『草祭』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『草祭』(恒川光太郎), 作家別(た行), 恒川光太郎, 書評(か行)

『草祭』恒川 光太郎 新潮文庫 2011年5月1日 発行

たとえば、苔むして古びた水路の先、住宅街にひしめく路地のつきあたり。理由も分からずたどりつく、この世界のひとつ奥にある美しい町美奥。母親から無理心中を強いられた少年、いじめの標的にされた少女、壮絶な結婚生活の終焉をむかえた女・・・・・・・。ふとした瞬間迷い込み、その土地に染みこんだ深い因果に触れた者だけが知る、生きる不思議、死ぬ不思議、神妙な命の流転を描く、圧倒的傑作。(新潮文庫)

不思議な町の、物の怪 (もののけ) の気配漂う物語。その町は、この世界のひとつ奥にあるといいます。〈美奥〉 は、誰もが行けるところではありません。導かれ、行けと言われてはじめて行ける場所です。

この小説集 『草祭』 は、「美奥」 という奇妙な土地を舞台にした五つの物語が収録されている。現実から少し離れた不思議な世界が展開し、神話や民話のような肌触りをもつ作品ばかりだ。

舞台となっている不思議な土地 「美奥」 は、作中の言葉を借りると 〈この世界の一つ奥にある美しい町〉 である。「夜市」 のように別の世界とまじわる 〈境界〉 というよりも、そのままこの世のむこうの 〈異界〉 として描かれている。そこには人間が言葉を持つ以前、動物だったころの原風景が広がっている。読んでいると、どこか懐かしい気持ちを抱いたり、奇妙な安らぎを感じたりするのも当然だ。

しかし、神話や民話のようだといいながら、「けものはら」 で扱われる母子心中にせよ、「屋根猩猩」 でヒロインが受ける学校のいじめにせよ、「朝の朧町」 の不倫殺人にせよ、なにか現代社会の暗い一面をテーマにしているようにも思える。なぜこのような殺伐とした事件が扱われ、それが美奥を舞台に展開していくのだろうか。(解説より)

「夜市」:著者の小説で初めて読んだ作品で、そういえば本作とよく似た感じがしたのを覚えています。

※「限りなくファンタジーに近いホラー」 とでも言えばよいのでしょうか。現代的な話の中に昔々の妖しげな逸話が交ざり込み、ちょっとホラーなところもあって・・・・・・・夢と現実の間を行ったり来たりしつつ読み終えました。第三話 「くさのゆめがたり」 と第四話 「天化の宿」 がお薦めです。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆恒川 光太郎
1973年東京都武蔵野市生まれ。
大東文化大学経済学部卒業。

作品 「夜市」「雷の季節の終わりに」「金色の獣、彼方に向かう」「秋の牢獄」「金色機械」「滅びの園」他多数

関連記事

『献灯使』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『献灯使』多和田 葉子 講談社文庫 2017年8月9日第一刷 大災厄に見舞われ、外来語も自動車もイ

記事を読む

『欺す衆生』(月村了衛)_書評という名の読書感想文

『欺す衆生』月村 了衛 新潮文庫 2022年3月1日発行 詐欺の天才が闇の帝王に成

記事を読む

『アンチェルの蝶』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『アンチェルの蝶』遠田 潤子 光文社文庫 2014年1月20日初版 大阪の港町で居酒屋を経営する藤

記事を読む

『後妻業』黒川博行_書評という名の読書感想文(その2)

『後妻業』(その2) 黒川 博行 文芸春秋 2014年8月30日第一刷 ※二部構成になってます。

記事を読む

『神様』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『神様』川上 弘美 中公文庫 2001年10月25日初版 なぜなんだろうと。なぜ私はこの人の小説

記事を読む

『カエルの楽園』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園』百田 尚樹 新潮文庫 2017年9月1日発行 平和な地を求め旅に出たアマガエルのソ

記事を読む

『虚談』(京極夏彦)_この現実はすべて虚構だ/書評という名の読書感想文

『虚談』京極 夏彦 角川文庫 2021年10月25日初版 *表紙の画をよく見てくださ

記事を読む

『この話、続けてもいいですか。』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『この話、続けてもいいですか。』西 加奈子 ちくま文庫 2011年11月10日第一刷 先日たまた

記事を読む

『ここは退屈迎えに来て』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『ここは退屈迎えに来て』山内 マリコ 幻冬舎文庫 2014年4月10日初版 そばにいても離れて

記事を読む

『空中ブランコ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『空中ブランコ』奥田 英朗 文芸春秋 2004年4月25日第一刷 『最悪』『邪魔』とクライム・ノ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

『あいにくあんたのためじゃない』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『あいにくあんたのためじゃない』柚木 麻子 新潮社 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑