『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1刷発行

第45回吉川英治文学賞新人賞受賞 今まさにやりたい事に邁進されている方のお守りになるような本だと思います。私にとってそうであるように。(解説より/ 物語モデル デザイナー・谷口富美)

起業、恋、結婚。 京都で自分らしい生き方を模索するひとりの女性の物語。

美咲・32歳。婚約を機に京都の地に降り立つが、京都人達から洗礼を受け、婚約者との関係性にも違和感を覚えだす。あるきっかけで、かつて熱中したものづくりに再挑戦することに - 。人生の岐路に立つ美咲の運命が変わり始める。第9回京都本大賞受賞作。(朝日文庫)

著者が誰なのか、よく確かめもせず買いました。表紙の感じからして書いたのはたぶん若い女性で、しかも新人なんだろうと。ところが、読んだ後で調べてみるとこれが大違いで、なかなかに “ベテラン“ の手になる作品だということがわかりました。 

勘違いついでにWikipediaを見ると、著者の 「経歴」 が(失礼ながら) えらく面白い。小説よりもむしろそちらの方が刺激的でアグレッシブで、(どうかすると) 破天荒にさえ思えてきます。行動力に関していうと、物語の主人公・美咲のそれどころではありません。自分をモデルにして書けばよかったのに - そう感じるほどに “紆余曲折“ しています。

藤岡 陽子 (ふじおか ようこ、1971年7月21日) は、日本の小説家、看護師。本名、中原陽子。2児の母。

経歴

京都府京都市に生まれる。同志社高等学校では赤神諒と同期。同志社大学文学部卒業。卒業後は文章を書く仕事がしたいと1994年に報知新聞社にスポーツ記者として勤務し、高校野球やゴルフを取材する。整理部を経て1997年9月、およそ3年半で退社。その後、タンザニア・ダルエスサラーム大学に留学し、スワヒリ語科で学ぶ。卒業はせず帰国し、1999年に大阪文学学校 (夜間部) に通い、小説を書いては投稿する日々を続けるが落選が続く。2年連続で 「オール読物新人賞」 の最終候補に残るが、その後結婚し、出産したことで小説を書く余裕を無くしてしまう。また、経済的に夫に依存することに不安を感じ、慈恵看護専門学校を卒業して、看護師資格を習得。小説を書きたいという気持ちは依然として強かったため、2006年、再び大阪文学学校 (昼間部) で学び、同年 「結い言」 で宮本輝が選考する第40回北日本文学賞選奨を受賞。その後、2年連続で 「小説宝石新人賞」 の最終候補に残り、2009年 『いつまでも白い羽根』 でデビュー。

2017年現在、京都市内の脳外科に勤務する。

※写真でみるとフツーのおばさんですが、人は見た目だけではわかりません。なぜタンザニアなどというところへ留学したのでしょう? せっかく入った報知新聞をたった3年半で辞めてまで、なぜスワヒリ語を学ぼうと思ったのか? 経済的に夫に依存してする生活に不安を感じ、専門学校で学び、看護師資格を習得し、現に働いているのは立派というしかありませんが、事の流れからすると、

そこは “スワヒリ語“ を活かした仕事ではなかったのかと - 小説ならきっとそうなっていることでしょう。しかし現実はそううまくはいきません。(おそらくいかなかったのだろうと) もっと一般的な言語ならまだしも、今の日本でスワヒリ語ではいかにも需要がなさそうな、無駄で無意味な知識に思えてなりません。(しらんけど)

この本を読んでみてください係数  80/100

◆藤岡 陽子
1971年京都府京都市生まれ。
同志社大学文学部卒業。報知新聞社を経て、タンザニア・ダルエスサラーム大学留学。慈恵看護専門学校卒業。

作品 2006年 「結い言」 で第40回北日本文学賞選奨を受賞し、09年 『いつまでも白い羽根』 でデビュー。21年本作で第9回京都本大賞、23年 『リラの花咲くけものみち』 で第7回未来屋小説大賞、24年同作で第45回吉川英治文学賞新人賞受賞。著書に 「トライアウト」「手のひらの音符」「晴れたらいいね」他多数。

関連記事

『水を縫う』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『水を縫う』寺地 はるな 集英社文庫 2023年5月25日第1刷 「そしたら僕、僕

記事を読む

『流』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『流』東山 彰良 講談社 2015年5月12日第一刷 第153回直木賞受賞作品です。小説は、

記事を読む

『スメル男 (新装版)』(原田宗典)_書評という名の読書感想文

『スメル男 (新装版)』原田 宗典 講談社文庫 2021年1月15日第1刷 「腐っ

記事を読む

『身の上話』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『身の上話』佐藤 正午 光文社文庫 2011年11月10日初版 あなたに知っておいてほしいのは、人

記事を読む

『哀原』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『哀原』古井 由吉 文芸春秋 1977年11月25日第一刷 原っぱにいたよ、風に吹かれていた、年甲斐

記事を読む

『村上春樹は、むずかしい』(加藤典洋)_書評という名の読書感想文

『村上春樹は、むずかしい』加藤 典洋 岩波新書 2015年12月18日第一刷 久方ぶりに岩波

記事を読む

『舎人の部屋』(花村萬月)_書評という名の読書感想文

『舎人の部屋』花村 萬月 双葉文庫 2018年1月14日第一刷 過食嘔吐を繰り返す小説家志望の自称

記事を読む

『麦本三歩の好きなもの 第一集』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『麦本三歩の好きなもの 第一集』住野 よる 幻冬舎文庫 2021年1月15日初版

記事を読む

『背中の蜘蛛』(誉田哲也)_第162回 直木賞候補作

『背中の蜘蛛』誉田 哲也 双葉社 2019年10月20日第1刷 池袋署刑事課の課長

記事を読む

『芽むしり仔撃ち』(大江健三郎)_書評という名の読書感想文

『芽むしり仔撃ち』大江 健三郎 新潮文庫 2022年11月15日52刷 ノーベル文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑