『劇団42歳♂』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『劇団42歳♂』(田中兆子), 作家別(た行), 書評(か行), 田中兆子

『劇団42歳♂』田中 兆子 双葉社 2017年7月23日第一刷

大学で劇団を組んでいた5人の仲間。今は違う道を歩む彼らだが、卒業後20年の節目に「劇団42歳♂」を結成した。一日限りの公演に向けて「オセロー」に挑むが、各自の抱える事情もあり、稽古はなかなか捗らない。果たして幕は無事に上がるのか? そして彼らが直面する問題の行く末は? 迷える不惑の男たちにエールを贈る連作短編集。(アマゾン内容紹介より)

【本読みのプロからも絶賛! 】(榎本正樹氏/「小説現代」2017年9月号)
特筆すべきは『オセロー』の解釈小説として構成される趣向である。特に夫オセローの嫉妬によって殺される妻デズデモーナの謎めいた今際の言葉をめぐる解釈は、物語の牽引力となる。さらに役を演じる一人ひとりの実人生に、役柄自体が深く浸潤してくる。こうした演劇的な仕掛けから立ち上がってくるのは、四十代の男性の生き方をめぐる問いだ。劇団をサポートする唯一の女性が、男性共同体の手厳しい観察者となる設定に、田中ならではの着眼の妙が光る。理不尽な言葉にキレた仲間の失踪により上演の危機に陥った男たちの行く末はいかに・・・。

帯にデカデカとあるのですが、とにもかくにも 男の友情はややこしい。めんどくさくて、わかりにくい - ということが書いてあります。おまけに、シェイクスピアのことが少しわかって、ちょっと得した気分になります。

文藝春秋2018年1月号(私はYAHOOニュースの記事で知ったのですが)、角田光代さんが20歳の自分に読ませたい「わたしのベスト3 」 の中の一冊。角田さんがこの作品を選んだ理由は以下の通り。

『劇団42歳♂』 の登場人物たちは、みんな四十代だけれど、学生時代の演劇仲間だ。学生時代の私も演劇サークルに属していたから、倍の年齢を重ねてなお演劇熱の残っている、この小説の登場人物たちのことをよく理解しただろう。なぜ自分が大勢で創る演劇をやろうと思ったのかも再確認するだろう。そして年齢を重ねることが大人になることではないと、この小説を読んで思うのではないか。

年齢を重ねるだけでは大人にはなれない。年齢を重ねたからといって悩みや鬱屈が消えるわけではない。そのことを知っても、この小説は、四十二歳になることに決して失望させないと思うのだ。

どうです? 男性に限らず、女性にも(いや、むしろ女性にこそと言うべきか)ぜひ読んで欲しいものです。

田中兆子さんは、私の大のお気に入りです。よければ彼女のデビュー作 『甘いお菓子は食べません』 を読んでみてください。きっと、もっと好きになります。

※ちなみに、角田さんおススメのあと二冊はというと、

望むのは 古谷田 奈月/新潮社
無敵の二人中村 航/文藝春秋  です。こちらも、ぜひぜひ読んでみてください。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆田中 兆子
1964年富山県生まれ。8年間のOL生活ののち、専業主婦に。2011年「べしみ」で女による女のためのR-18文学賞大賞を受賞。同作を収録した『甘いお菓子は食べません』が初の単行本となる。本書は受賞後の第一作。

関連記事

『カゲロボ』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『カゲロボ』木皿 泉 新潮文庫 2022年6月1日発行 気づけば、涙。TVドラマ

記事を読む

『空海』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『空海』高村 薫 新潮社 2015年9月30日発行 空海は二人いた - そうとでも考えなければ

記事を読む

『月桃夜』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『月桃夜』遠田 潤子 新潮文庫 2015年12月1日発行 この世の終わりなら ふたりの全てが許され

記事を読む

『森の家』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『森の家』千早 茜 講談社文庫 2015年12月15日第一刷 自由のない家族関係を嫌う美里は、一回

記事を読む

『検事の信義』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の信義』柚月 裕子 角川書店 2019年4月20日初版 累計40万部突破 「佐

記事を読む

『実験』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『実験』田中 慎弥 新潮文庫 2013年2月1日発行 最近、好んで(という言い方が適切かどう

記事を読む

『青春ぱんだバンド』(瀧上耕)_書評という名の読書感想文

『青春ぱんだバンド』瀧上 耕 小学館文庫 2016年5月12日初版 鼻の奥がツンとする爽快青春小説

記事を読む

『地を這う虫』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『地を這う虫』高村 薫 文春文庫 1999年5月10日第一刷 高村薫と言えば硬質で緻密な文章で知

記事を読む

『これが私の優しさです』(谷川俊太郎)_書評という名の読書感想文

『これが私の優しさです』谷川 俊太郎 集英社文庫 1993年1月25日第一刷 1952年のデ

記事を読む

『琥珀の夏』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『琥珀の夏』辻村 深月 文春文庫 2023年9月10日第1刷 見つかったのは、ミカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑