『Yuming Tribute Stories』(桐野夏生、綿矢りさ他)_書評という名の読書感想文

『Yuming Tribute Stories』桐野夏生、綿矢りさ他 新潮文庫 2022年7月25日3刷

いまも胸にのこる後悔、運命と信じたはかない恋心、忘れえぬ異国の光景、取り戻したかったあの瞬間の空気。そう、願いがかなうものならば - 。メロディーを耳にしただけで、あの頃の切ない想いを鮮やかに蘇らせてくれる永遠の名曲たち。不出世の天才シンガーソングライター、ユーミンのタイトルが、6人の作家によって新たなストーリーへと生まれ変わる。唯一無二のトリビュート小説集。(新潮文庫)

本書は、松任谷由実 (ユーミン) デビュー50周年を記念して、六人の作家による書き下ろし中短篇を収録したオリジナル小説集です。軽い読み物ではと疑っているあなた、嘘だと思って読んでみてください。思う以上に “深く胸に迫る” 話が書いてあります。

目次 CONTENTS
あの日にかえりたい 小池真理子 from the single as same title (1975年)
DESTINY 桐野夏生 from the album 「悲しいほどお天気」 (1979年)
夕涼み 江國香織 from the album 「PEARL PIERCE」 (1982年)
青春のリグレット 綿矢りさ from the album 「DA・DI・DA」 (1985年)
冬の終わり 柚木麻子 from the album 「TEARS AND REASONS」 (1992年)
春よ、来い 川上弘美 from the single as same title (1994年)

DESTINY桐野夏生
悲しい内容だけれど明るくアップテンポなこの歌は、1979年にリリースされた 『悲しいほどお天気』 に収められた一曲。

この曲のもう一つの特徴は、微量のユーモア成分を含むところでしょう。自分をふった男性と偶然、そしてようやく再会した時、
「どうしてなの 今日にかぎって
安いサンダルを はいてた」
のが、歌の主人公。彼女はそのことによって、彼が自分にとって運命の人ではないことを悟るのです。

そして小説に漂うのもまた、軽快なリズムと、ちょっとしたユーモアなのでした。主人公である大学職員の男性は、破綻の少ない人生を淡々と送っています。が、ある日出会った 「運命の人」 が、彼の人生のリズムを揺さぶりました。
そんな彼に、自らの運命を悟らせた存在とは、何だったのか。運命という重大なものを決定するのは、決して同じくらい重大なものではないことがわかります。

春よ、来い川上弘美
冬が終わり、やがて春。本書の最後を飾るのは、1994年にシングルとして発表され、今やクラシック曲ともなった感のある 「春よ、来い」 です。

バブル期、ユーミンもバブル感が濃厚に漂う歌を歌っていました。一方でその時期、物質文化とは正反対の、聖なる存在や愛、永遠といった、抽象度の高いテーマについての歌も目立つようになります。時代の少し先を読む能力に長けているユーミンは、物質文明の只中で、次に求められるものを感じ取っていたのです。

バブル崩壊後の経済低迷期の曲である 「春よ、来い」 にしても、特定の男女の恋愛というより、さらに大きな愛を歌った一曲。
「愛をくれし君」
「夢をくれし君」
という歌詞の 「君」 に、聴く人によって様々な対象を当てはめることができるからこそ、この歌は今も歌い継がれているのではないか。

小説において我々が接することができるのは、「愛をくれし君」 の実像です。この小説に登場するのは、「あれ」、すなわち一度だけ願いをかなえる能力を持っている人々。一方にいるのは、学校でいじめられている女子中学生です。

縁もゆかりもない登場人物達はやがて、ユーミンの磁力に引き寄せられるかのように、苗場のライブ会場に集まってくるのでした。
そこで起こるのは、しかし奇跡ではありません。ただ、皆がライブを楽しむだけ。・・・・・・・なのだけれど、読後に漂ってくるのは、「春は、来る」 という濃厚な予感です。誰かのためになりたいという気持ちこそが春を呼ぶということを、「春よ、来い」 という歌と小説は、我々に教えてくれるのです。(二話共に解説より抜粋 by 酒井順子)

※あなたにもきっとあるはず、あったはずの事が書いてあります。その時流れていた曲が、もしも、たとえユーミンではなかったとしても - それはそれで一向に構いません。大事なのは、青春の (おそらくは) 悔恨とともに思い出す歌が今は生きるよすがとなっている、という点です。

この本を読んでみてください係数 85/100

関連記事

『白い衝動』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『白い衝動』呉 勝浩 講談社文庫 2019年8月9日第1刷 第20回大藪春彦賞受賞作

記事を読む

『雪の練習生』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『雪の練習生』多和田 葉子 新潮文庫 2023年10月5日 6刷 祝 National Bo

記事を読む

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』(町田そのこ)_書評という名の読書感想文

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』町田 そのこ 新潮文庫 2021年4月1日発行

記事を読む

『離れ折紙』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『離れ折紙』黒川 博行 文春文庫 2015年11月10日第一刷 コン・ゲームの名手による異色

記事を読む

『天頂より少し下って』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『天頂より少し下って』川上 弘美 小学館文庫 2014年7月13日初版 『天頂より少し下って

記事を読む

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 街外れで暮らすジャズ・ベー

記事を読む

『サンブンノニ』(木下半太)_書評という名の読書感想文

『サンブンノニ』木下 半太 角川文庫 2016年2月25日初版 銀行強盗で得た大金を山分けし、

記事を読む

『嫌な女』(桂望実)_書評という名の読書感想文

『嫌な女』桂 望実 光文社文庫 2013年8月5日6刷 初対面の相手でも、たちまち

記事を読む

『ぼくの死体をよろしくたのむ』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ぼくの死体をよろしくたのむ』川上 弘美 新潮文庫 2022年9月1日発行 うしろ

記事を読む

『殺人依存症』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『殺人依存症』櫛木 理宇 幻冬舎文庫 2020年10月10日初版 息子を六年前に亡

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『十七八より』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『十七八より』乗代 雄介 講談社文庫 2022年1月14日 第1刷発

『颶風の王』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『颶風の王』河﨑 秋子 角川文庫 2024年1月25日 8刷発行

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑