『ファーストクラッシュ』(山田詠美)_ 私を見て。誰より “私を” 見てほしい。

公開日: : 最終更新日:2024/01/09 『ファーストクラッシュ』(山田詠美), 作家別(や行), 山田詠美, 書評(は行)

『ファーストクラッシュ』山田 詠美 文藝春秋 2019年10月30日第1刷

初恋、それは身も心も砕くもの。- 母を亡くし、高見澤家で暮らすことになった少年に、三姉妹はそれぞれに心を奪われていく。プリズムのように輝き、胸を焼く記憶の欠片たち。現代最高の女性作家が紡ぎだす、芳醇な恋愛小説。(文藝春秋)

山田詠美の新刊 『ファーストクラッシュ』 を読みました。

よくある恋愛話ではありますが、よくよく読むと、単に惚れた腫れたの話だけではないのがわかります。思い出してみてください。油断をすると、泣くかもしれません。

山田詠美の多くの作品がそうですが、これもまたその一つで、誰も真似ができない、清く正しく美しく、それでいて妙に艶っぽくもあり、数多ある恋愛小説とは一味も二味も違います。

登場する三姉妹それぞれの、その時 - まさにクラッシュしたその瞬間 - の心情を過不足なく描き出してみせるのは、さすがというほかありません。三人は、それぞれがその年齢に相応しく、それぞれに “お似合い” の恋をします。

その恋のあり方は、物語のはじめ、二女の咲也の言葉によって予告されます。それが、

初恋は、しばしば ファースト ラヴ と訳されるけれども、そこでイメージされる淡い想いとか甘酸っぱい感じとは全然違うと私は感じている。少なくとも、私の場合は違っていたということだ。可愛らしく微笑ましいものなんかじゃなかった。それは、相手の内なる何かを叩き壊したいという欲望、まさに、クラッシュな行為。(第一部 P7.8)

というもの。

さて - では当時、三姉妹を三姉妹ごと虜にした (といっても、そのスチュエーションはまるで違うのですが) 相手はというと - 、

その少年は、姉妹が暮らす高見澤家に突然やって来たのでした。歳は11歳。名は新堂力 (しんどう・りき) といいます。彼は、かつて三姉妹の父が愛した人の連れ子で、彼女が死んで身寄りがなくなったため、高見澤家に引き取られてきたのでした。

彼との出会いは、姉の麗子が12歳、二女の咲也が10歳で、末っ子の薫子が6歳の時でした。

高見澤家は裕福で、家族は何不自由のない暮らしをしています。主の夫は留守がちで、あとは女ばかりの中に放り込まれた当初の力は、居場所が定まらず、姉妹の母からは心ない言葉を投げかけられたりします。夫の愛人の連れ子となれば、それも当然のことでした。

三姉妹はというと、こちらはとにもかくにも、同じ年頃の少年の存在そのものが珍しく興味津々で、関わりたいような関わりたくはないような、そんな感じで過ごします。唯一人、末っ子の薫子だけは違い、二人はすぐにじゃれ合うような仲になります。

母を含め、麗子と咲也はさすがに薫子のようにはいきません。互いに遠目に見ては近づくチャンスを窺うような、ぎこちない日々が続きます。そのうち段々と、彼女らの心を捉まえ出したのは力の方でした。彼には (誰もが) そうなるだけの魅力があります。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆山田 詠美
1959年東京都板橋区生まれ。
明治大学日本文学科中退。

作品 「僕は勉強ができない」「蝶々の纏足・風葬の教室」「ソウル・ミュージック ラバーズ・オンリー」「ベッドタイムアイズ」「色彩の息子」「風味絶佳」「つみびと」他多数

関連記事

『僕はロボットごしの君に恋をする』(山田悠介)_幾つであろうと仕方ない。切ないものは切ない。

『僕はロボットごしの君に恋をする』山田 悠介 河出文庫 2020年4月30日初版

記事を読む

『孤狼の血』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『孤狼の血』柚月 裕子 角川文庫 2017年8月25日初版 昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配

記事を読む

『白昼夢の森の少女』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

『白昼夢の森の少女』恒川 光太郎 角川ホラー文庫 2022年5月25日初版 地獄を

記事を読む

『パイナップルの彼方』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『パイナップルの彼方』山本 文緒 角川文庫 2022年1月25日改版初版発行 生き

記事を読む

『裸の華』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『裸の華』桜木 紫乃 集英社文庫 2019年3月25日第一刷 「時々、泣きます」

記事を読む

『部長と池袋』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『部長と池袋』姫野 カオルコ 光文社文庫 2015年1月20日初版 最近出た、文庫オリジナル

記事を読む

『白衣の嘘』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『白衣の嘘』長岡 弘樹 角川文庫 2019年1月25日初版 苦手な縫合の練習のため

記事を読む

『飛族』(村田喜代子)_書評という名の読書感想文

『飛族』村田 喜代子 文春文庫 2022年1月10日第1刷 むかしは漁業で繁栄して

記事を読む

『箱庭図書館』(乙一)_書評という名の読書感想文

『箱庭図書館』乙一 集英社文庫 2013年11月25日第一刷 僕が小説を書くようになったのには、心

記事を読む

『憤死』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『憤死』綿矢 りさ 河出文庫 2015年3月20日初版 「憤死」 この短編は、文字通り「憤死

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑