『天使が怪獣になる前に』(山田悠介)_書評という名の読書感想文

『天使が怪獣になる前に』山田 悠介 文芸社文庫 2015年2月15日初版


【文庫】 天使が怪獣になる前に (文芸社文庫)

 

中高生にダントツの人気があるらしい。文庫の平積みスペースに山積みされているこの人の本が書店に行く度に気になっていたのですが、やっと買う気になりました。

これはシリーズの第2弾になるようです。先に出ている『君がいる時はいつも雨』に続く作品で、〈生まれてこなかった子どもたち〉シリーズとでも言えばよいでしょうか。
・・・・・・・・・・
【 雨とともに現れる、自称〈正義のヒーロー〉”孝平” 】

孝平は兄の孝広を助けるために、生まれてこなかった子どもたちが暮らしている世界・コドモランドからやってきた少年で、この世の人間ではありません。

兄の孝広が幼いころに両親は交通事故で亡くなっているのですが、そのとき母親のお腹の中にいたのが孝平でした。前作は孝平と孝広の物語ですが、本作で再び現実の人間界へやってきた孝平が出会うのは、一人の天使のような少年です。

正確に言いますと、この小説中の孝平はコドモランドから〈直接〉やってきたのではありません。コドモランドと現実世界の中間にある、真っ白い〈無の空間〉。そこが現在の孝平の住み家です。〈無の空間〉には壁がなく、季節もなくて、昼と夜の区別もありません。

一度でも人間界へ行ってしまうと、簡単にはコドモランドには戻れません。孝平はますますコドモランドヘ戻れなくなるのを分かっていながらも、もう一度人間界に行ってみようかなどと思っています。孝平は、ただただ退屈だったのです。
・・・・・・・・・・
そこは小さな公園でした。真冬ですが、孝平はTシャツと短パン姿です。孝平は寒さを一切感じません。孝平に寒さは関係ないのです。次第に雨が強く降り出します。コドモランドから抜け出した者には神様からひとつの罰が与えられます。孝平の場合、それが雨です。

孝平が人間界にいる間は、常に雨が降っています。雨の中、公園の出口付近に少年が立っています。冷たい雨に打たれながら、何かを熱心に眺めています。くるくるパーマのかかったふんわり頭の少年は、女の子みたいな可愛らしい顔立ちで、まるで天使のようです。

名前を訊ねると、少年は「高山」とだけ名乗って下の名前を言おうとしません。孝平は仕方なく、少年のことを「ナナシ」と名付けます。再三遊ぼうと誘う孝平ですが、ナナシは無視するばかりで、その場を動こうとはしません。

ナナシの目的は、母親に会うことでした。孝平が2度目にナナシと出会った時、彼は〈高山弁当店〉と書かれた派手な車で弁当を売る、30歳くらいの髪の長い女性を一心に見つめていたのですが、その女性がナナシの母親で、公園で彼が見つめていたのは彼女が住む建物だったのです。

ナナシは、コドモランドからやってきた子どもでした。孝平がそれに気付いたのは、地震のせいです。ナナシが泣き出すのに合わせたように、地面が揺れます。ナナシが持っているペロペロキャンディを孝平が無理やり掴み取ろうとした時が、まずそうでした。

決定的なのは、正美が同級生らしき4人組に囲まれた時です。正美は、もしナナシが生まれていたら彼の弟です。母親の弁当を貶す4人組に、正美は激しく反論します。背後にいたナナシが、堪らず泣き声を洩らします。その瞬間、ユラッと地面が不気味に揺れたのでした。

孝平にとっての〈雨〉が、ナナシの場合は〈地震〉でした。ナナシが泣くと地面が揺れます。ナナシは、母親の照美が身籠った末に流産した子どもだったのです。次に生まれたのが正美で、その後に照美は離婚して現在は母と子の2人暮らしです。
・・・・・・・・・・
孝平が照美に対して、ナナシの正体を打ち明けるところからが物語の第二幕です。最初は半信半疑の照美ですが、孝平が言う事は一々正しく、何より照美自身に覚えのあることですから否定のしようもありません。

正美もナナシと打ち解けて、一旦は3人の家族が再生したかに思えます。ところが、思わぬことから事態は暗転して行きます。世間からの予期せぬ中傷や、照美の元夫・正光が仕掛けた陰湿な企みが、この後次第にナナシを追い詰めていくことになります。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


【文庫】 天使が怪獣になる前に (文芸社文庫)

◆山田 悠介
1981年東京都生まれ。
神奈川県の大和市立南林間中学校と平塚学園高等学校卒業。

作品 「リアル鬼ごっこ」「親指さがし」「ブレーキ」「名のないシシャ」「奥の奥の森の奥に、いる。」「貴族と奴隷」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
おかげさまでランキング上位が近づいてきました!嬉しい限りです!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『たった、それだけ』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『たった、それだけ』宮下 奈都 双葉文庫 2017年1月15日第一刷 たった、それだけ (双葉

記事を読む

『ツタよ、ツタ』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『ツタよ、ツタ』大島 真寿美 小学館文庫 2019年12月11日初版 ツタよ、ツタ (小学館

記事を読む

『トリップ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『トリップ』角田 光代 光文社文庫 2007年2月20日初版 トリップ (光文社文庫) 普通

記事を読む

『回遊人』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『回遊人』吉村 萬壱 徳間書店 2017年9月30日初刷 回遊人 (文芸書) 妻か、妻の友人

記事を読む

『色彩の息子』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『色彩の息子』山田 詠美 集英社文庫 2014年11月25日初版 色彩の息子 (集英社文庫)

記事を読む

『対岸の彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『対岸の彼女』角田 光代 文春文庫 2007年10月10日第一刷 対岸の彼女 (文春文庫)

記事を読む

『道徳の時間』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『道徳の時間』呉 勝浩 講談社文庫 2017年8月9日第一刷 道徳の時間 (講談社文庫) 道

記事を読む

『妻が椎茸だったころ』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『妻が椎茸だったころ』中島 京子 講談社文庫 2016年12月15日第一刷 妻が椎茸だったころ

記事を読む

『検事の本懐』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の本懐』柚月 裕子 角川文庫 2018年9月5日3刷 検事の本懐 (角川文庫)

記事を読む

『Iの悲劇』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『Iの悲劇』米澤 穂信 文藝春秋 2019年9月25日第1刷 Iの悲劇 序章 Iの悲劇

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『おもかげ』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『おもかげ』浅田 次郎 講談社文庫 2021年2月17日第4刷発行

『ぼくがきみを殺すまで』(あさのあつこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくがきみを殺すまで』あさの あつこ 朝日文庫 2021年3月30

『52ヘルツのクジラたち』(町田そのこ)_書評という名の読書感想文

『52ヘルツのクジラたち』町田 そのこ 中央公論新社 2021年4月

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』(町田そのこ)_書評という名の読書感想文

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』町田 そのこ 新潮文庫 2021年

『リバース&リバース』(奥田亜希子)_書評という名の読書感想文

『リバース&リバース』奥田 亜希子 新潮文庫 2021年4月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑