『世界でいちばん透きとおった物語』(杉井光)_書評という名の読書感想文

『世界でいちばん透きとおった物語』杉井 光 新潮文庫 2023年7月15日 9刷

王様のブランチ で超話題!! 10万部突破!! 衝撃のラストにあなたの見る世界は透きとおる紙の本でしか体験できない感動がある!

大御所ミステリ作家の宮内彰吾が死去した。宮内は妻帯者ながら多くの女性と交際し、そのうちの一人と子供までつくっていた。それが僕だ。「親父が 『世界でいちばん透きとおった物語』 という小説を死ぬ間際に書いていたらしい。何か知らないか」 宮内の長男からの連絡をきっかけに始まった遺稿探し。編集者の霧子さんの助言をもとに調べるのだが・・・。予測不能の結末が待つ、衝撃の物語。(新潮文庫)

帯に 「絶対に予測不能な衝撃のラストネタバレ厳禁! 」 とあります。

確かに、「衝撃」 は 「衝撃」 に違いないのですが、“普通によくある“ 衝撃ではありません。一味も二味も違う、いうなれば 「優れて知的な」 とでもいえばよいのでしょうか。答えは、読めば必ずわかります。なるほどと、深く頷くことでしょう。

(ネタバレしないように) 大外からいくつかヒントを出しておきましょう。

ヒント:その1

藤阪燈真 (ふじさか・とうま) =「僕」 は10歳のときにかなり重い病気にかかり、検査漬けの入院生活の末、かなり難しい脳外科手術を受けることになります。手術はうまくいくのですが、しばらくの間、目が完全に見えなくなってしまいます。しかし、幸いにも重篤なものではなくじきに戻る、と医者は言ったのでした。

二週間ほどたって、目が見えるようになってきます。ところが後遺症が残り、本を読んでいると目がちかちかしてつらくなります。日常生活ではさほど支障はないのですが、読書のときに困ります。

不思議なことに、PCやスマホの画面で文字を読んでも目の負担にはなりません。電子書籍を試してみると、問題なく読むことができます。紙の本の方がずっと好きだったのですが、背に腹は代えられません。

ヒント:その2 「可読性

『文章の可読性とは読みやすさに他ならない。読みやすい文章は、理解や記憶が容易で読む速度が速く、しかも連続して長く読み続けられることが、研究で示されている。読みやすさとは、文章と読者の相互作用の結果である。文章においては (1) 内容、(2) 文体、(3) デザイン、(4) 構造、が影響する。デザインには、媒体のレイアウト、イラスト、書体や色などが含まれる。 』 (出典:Wikipedia 可動性より)

ヒント:その3

尊敬する作家:京極夏彦 

※それでは本編を。乞うご期待!!

この本を読んでみてください係数 85/100

◆杉井 光
1978年東京都稲城市生まれ。

作品 電撃小説大賞の銀賞を受賞し、2006年 「火目の巫女」 でデビュー。「神様のメモ帳」 シリーズ 「楽園ノイズ」「終わる世界のアルバム」「蓮見律子の推理交響楽 比翼のバルカローレ」など

関連記事

『氷平線』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『氷平線』桜木 紫乃 文春文庫 2012年4月10日第一刷 桜木紫乃の初めての作品集。200

記事を読む

『主よ、永遠の休息を』(誉田哲也)_せめても、祈らずにはいられない。

『主よ、永遠の休息を』誉田 哲也 中公文庫 2019年12月25日5刷 「名無し少

記事を読む

『ザ・ロイヤルファミリー』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『ザ・ロイヤルファミリー』早見 和真 新潮文庫 2022年12月1日発行 読めば読

記事を読む

『砂漠ダンス』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『砂漠ダンス』山下 澄人 河出文庫 2017年3月30日初版 「砂漠へ行きたいと考えたのはテレビで

記事を読む

『霧/ウラル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『霧/ウラル』桜木 紫乃 小学館文庫 2018年11月11日初版 北海道最東端・根室は、国境の町で

記事を読む

『永遠の1/2 』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『永遠の1/2 』佐藤 正午 小学館文庫 2016年10月11日初版 失業したとたんにツキがまわっ

記事を読む

『徘徊タクシー』(坂口恭平)_書評という名の読書感想文

『徘徊タクシー』坂口 恭平 新潮文庫 2017年3月1日発行 徘徊癖をもつ90歳の曾祖母が、故郷熊

記事を読む

『幸せのプチ』(朱川湊人)_この人の本をたまに読みたくなるのはなぜなんだろう。

『幸せのプチ』朱川 湊人 文春文庫 2020年4月10日第1刷 夜中になると町を歩

記事を読む

『蜃気楼の犬』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『蜃気楼の犬』呉 勝浩 講談社文庫 2018年5月15日第一刷 県警本部捜査一課の番場は、二回りも

記事を読む

『1973年のピンボール』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『1973年のピンボール』村上 春樹 講談社 1980年6月20日初版 デビュー作『風の歌を聴け

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

『黒牢城』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『黒牢城』米澤 穂信 角川文庫 2024年6月25日 初版発行

『消された一家/北九州・連続監禁殺人事件』(豊田正義)_書評という名の読書感想文

『消された一家/北九州・連続監禁殺人事件』豊田 正義 新潮文庫 20

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑