『シュガータイム』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『シュガータイム』(小川洋子), 作家別(あ行), 小川洋子, 書評(さ行)

『シュガータイム』小川 洋子 中公文庫 2022年7月30日21刷発行

三週間ほど前から、わたしは奇妙な日記をつけ始めた - 。春の訪れとともにはじまり、秋の淡い陽射しのなかで終わった、わたしたちのシュガータイム。青春最後の日々を流れる透明な時間を描く、芥川賞作家の初めての長篇小説。(中公文庫)

無礼を承知で 「あとがき」 をほぼ全文、紹介したいと思います。

どんなことがあってもこれだけは、物語にして残しておきたいと願うような何かを、誰でも一つくらいは持っている。それはあまりにも奥深いものである場合が多いので、書き手は臆病になり、いざとなるとどこから手をつけていいのか分からなくなる。そして結局長い時間、それは心の隅に押しやられたままになっていたりする。

幸運にも、わたしには早くチャンスが巡ってきた。連載が始まる時、この “奥深い何か” の正体がどういう形で表出してくるのか、不安でたまらなかった。しかしとにかく、書き始めたからには、勇気を出して言葉を紡いでゆくしかなかった。

わたしがどうしても残しておきたいと願う何かが、読んで下さった方々に少しでも伝わればありがたい。この小説はもしかしたら、満足に熟さないで落ちてしまった、固すぎる木の実のようなものかもしれない。それでも皮の手触りや、小さな丸い形や、青々しい色合いだけでも味わってもらえたらと思う。いずれにしてもこの小説は、わたしがこれから書き進んでゆくうえで、大切な道しるべになるはずだ。(以下略)
                                       小川洋子

小川洋子の小説のファンなら、彼女が書いた作品をそれなりの数読んでいるあなたならば、きっとわかるはずです。『シュガータイム』 が、如何ばかりか若々しい作品だということが。そして気づくはずです。こののち彼女は 「あとがき」 通りに進化したことを。

林真理子の 「解説」 もまた秀逸で、褒めて貶して最後は深く納得させて終わります。曖昧なものは曖昧、無駄なものは無駄だと容赦がありません。

例えば -

小人の弟を自然に受け容れたように、彼女の異様な食欲にも我々はいつしか何の違和感もおぼえなくなる。こうして我々は、小川洋子のつくり上げる異空間へと連れていかれるのである。その空中をさまようのを楽しめばよい。シュガータイム は言ってみれば、ひと夏を中心とした失恋の物語である。若さの象徴のような大学リーグ戦も出てくるが、それも不思議なドームへといつしか変わっていく。

こんなふうにして、いろいろなことが終わっていくのね
わたしたちのシュガータイムにも、終わりがあるっていうことね
砂糖菓子みたいにもろいから余計にいとおしくて、でも独り占めにしすぎると胸が苦しくなるの。わたしたちが一緒に過ごした時間って、そういう種類のものじゃないかなあ

という締めくくりは、あきらかに余計である。この最初の長編小説を書いていた頃、小川洋子は自分の ヘンにまだ腹をくくっていなかったにちがいない。

長々と書き連ねてきた物語を敢えてまとめて解説するような、書きたかったこと、伝えたかったことの、敢えてする必要のない念押しのような文章は、まるで彼女には似合わない、座り心地の悪いものになっています。

(私のよく知る小川洋子は) そこは意図して、書かないでいるような。いつの時代の、どこの国の話であったとしても、不思議が不思議のまま終わるとしても、それが小川洋子であるような。そんな小説を次々と発表する前の、1991年の頃の作品です。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆小川 洋子
1962年岡山県岡山市生まれ。
早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。

作品 「揚羽蝶が壊れる時」「妊娠カレンダー」「博士の愛した数式」「沈黙博物館」「貴婦人Aの蘇生」「ことり」「ホテル・アイリス」「ブラフマンの埋葬」「ミーナの行進」他多数

関連記事

『犯罪調書』(井上ひさし)_書評という名の読書感想文

『犯罪調書』井上 ひさし 中公文庫 2020年9月25日初版 白い下半身を剥き出し

記事を読む

『あたしたち、海へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あたしたち、海へ』井上 荒野 新潮文庫 2022年6月1日発行 親友同士が引き裂

記事を読む

『すみなれたからだで』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『すみなれたからだで』窪 美澄 河出文庫 2020年7月20日初版 無様に。だけど

記事を読む

『レプリカたちの夜』(一條次郎)_書評という名の読書感想文

『レプリカたちの夜』一條 次郎 新潮文庫 2018年10月1日発行 いきなりですが、本文の一部を

記事を読む

『夜明けの縁をさ迷う人々』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『夜明けの縁をさ迷う人々』小川 洋子 角川文庫 2010年6月25日初版 私にとっては、ちょっと

記事を読む

『自由なサメと人間たちの夢』(渡辺優)_書評という名の読書感想文

『自由なサメと人間たちの夢』渡辺 優 集英社文庫 2019年1月25日第一刷 痛快

記事を読む

『神様からひと言』(荻原浩)_昔わたしが、わざとしたこと

『神様からひと言』荻原 浩 光文社文庫 2020年2月25日43刷 大手広告代理店

記事を読む

『満潮』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『満潮』朝倉 かすみ 光文社文庫 2019年7月20日初版 わたし、ひとがわたしに

記事を読む

『だれかの木琴』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『だれかの木琴』井上 荒野 幻冬舎文庫 2014年2月10日初版 主婦・小夜子が美容師・海斗から受

記事を読む

『ジオラマ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『ジオラマ』桐野 夏生 新潮エンタテインメント倶楽部 1998年11月20日発行 初めての短

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑