『あひる』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/12 『あひる』(今村夏子), 今村夏子, 作家別(あ行), 書評(あ行)

『あひる』今村 夏子 書肆侃侃房 2016年11月21日第一刷

あひるを飼うことになった家族と学校帰りに集まってくる子供たち。一瞬幸せな日常の危うさが描かれた「あひる」。おばあちゃんと孫たち、近所の兄妹とのふれあいを通して、揺れ動く子供たちの心の在りようをあたたかく鋭く描く「おばあちゃんの家」「森の兄妹」の三編を収録。読み始めると心がざわつく。何気ない日常のふわりとした安堵感にふとさしこむ影。第155回芥川賞候補作 -【新たな今村夏子ワールドへ】(帯文より)

何だかあやしい気配がします。なんでもない「ように」思うのですが、時折不穏な空気が漂い、心がざわざわします。至極普通なのに、普通だけでは済まない何かを孕みつつ、物語は淡々と進んでゆきます。

あひるは、「のりたま」と名付けられています。父が働いていたころの同僚の新井さんから譲り受けたもので、二羽いたはずのニワトリがいなくなったあとのニワトリ小屋を整え、それをあひる小屋とし、父と母は一羽のあひるを飼い始めます。

のりたまはあっという間に近所の子供たちの人気ものになります。毎日のように子供がのりたまに会いに来ると、父と母は彼らを優しく招き入れ、お菓子やジュースを振る舞うようになります。

ある日、最初来たのりたまが死ぬと、そのことは誰にも告げられないうちに、次ののりたまがやって来ます。やがてそののりたまも死んでしまうと、次に家に来たのは明らかに前とは違う太ったのりたまでした。

娘の「わたし」、のりたまを見に来る子供たち - 誰もが、そのことについては何も言いません。相変わらず子供たちはやって来て、騒ぎ立て、娘の「わたし」は何も言い出せないでいます。

やがて、状況はエスカレートしてゆき、父や母が叱らないのをよいことに、子供たちは好き放題に過ごすようになります。そのうち段々と、家は子供たちの溜まり場のようになってゆきます。
・・・・・・・・・
「あひる」が描き出すのは、一見平凡なように見える日常の裏側にある小さな綻びや、否応のない「棘」のようなものです。

通り一遍に読むと読み過ごしてしまいそうになるのですが、娘の「わたし」は無職で独身、家に籠って(医療系の)資格試験の勉強をしています。しかし、続けて二度の試験に落ち、次で三度目の挑戦になります。「わたし」はまだ仕事をしたことがありません。

弟の将太は、明るくてわがまま、子供のころは家族の太陽のような存在でした。しかし、反抗期を迎えてからは悪い友達に誘われて、万引きやカツアゲ、気に入らないことがあるとすぐに暴力をふるい、何かと問題が多かったのですが、

はたちを過ぎると徐々に落ち着き、今は市内のアパートでひとつ年上の奥さんと二人で暮らしています。仕事が忙しいと言い、最近では顔を見せに帰ってくることもほとんどなくなっています。弟夫婦には、まだ子供がいません。

口には出さずとも、父と母が孫をまちわびていているのが手に取るようにわかります。その気持ちがのりたまに会いに来る子供たちに向けられ、話が微妙にややこしくなってゆきます。

大人だけならおそらくこうはならない - ここにあるのは、大人の切ない胸の内など知るはずもない子供らの容赦のない言動と、そうとは知りながら見過ごす他ない、悲しいだけの大人の矜持であるように思います。

ラスト間際に登場する三輪車に乗った小さな女の子は、母に向かって、また「わたし」に向かって、答えようのない質問をぶつけます。結局のところ、四番目ののりたまはやって来ず、「わたし」はまた試験に落ちます。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆今村 夏子
1980年広島県広島市生まれ。

作品 「あたらしい娘」(「こちらあみ子」に改題)で第26回太宰治賞を受賞。本書の単行本で第24回三島由紀夫賞を受賞。2016年発表の「あひる」は第155回芥川賞候補。

関連記事

『エリザベスの友達』(村田喜代子)_書評という名の読書感想文

『エリザベスの友達』村田 喜代子 新潮文庫 2021年9月1日発行 あの頃、私たち

記事を読む

『星に願いを、そして手を。』(青羽悠)_書評という名の読書感想文

『星に願いを、そして手を。』青羽 悠 集英社文庫 2019年2月25日第一刷 大人

記事を読む

『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』(江國香織)_書評という名の読書感想文

『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』江國 香織 集英社 2002年3月10日第一刷 It

記事を読む

『おもかげ』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『おもかげ』浅田 次郎 講談社文庫 2021年2月17日第4刷発行 孤独の中で育ち

記事を読む

『残された者たち』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『残された者たち』小野 正嗣 集英社文庫 2015年5月25日第一刷 尻野浦小学校には、杏奈先

記事を読む

『祝山』(加門七海)_書評という名の読書感想文

『祝山』加門 七海 光文社文庫 2007年9月20日初版 ホラー作家・鹿角南のもとに、旧友からメー

記事を読む

『いつか深い穴に落ちるまで』(山野辺太郎)_書評という名の読書感想文

『いつか深い穴に落ちるまで』山野辺 太郎 河出書房新社 2018年11月30日初版

記事を読む

『スペードの3』(朝井リョウ)_書評という名の読書感想文

『スペードの3』朝井 リョウ 講談社文庫 2017年4月14日第一刷 有名劇団のかつてのスター〈つ

記事を読む

『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』山田 詠美 幻冬社 2013年2月25日第一刷

記事を読む

『哀原』(古井由吉)_書評という名の読書感想文

『哀原』古井 由吉 文芸春秋 1977年11月25日第一刷 原っぱにいたよ、風に吹かれていた、年甲斐

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『錠剤F』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『錠剤F』井上 荒野 集英社 2024年1月15日 第1刷発行

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑