。「騎士団」 を結成しようと言い出したのは、宏志でした。彼をリーダーに陽介と健太の3人は、自らを 「円卓の騎士」 と名乗ることにします。

3人は絵に描いたような劣等生で、まるで勉強や運動ができません。それはそれでとても惨めではあったのですが、それとは別に (勉強や運動ができることよりもなお切実に)、3人には何としても叶えたい と願うことがありました。

それが、「勇気」 を手に入れる - ということでした。

悲しいかな、3人にはまるで勇気がありません。それがもとで強い劣等感を抱いています。騎士団を結成し、円卓の騎士となることで、3人の少年たちは今ある自分の殻を破ろうとしています。その覚悟は、並大抵のものではありません。

遠藤宏志は元来意気地なしで臆病な性格で、それを周囲に知られないようにいつも陽気にふるまい、時には向こう見ずな風を演じてはいるものの、同級生たちには本当はそうではないとばれていたかもしれないと、後になって心配ばかりしています。

高頭健太は5年生のとき同じクラスになってからの友人でした。最初、健太は誰とも喋らず、いつもクラスでポツンとひとりでした。それは彼が吃音症だったからです。口の悪い連中が健太のどもりをからかい、陽介がそれをかわいそうに思って声をかけたのが、友人となったきっかけでした。陽介にはそんな優しいところがあります。

木島陽介は体は大きかったが、そのほとんどは脂肪で - つまりは肥満体だ - 女の子にも口げんかで泣かされてしまうほど気が弱かった。勉強もまったくできず、漢字は小学校三年生くらいの力しかなかったし、分数の足し算や引き算もできなかった。もし小学校に落第制度があれば、六年生にはなれなかっただろう。

家は貧しく、母子家庭で生活保護を受けていた。隣に住んでいる陽介の祖母も、近所に住んでいる陽介の叔母も、生活保護を受けていた。当時は生活保護という制度が今ほど一般的ではなく、町の人の多くは働かないでお金をもらうのは恥ずかしいことだと考えていた。一度、うちの母が 木島君も大きくなったら、多分生活保護を受けるやろな と言った。ぼくが理由を聞くと、母は 生活保護というのは連鎖するんやと答えた。自分の友人が母にそんなふうにバカにされて決めつけられるのを聞くのは嫌だったが、社会も人生も知らないぼくには、何と言い返せばいいのかわからなかった。(本文より)

ひと夏の冒険譚であり、初々しい恋の始まりを予感させるこの物語には、見た目も出自もまるで違う二人のヒロインが登場します。

一人は、「騎士団が愛と忠誠を捧げる」 と誓った有村有布子。彼女は3人と同じクラスの女子で、大人びて近寄りがたい雰囲気が魅力の学校一の美少女でした。彼女は3人よりも一歳上の帰国子女で、英語が堪能で頭脳明晰、他の連中とは違いきれいな標準語を喋ります。「騎士団のレディー」 として、彼女は申し分のない人物でした。

そしてもう一人が、これも同じクラスにいた壬生紀子という女子で、騎士団結成宣言をした二日後、3人は彼女から一番きついからかいの言葉を投げつけられます。

三バカトリオが、また間抜けなものを作ったんやてな
壬生は前日まで、風邪か何かで学校を休んでいたのだ。あるいはずる休みだったのかもしれない。彼女はよく学校を休んでいたからだ。クラス一の嫌われ者の女子で、言葉遣いは乱暴だった。あだ名のひとつはおとこおんな だ。髪の毛は坊主みたいに短く、おまけに口の周りにはうっすらとヒゲが生えていた。服はつぎはぎだらけの安物のシャツで、いつもよれよれのジーパンを穿いていた。クラスの女子で毎日いつもズボンを穿いていたのは壬生だけだった。(本文より)

※どこにも書かれていませんが、その頃の陽介を思うと、私は身を裂かれるような気持ちになりました。心ない母の言葉は、宏志をどれだけ傷付けたことでしょう。随分と前のことですが、私は陽介とよく似た少年を知っています。

壬生は、頑なまでに本心を晒しません。そうすることで、何とか自分自身を守っています。おそらく、誰より “闘っている” のが彼女ではないかと。彼女の母親は精神を病んでいます。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆百田 尚樹
1956年大阪府大阪市生まれ。
同志社大学中退。

作品 「永遠の0」「海賊とよばれた男」「モンスター」「影法師」「フォルトゥナの瞳」「カエルの楽園」他多数

関連記事

『あなたの本/Your Story 新装版』(誉田哲也)_書評という名の読書感想文

『あなたの本/Your Story 新装版』誉田 哲也 中公文庫 2022年8月25日改版発行

記事を読む

『Blue/ブルー』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『Blue/ブルー』葉真中 顕 光文社文庫 2022年2月20日初版1刷 ※本作は書

記事を読む

『路傍』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『路傍』東山 彰良 集英社文庫 2015年5月25日第一刷 俺、28歳。金もなけりゃ、女もいな

記事を読む

『老警』(古野まほろ)_書評という名の読書感想文

『老警』古野 まほろ 角川文庫 2022年8月25日初版発行 :続々重版 『監殺』

記事を読む

『ニュータウンは黄昏れて』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『ニュータウンは黄昏れて』垣谷 美雨 新潮文庫 2015年7月1日発行 バブル崩壊前夜に買ってしま

記事を読む

『絶叫委員会』(穂村弘)_書評という名の読書感想文

『絶叫委員会』穂村 弘 ちくま文庫 2013年6月10日第一刷 「名言集・1 」 「俺、砂糖入れ

記事を読む

『笑う山崎』(花村萬月)_書評という名の読書感想文

『笑う山崎』花村 萬月 祥伝社 1994年3月15日第一刷 「山崎は横田の手を握ったまま、無表情に

記事を読む

『夏目家順路』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『夏目家順路』朝倉 かすみ 文春文庫 2013年4月10日第一刷 いつもだいたい機嫌がよろしい

記事を読む

『フォルトゥナの瞳』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『フォルトゥナの瞳』百田 尚樹 新潮文庫 2015年12月1日発行 幼い頃に家族を火事で失い天涯孤

記事を読む

『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』(辺見じゅん)_書評という名の読書感想文

『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』辺見 じゅん 文春文庫 2021年11月5日第23刷

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑