『死者の奢り・飼育』(大江健三郎)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『死者の奢り・飼育』(大江健三郎), 作家別(あ行), 大江健三郎, 書評(さ行)

『死者の奢り・飼育』大江 健三郎 新潮文庫 2022年11月25日84刷

23歳と5か月、ノーベル賞作家の出発点 芥川賞受賞 115万部突破の大ベストセラー!

死体処理室の水槽に浮沈する死骸群に託した屈折ある抒情 『死者の奢り』、療養所の厚い壁に閉じこめられた脊椎カリエスの少年たちの哀歌 『他人の足』、黒人兵と寒村の子供たちとの無残な悲劇 『飼育』、傍観者への嫌悪と侮蔑をこめた 『人間の羊』 など6編を収める。”閉ざされた壁のなかに生きている状態” を論理的な骨格と動的なうねりをもつ文体で描いた、芥川賞受賞当時の輝ける作品集。(新潮文庫)

6編ある中で、特に私が読みたかったのが 『飼育』 です。残酷で赤裸々で強烈な、血と汗と汚物の臭いに思わず顔を背けたくなるような - そんな話を、あの頃私はどんな思いで読んだのか。読んで正しく理解したと言えるのか。それを確かめたいと思いました。

「飼育」 については個人的な記憶がある。その年の春、座談会の速記に目を通すために文藝春秋社にでかけた私は、かなり長い小説の校正刷を示された。なにげなく二、三頁をくるうちに、そこにくりひろげられている豊饒なイメイジや奔出してつきることを知らぬ才能にひきいれられ、私はついにそれを持ち帰って熟読するにいたったのである。

それが 「飼育」 であって、大江の才能はこの作品によってはじめて完全に開花したということができるだろう。ここには 「死者の奢り」 の観念的な 〈わく組み〉 がなく、そのかわりにたとえばピエル・ガスカールをたくみに転調したみごとな文体がある。

このような残酷な話を、かくも豪奢な美のなかに展開させることのできる作家はどのような人間であろうか、と私はいぶからずにはいなかった。というのは、これは、空から降りて来た黒人兵を牛のように飼い、彼との間に牧歌的な関係を結んでいた少年が、突然兵士の囚にされ、愛する を自分の手とともに父の鉈でたたきつぶされるという話だからである。(江藤淳/解説より)

遠い昔の学生時代、大江健三郎はたしかに人気がありました。読書好きが集まると、そこでは、(大江のことを、又はその小説を) 知らない、読んでないとは言えない空気がありました。難しいことはわかりません。読むと何ごとかを強い迫力で訴えてくる、その感じだけが頼りでした。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆大江 健三郎
1935年愛媛県生まれ。2023年3月3日没、88歳。
東京大学文学部仏文科卒業。

作品 1994年、ノーベル文学賞受賞。「芽むしり仔撃ち」「個人的な体験」「万延元年のフットボール」「洪水はわが魂に及び」「新しい人よ眼ざめよ」他多数

関連記事

『輪 RINKAI 廻』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『輪 RINKAI 廻』明野 照葉 文春文庫 2003年11月10日第1刷 茨城の

記事を読む

『さみしくなったら名前を呼んで』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『さみしくなったら名前を呼んで』山内 マリコ 幻冬舎 2014年9月20日第一刷 いつになれば、私

記事を読む

『よみがえる百舌』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『よみがえる百舌』逢坂 剛 集英社 1996年11月30日初版 『百舌の叫ぶ夜』から続くシリーズ

記事を読む

『許されようとは思いません』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『許されようとは思いません』芦沢 央 新潮文庫 2019年6月1日発行 あなたは絶

記事を読む

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日第1刷 隙間風

記事を読む

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月15日初刷 こ

記事を読む

『ゼツメツ少年』(重松清)_書評という名の読書感想文

『ゼツメツ少年』重松 清 新潮文庫 2016年7月1日発行 「センセイ、僕たちを助

記事を読む

『涙のような雨が降る』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『涙のような雨が降る』赤川 次郎 双葉文庫 2018年4月15日第一刷 少年院を出たその日から、

記事を読む

『静かにしなさい、でないと』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『静かにしなさい、でないと』朝倉 かすみ 集英社文庫 2012年9月25日第1刷

記事を読む

『さよなら渓谷』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『さよなら渓谷』 吉田 修一 新潮社 2008年6月20日発行 この作品は昨年の6月に映画化され

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑