『君のいない町が白く染まる』(安倍雄太郎)_書評という名の読書感想文

『君のいない町が白く染まる』安倍 雄太郎 小学館文庫 2018年2月27日初版

3月23日、僕は高円寺に引っ越した。駅を出ると、炭に焼かれる焼き鳥の匂いが鼻腔をくすぐり、路上ライブの弾き語りが響いている。僕の社会人生活がいよいよここから始まるんだと思いながら眠った夜、幽霊のアカネが現れた。この世を彷徨い続ける彼女はここに置いてと懇願。呪いが怖い僕は、アカネを追い払えず幽霊と同居することに。その結果、僕はアカネにどうしようもなく恋してしまった。これは、12月24日深夜に彼女をあの世に見送るまでの僕の恋の日記であり、彼女を取り巻く人達の話だ。- アカネ、僕は君をどうすれば引き留められたのかな。(小学館文庫)

第18回小学館文庫小説賞受賞作品

ある日部屋に戻ると、そこには幽霊がいた。名を、アカネという。

いきなりの、(幽霊にはあるまじき)横柄な態度と明け透けなもの言いはどうかとも思うが、嫌味がないので憎めない。人よりもなお臆病ではあるものの、白川ケイにしてみれば、実はまんざらでもなかった - はずである。アカネが、要は “可愛かった” のである。

幽霊と言っても、姿かたちはくっきりしているし、足もある。というより幽霊ってこんなに軽い雰囲気を纏っているものだろうか。ただの人間、あるいはただの女子大生にしか見えない。童顔で、ややふっくらとした張りのある頬は健康的な若々しさを表している。歯並びは良く、どの歯も純白に輝いていた。七分袖の白いシャツに、フリル付きのピンクのロングスカートを穿いており、髪には生意気にも緩いウェーブなんかかけてやがる。挙げ句の果てに惚れ惚れするくらい完璧なメークをしていて、肌艶は僕よりもずっと良く、表情からも自信が溢れている。幽霊が聞いて呆れる女子力だ。(P23)

最初彼女は、ベッドと冷蔵庫とビールの缶しか触れない。そのうち、ペンが持てるようになる。彼女はとても字が上手い。見惚れるほどの腕前である。そして、それとは別に、何よりビールが好物だ。

社会人一年生となり、高円寺にある真新しいアパートに引っ越して来て、いざ初出勤という間際になって白川ケイに訪れた不意の出来事は、これから先、彼の人生に如何なる影響を及ぼすことになるのだろうか。

彼には知る由もない。アカネの過去も、アカネがなぜ死んでまでこの世に留まっているのかも・・・・・・・

※この小説は、つまりは、真面目でやや軟弱な青年・白川ケイが、幽霊の、そんな彼女に恋をした。というお話です。

こんなのをライトノベルというのでしょうか? 昔の小説を読み慣れたオジさんには少々軽すぎて物足りなくも感じるのですが。しかし、おそらくそうではないのでしょう。

若い人(特に女子)なら、涙するかもしれません。軽いノリにしても、かえってその方がリアルでよく “わかる” のだと思います。書いてあるのは、紛れもなく「純愛」の物語です。

この本を読んでみてください係数  80/100

◆安倍 雄太郎
1991年東京都台東区生まれ。
学習院大学経済学部経営学科卒業。

作品 本作で第18回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。

関連記事

『藻屑蟹』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『藻屑蟹』赤松 利市 徳間文庫 2019年3月15日初刷 一号機が爆発した。原発事

記事を読む

『国道沿いのファミレス』(畑野智美)_書評という名の読書感想文

『国道沿いのファミレス』畑野 智美 集英社文庫 2013年5月25日第一刷 佐藤善幸、外食チェーン

記事を読む

『検事の信義』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の信義』柚月 裕子 角川書店 2019年4月20日初版 累計40万部突破 「佐

記事を読む

『夏をなくした少年たち』(生馬直樹)_書評という名の読書感想文

『夏をなくした少年たち』生馬 直樹 新潮文庫 2019年8月1日発行 第3回 新潮ミ

記事を読む

『緑の花と赤い芝生』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『緑の花と赤い芝生』伊藤 朱里 小学館文庫 2023年7月11日初版第1刷発行 「

記事を読む

『くちぶえ番長』(重松清)_書評という名の読書感想文

『くちぶえ番長』重松 清 新潮文庫 2020年9月15日30刷 マコトとは、それき

記事を読む

『文身』(岩井圭也)_書評という名の読書感想文

『文身』岩井 圭也 祥伝社文庫 2023年3月20日初版第1刷発行 この小説に書か

記事を読む

『EPITAPH東京』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『EPITAPH東京』恩田 陸 朝日文庫 2018年4月30日第一刷 東日本大震災を経て、刻々と変

記事を読む

『東京零年』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『東京零年』赤川 次郎 集英社文庫 2018年10月25日第一刷 殺されたはずの男が生きていた -

記事を読む

『ホテル・アイリス』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ホテル・アイリス』小川 洋子 幻冬舎文庫 1998年8月25日初版 これは小川洋子が書いた、ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑