『本を読んだら散歩に行こう』(村井理子)_書評という名の読書感想文

『本を読んだら散歩に行こう』村井 理子 集英社 2022年12月11日第3刷発行

実兄の突然死をめぐる 『兄の終い』、認知症の義母を描く 『全員悪人』、壊れてしまった実家の家族について触れた 『家族』。大反響のエッセイを連発する、人気翻訳家の村井理子さん。認知症が進行する義母の介護、双子の息子たちの高校受験、積み重なりゆく仕事、長引くコロナ禍・・・・・・・ハプニング続きの日々のなかで、愛犬のラブラドール、ハリーを横に開くのは、読書家としても知られる著者の読書案内を兼ねた濃厚エピソード満載のエッセイ集。

「本は私が必要とするそのときまで、じっと動かず、静かにそこで待っていてくれる。人間は信用できない。信用できるのは、本、それから犬だけだ」 (本書 「はじめに」 より一部抜粋)

以下、目次一部。
突然死した兄の汚部屋の饒舌さ/本とともにやってきたはじめての本気の恋/お弁当時間、女子中学生の憂鬱/金色の目をした黒猫の残像/母の葬儀は、本人希望のレディースセット/十回目の三月十一日に愛犬の横で流す涙/焼酎4リットルパックが伝える兄の最期のメッセージ/実家から去っていった大切なペットたち/中学三年受験生の悩める母の夏/夫の両親に贈った大型テレビの行く末/仕事のやる気スイッチを押した最恐物件/四十代とは違う五十代の本当の恐ろしさ/流れの速い川を進む兄と、母の叫び声/認知症進行中の義母の舌に残る菓子の味/実兄よりも兄として慕った音信不通のままの男性/義両親と過ごす修行を経て戻った大好きな正月・・・・・・・他、全40章。(集英社)

(本に巻かれた) 帯は、こうです。

大反響重版!

本の中に、自分の体験や感情に近いものを見つけると、ほっとする。
いま、こうやって、わたしが村井さんの本に慰められたように。 中島京子小説家

なぜ人生には本が必要なのか、
その秘密が著者の人生を通して描かれている。 三砂慶明 (「読書室主宰

笑わせてくれる一篇もあれば、
素晴らしい掌編小説を思わせる一篇もある。 宮下奈都小説家


誠に情けなくはありますが、嘘は書けません。結論を言いますと、買ったのは - 完全に失敗でした。

但し、内容がどうこうというのではありません。そもそもが、私が読みたいと思うものではなかったということです。大きな勘違いでした。よく確かめもせず、買った私が悪かった。

読むと、この本が評判で、売れているのはよくわかります。平易な文章で、庶民目線で、そのうえ生活全般にわたる著者の興味のありどころ、目のつけどころは、言わずとも読者の気を惹くことでしょう。

著者が書いたもので読んだのは 『兄の終い』 ただ一冊で、このとき村井理子という人を初めて知りました。彼女は翻訳家であり、人気のエッセイストであるわけですが -、小説家ではありません。

『兄の終い』 を小説のように読んだ私は、(もう一度言います、よく確かめもせず) これもてっきり小説だと、迷うことなく手に取ったのでした。

家に帰り、本を開き、「はじめに」 を読むとすぐに気が付きました。これは著者が読んだものの中から自らチョイスした、あらゆる日常生活を送るうえでの、知恵と勇気と元気を与える 「おススメ本」 の紹介のためのエッセイ集なんだと・・・・・・・。

一日ですぐに読めました。『兄の終い』 についてのエピソードなんかもあり、興味深く面白くもあったのですが、もしも内容がこうだとわかっていれば、たぶん私はこの本は買わなかっただろうと。私ではなく、他の誰かのためにある本だと思うからです。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆村井 理子
1970年静岡県生まれ。翻訳家/エッセイスト

作品 「犬ニモマケズ」「犬(きみ)がいるから」「村井さんちのぎゅうぎゅう焼き」「ブッシュ妄言録」「兄の終い」他多数

関連記事

『生きてるだけで、愛。』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『生きてるだけで、愛。』本谷 有希子 新潮文庫 2009年3月1日発行 あたしってなんでこんな

記事を読む

『豆の上で眠る』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『豆の上で眠る』湊 かなえ 新潮文庫 2017年7月1日発行 小学校一年生の時、結衣子の二歳上の姉

記事を読む

『氷菓 The niece of time』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『氷菓 The niece of time』米澤穂信 角川文庫 2001年11月1日初版 米澤穂

記事を読む

『飛族』(村田喜代子)_書評という名の読書感想文

『飛族』村田 喜代子 文春文庫 2022年1月10日第1刷 むかしは漁業で繁栄して

記事を読む

『ブラックライダー』(東山彰良)_書評という名の読書感想文_その1

『ブラックライダー』(その1)東山 彰良 新潮文庫 2015年11月1日発行 ここは、地球の歴

記事を読む

『ふたたび嗤う淑女』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ふたたび嗤う淑女』中山 七里 実業之日本社文庫 2021年8月15日初版第1刷

記事を読む

『儚い羊たちの祝宴』(米澤穂信)_名手が放つ邪悪な五つの物語

『儚い羊たちの祝宴』米澤 穂信 新潮文庫 2019年6月5日12刷 味わえ、絶対零

記事を読む

『蟻の棲み家』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『蟻の棲み家』望月 諒子 新潮文庫 2021年11月1日発行 誰にも愛されない女が

記事を読む

『平場の月』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『平場の月』朝倉 かすみ 光文社 2018年12月20日初版 五十歳の再会 『平

記事を読む

『火のないところに煙は』(芦沢央)_絶対に疑ってはいけない。

『火のないところに煙は』芦沢 央 新潮社 2019年1月25日8刷 「神楽坂を舞台

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『颶風の王』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『颶風の王』河﨑 秋子 角川文庫 2024年1月25日 8刷発行

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑