『夏の陰』(岩井圭也)_書評という名の読書感想文

『夏の陰』岩井 圭也 角川文庫 2022年4月25日初版

出会ってはならなかった二人の対決の行方は - 。赦しの物語。

運送会社のドライバーとして働く倉内岳は、卓越した剣道の実力を持ちながら、公式戦にはほとんど出場したことがなかった。岳の父である浅寄准吾は、15年前、別居中だった岳と母の住むアパートに立てこもり、実の息子である岳を人質にとった。警察との膠着状態が続いた末、浅寄は機動隊のひとりを拳銃で射殺し、その後自殺する。世間から隠れるように生きる岳だったが、自分を剣道の道に引き入れてくれた恩人の柴田の願いを聞き入れ、一度だけ全日本剣道選手権の京都予選に出場することを決意する。予選会の日、いかんなく実力を発揮し決勝に進出した岳の前に、一人の男が立ちはだかる。辰野和馬、彼こそが岳の父親が撃ち殺した機動隊員の一人息子だった。「死」 を抱えて生きてきた者同士、宿命の戦いが始まる - 。(株式会社KADOKAWA)

岳の父・准吾は博打好きの酒飲みで、母子に対し、日常的に暴力をふるう人物でした。母はなすすべもなく無抵抗で、岳に向けた准吾の暴力も見て見ぬふりを通します。事件があったのは、そんな父から逃れ、母と二人で暮らし始めた京都・丹前でのことでした。

父・准吾は、自業自得の末に実の息子である岳を人質に、母子が暮らすアパートに立てこもり、挙句、機動隊の一人を (不法に手に入れた) 拳銃で射殺したのでした。

岳と同じに、もしもあなたが犯罪者の息子だったとしたらどうでしょう。ある日、思わぬうちにそんなことになったとしたら。あなたのその後の人生は、一体どうなってしまうのでしょう。

隙を見て脱出した岳を救出しようとして射殺されたのは、辰野泰文というベテランの機動隊員でした。妻と息子がおり、剣道は五段の腕前でした。彼だけが防弾ベストを着用していなかったのは、本来辰野は前線ではなく、後方に控える役目だったからです。

辰野の息子・和馬は、後年、京都府警に採用になり、在りし日の父と同様、日々剣道の鍛錬に励んでいます。抜擢されて特練生となり、やがて和馬は府警で一二を争うぐらいの実力の持ち主になります。

その剣道で、和馬にはどうしても勝ちたいと、念ずるように思う人物がいます。それが父・泰文を殺した准吾の息子、岳でした。

父を殺した男の息子が、今ものうのうと生きている。その事実が、和馬にはどうしても許すことができません。- 代わりに、お前が死ねばよかった、と。

和馬とはまるで動機が違うのですが、岳もまた剣道を生きる糧にしています。いずれ二人が出会うのは、避けられない運命でした。長い時を経て、和馬と岳は、遂にその日を迎えることになります。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆岩井 圭也
1987年大阪府生まれ。
北海道大学大学院農学院修了。

作品 「永遠についての証明」「プリズン・ドクター」「文身」「水よ踊れ」「この夜が明ければ」「竜血の山」「生者のポエトリー」他

関連記事

『死にぞこないの青』(乙一)_書評という名の読書感想文

『死にぞこないの青』乙一 幻冬舎文庫 2001年10月25日初版 死にぞこないの青 (幻冬舎文

記事を読む

『クジラの彼』(有川浩)_書評という名の読書感想文

『クジラの彼』有川 浩 角川文庫 2010年6月25日初版 クジラの彼 (角川文庫) &

記事を読む

『藻屑蟹』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『藻屑蟹』赤松 利市 徳間文庫 2019年3月15日初刷 藻屑蟹 (徳間文庫) 一号機

記事を読む

『ほどけるとける』(大島真寿美)_彼女がまだ何者でもない頃の話

『ほどけるとける』大島 真寿美 角川文庫 2019年12月25日初版 ほどけるとける (角川

記事を読む

『犯罪調書』(井上ひさし)_書評という名の読書感想文

『犯罪調書』井上 ひさし 中公文庫 2020年9月25日初版 犯罪調書 (中公文庫)

記事を読む

『悪寒』(伊岡瞬)_啓文堂書店文庫大賞ほか全国書店で続々第1位

『悪寒』伊岡 瞬 集英社文庫 2019年10月22日第6刷 悪寒 (集英社文庫) 男は

記事を読む

『百舌落とし』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌落とし』逢坂 剛 集英社 2019年8月30日第1刷 百舌落とし 後頭部を千枚通

記事を読む

『推し、燃ゆ』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『推し、燃ゆ』宇佐見 りん 河出書房新社 2021年3月15日40刷発行 推し、燃ゆ

記事を読む

『ネメシスの使者』(中山七里)_テミスの剣。ネメシスの使者

『ネメシスの使者』中山 七里 文春文庫 2020年2月10日第1刷 ネメシスの使者 (文春文

記事を読む

『百舌の叫ぶ夜』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌の叫ぶ夜』 逢坂 剛 集英社 1986年2月25日第一刷 百舌の叫ぶ夜 (百舌シリーズ)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『夕映え天使』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『夕映え天使』浅田 次郎 新潮文庫 2021年12月25日20刷

『向日葵の咲かない夏』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『向日葵の咲かない夏』道尾 秀介 新潮文庫 2019年4月30日59

『ミシンと金魚』(永井みみ)_書評という名の読書感想文

『ミシンと金魚』永井 みみ 集英社 2022年4月6日第4刷発行

『夏の陰』(岩井圭也)_書評という名の読書感想文

『夏の陰』岩井 圭也 角川文庫 2022年4月25日初版

『パイナップルの彼方』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『パイナップルの彼方』山本 文緒 角川文庫 2022年1月25日改版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑