『九年前の祈り』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/23 『九年前の祈り』(小野正嗣), 作家別(あ行), 小野正嗣, 書評(か行)

『九年前の祈り』小野 正嗣 講談社 2014年12月15日第一刷

第152回芥川賞受賞作、小野正嗣の 『九年前の祈り』 を読みました。

舞台は九州、大分県。県南に位置する (おそらくは小野正嗣の故郷の蒲江という) 海辺の小さな町。リアス式海岸の複雑な地形をしたこの町は、隣町と合併して市に格上げされたのですが、それに逆行するように、過疎化と高齢化が進行しています。

35歳のシングルマザー・安藤さなえは、東京での暮らしを諦めて故郷の海辺の集落へ戻って来ています。一人息子の希敏 (けびん) は、さなえがカナダ人のフレデリックと暮らすようになって3年が過ぎた頃にできた子供で、ある障害を抱えています。

さなえには一人、故郷に忘れがたい人物がいます。渡辺ミツ、みっちゃん姉(ねえ)と呼ぶ初老の女性で、9年前、さなえがまだ地元にいた頃、二人は一緒にカナダ旅行をしたことがありました。さなえにとってそれは、忘れられない大切な記憶でした。

小説は、旅行中のミツに関わる思い出とミツに惹かれるさなえの心象を中心に語られます。また、ミツという女性を通し、あわせて (著者の故郷の) 町のことも語られています。土地の風土や人の好さ、目ぼしい仕事がない地方の厳しい暮らしぶりなどが、ミツの言動からリアルに読み取ることができます。

カナダ旅行は国際交流推進を目的に教育委員会が募集したもので、臨時職員のさなえを含めて参加者は7名。外国語指導助手のジャックが引率で、20代はさなえだけ、あとは40代の後半より上、田舎の港町のおばちゃんグループの賑やかな団体でした。

物語はカナダ旅行を振り返るシーンと現実の間を何度も行き来し、時に交錯します。あるとき現実は遠ざかり、さなえは夢想の世界へ迷い込んだりします。さなえが今の自分に動揺し、混乱している心の在り様が仔細に語られたりもします。

ミツの息子が脳腫瘍の手術を受け、大分の大学病院に入院していると母から聞かされたさなえは、ミツに会いたさに見舞いに行こうと思い立ちます。見舞いには母の生まれ故郷の文島の、厄除けの効能があると言われる貝殻を持って行こうと思いつくのでした。

港に行くために希敏を車に乗せようとした途端のことでした。いきなり、希敏の 「スイッチ」 が入ります。さなえの表現では 「引きちぎられたミミズ」 が現れて、希敏は激しく抵抗を示します。彼は、変化が極度に苦手な子供でした。突発的に泣き叫ぶ希敏は、さなえの手にも負えません。

ようやく乗船したブルーマリン号の船室で、さなえは幻覚を見ます。船内はさなえと希敏の二人きりなのですが、そこへみっちゃん姉が現れたのでした。そのきっかけは、カナダ旅行へ行った時の飛行機の中で聞いた赤ん坊の泣き声でした。

文島に着いてもさなえの幻覚は続きます。みっちゃん姉が希敏を連れ去る映像に慄き、また大きな解放感にも包まれるさなえ・・・・・・・子を想う母のさなえと子を負担に感じる個としてのさなえが葛藤する優しくも痛々しい、強く印象に残るシーンです。

モントリオールの教会で、赤いリュックを背負った小柄なみっちゃん姉が頭を垂れ、一心に祈る姿を、さなえは忘れることができません。大分の病院に入院しているミツの息子も、小さい頃から人より発育の遅れた子供で、ミツはそれをひどく気にしていたのでした。

病んだ心とは反対に、希敏は可愛く天使のような容姿です。さなえの帰郷の理由を知りながらも、周囲の人々は希敏に優しく接します。気を病むミツを勇気づけたのもまた、共に暮らす隣人たちでした。かれらにすれば、希敏もミツの息子も地域の子、この土地の子供でした。

生まれ故郷の田舎町の閉塞感、個人が個人ではいられない明け透けな暮らし。反して、それらを補う無私の心と太い連帯感。異国の血が混ざる、普通ではない息子を持つさなえは、この土地でこれからどんな風に生きて行くのでしょう。さなえは今、悲しみを感じながらも、悲しみのささやきを聞こうとはしていません。

※地方の現実 - それは、地方の人しかわからない。小野正嗣は、そう言います。

私は職場の都合で2年間、大分県の別府市で暮らしたことがあります。観光港前のマンションから眺める別府湾と湾に隣接する鶴見岳の景色は絵葉書そのもので、平地が広がるだけの土地で生まれ育った私には、まるで別世界のようでした。

しかし、私は別府での暮らしの窮屈さにすぐに気付くことになります。前に広がる海と後ろに迫る山々の間の狭い丘陵地に貼り付くように並ぶ住宅には余白がなく、絶えず見上げるか見下ろすかの視野域が胸を圧迫するように感じるのでした。蒲江は別府からはるか遠く南の、宮崎に近い小さな海沿いの町です。(本書には 「九年前の祈り」 の他に、「ウミガメの夜」 「お見舞い」 「悪の花」 の3編が収められています)

この本を読んでみてください係数 80/100


◆小野 正嗣
1970年大分県蒲江町(現佐伯市)生まれ。
東京大学教養学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科、パリ第8大学卒業。
現在、立教大学文学部文学科文芸思想専修准教授。

作品 「水に埋もれる墓」「にぎやかな湾に背負われた船」「森のはずれで」「マイクロバス」「線路と川と母のまじわるところ」「夜よりも大きい」「獅子渡り鼻」など

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
おかげさまでランキング上位が近づいてきました!嬉しい限りです!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『私の恋人』(上田岳弘)_書評という名の読書感想文

『私の恋人』上田 岳弘 新潮文庫 2018年2月1日発行 一人目は恐るべき正確さで

記事を読む

『死にぞこないの青』(乙一)_書評という名の読書感想文

『死にぞこないの青』乙一 幻冬舎文庫 2001年10月25日初版 飼育係になりたいがために嘘をつい

記事を読む

『サブマリン』(伊坂幸太郎)_書評という名の読書感想文

『サブマリン』伊坂 幸太郎 講談社文庫 2019年4月16日第1刷 『チルドレン』

記事を読む

『正欲』(朝井リョウ)_書評という名の読書感想文

『正欲』朝井 リョウ 新潮文庫 2023年6月1日発行 第34回柴田錬三郎賞受賞!

記事を読む

『枯れ蔵』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『枯れ蔵』永井 するみ 新潮社 1997年1月20日発行 富山の有機米農家の水田に、T型トビイロウ

記事を読む

『鼻に挟み撃ち』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『鼻に挟み撃ち』いとう せいこう 集英社文庫 2017年11月25日第一刷 御茶ノ水、聖橋のたもと

記事を読む

『けむたい後輩』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『けむたい後輩』柚木 麻子 幻冬舎文庫 2014年12月5日初版 14歳で作家デビューした過去

記事を読む

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』浦賀 和宏 角川文庫 2020年7月5日再版 ひと

記事を読む

『ほろびぬ姫』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『ほろびぬ姫』井上 荒野 新潮文庫 2016年6月1日発行 両親を事故で失くしたみさきは19歳で美

記事を読む

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』(内澤旬子)_書評という名の読書感想文

『飼い喰い/三匹の豚とわたし』内澤 旬子 角川文庫 2021年2月25日初版 下手な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑