『鸚鵡楼の惨劇』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『鸚鵡楼の惨劇』真梨 幸子 小学館文庫 2015年7月12日初版


鸚鵡楼の惨劇 (小学館文庫)

 

1962年、西新宿。十二社の花街に建つ洋館「鸚鵡楼」で惨殺事件が発生する。しかし、その記録は闇に葬られた。時は流れて、バブル全盛の1991年。鸚鵡楼の跡地に建った高級マンションでセレブライフを送る人気エッセイストの蜂塚沙保里は、強い恐怖にとらわれていた。「私は将来、息子に殺される」- それは沙保里の人生唯一の汚点とも言える男の呪縛だった。2013年まで半世紀にわたり、因縁の地で繰り返し起きる忌まわしき事件。その全貌が明らかになる時、驚愕と戦慄に襲われる!! 〈イヤミス〉の女王史上最も危険なサスペンス。(小学館文庫解説より)

一章 1962年 新宿十二社
ここでは昭和37年(1962年)の11月、東京都新宿区十二社の料亭「鸚鵡楼」で発生した殺人事件の発端が語られます。語り手は当時12歳、小学6年生の「僕」。「僕」は十二社通りの商店街にある洋食屋「十二社亭」の息子で、「こうちゃん」と呼ばれています。

「僕」と同じクラスに「ミズキ」という名の少女がいます。ミズキは置屋の娘。すでに客の相手をしているのが分かったのは、「僕」が出前を頼まれたときのことです。小太りオヤジにいたぶられる彼女の姿を、見てはならぬと思いつつ「僕」は見ずにはおけません。

章の最後 - 友達から「こうちゃんは、将来は、何になるの? 」と訊かれた「僕」は、密かにこんなことを思っています。

僕は、きっと、犯罪者になるだろう。
より大きな興奮を求めて、次々と獲物を見つけ、そして罪を犯すのだ。そして、ついには、蛆虫のように、ゴミの中で死んでいくのだ。きっと、それが僕という人間のあり方だ。誰にも止められない。

二章 1991年 テレゴニー
この物語の主たる人物が続々と登場します。まず冒頭では「河上航一」なる被告人の罪状が縷々述べられます。幼い女児を狙い、暴行や強迫を加え、着衣を脱がせ、その乳房や陰部を触り、陰茎を押しあてるなどした罪により、彼には懲役7年の刑が言い渡されます。

その河上とかつて交際していたのが、沙保里。沙保里はすでに「蜂塚祥雄」と結婚して「蜂塚沙保里」になっています。OL時代にたまたま社内報に寄稿したエッセイが女性誌に転載され、それが評判で連載が始まり、今では誰もが知るエッセイストになっています。

沙保里は、現在31歳。4歳になる「駿」という息子がおり、今また妊娠中の身です。駿はたいそう利発な子供なのですが、沙保里には少々心配なことがあります。男の子なのに、女の子のお友達が持っている着せ替え人形に興味を示すのが気になって仕方ありません。

沙保里のマネージャー的な仕事をしているのが「南川千鶴子」で、彼女は、沙保里には人が見えないものが見えると言います。例えば人の後ろにいる人の影であるとか、人の過去とか未来とかが - そして、不確かながらも、沙保里自身にもそんな覚えがあります。

そんな覚えがあってかどうかは分からないのですが、沙保里の駿に対する気懸かりは、実は少々程度のものではありません。誰にも言えない心の内では、沙保里は駿のことをひどく恐れています - あの子が、私を睨みつけている。憎しみを宿した目で・・・と。

沙保里が今住んでいるのは、甲州街道から十二社通りに折れてすぐの場所にある高級マンション。9階の部屋を月50万円払って借りています。この「ベルヴェデーレ・パロット」と名づけられたマンションは、以前そこにあった洋館「鸚鵡楼」の跡地に建っています。

※「テレゴニー」とは、前に交尾したオスの特徴が、他のオスとの間にできた子供に遺伝するという説。メスが雑種と一度でも交尾してしまうと、そのあとサラブレッドと交尾して仔馬を産んでも、その仔馬は厳密にはサラブレッドとは言えないという説のこと。

三章 2006年 マザーファッカー
四章 2013年 再現
五章 2013年 鸚鵡楼の晩餐

二章では紹介し切れなかったのですが、沙保里の義妹にあたる「依子」や義母の「京子」のこともしっかり頭に入れた上で読み進めてください。物語の始めに登場する「大倉悟志」という若い編集者も忘れずにいてください。後半、立場を変えて再び登場します。

他にも沙保里と同じマンションのママ友連中や、催眠術で記憶を遡らせて心の闇を治療するというセプノセラピストのREIKO、彼女に寄り添う黒スーツの女といった得体の知れない人物などが登場します。

いずれにしても、蜂塚祥雄と沙保里が殺害された通称「鸚鵡楼の惨劇」の真相を解明することが全てを解くカギになります。1991年9月15日。そのとき、河上航一は、駿は、あるいはそれ以外の関係者達は、どこで何をしていたのでしょう。

その全容が、三章からあと詳細に語られます。そこには、ここに登場しない、また別の人物が登場します。どうかみなさん、くれぐれも作者の仕掛けた罠に嵌らないでください。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


鸚鵡楼の惨劇 (小学館文庫)

 

◆真梨 幸子
1964年宮崎県生まれ。
多摩芸術学園映画科(現、多摩芸術大学映像演劇学科)卒業。

作品 「孤虫症」「殺人鬼フジコの衝動」「深く深く、砂に埋めて」「女ともだち」「あの女」「えんじ色心中」「人生相談」「お引っ越し」他多数

関連記事

『臣女(おみおんな)』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『臣女(おみおんな)』吉村 萬壱 徳間文庫 2016年9月15日初版 臣女 (徳間文庫) 夫

記事を読む

『アズミ・ハルコは行方不明』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『アズミ・ハルコは行方不明』山内 マリコ 幻冬舎文庫 2015年10月20日初版 アズミ・ハル

記事を読む

『一億円のさようなら』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『一億円のさようなら』白石 一文 徳間書店 2018年7月31日初刷 一億円のさようなら (文芸書

記事を読む

『送り火』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『送り火』高橋 弘希 文藝春秋 2018年7月25日第一刷 送り火 春休み、東京から山間の町

記事を読む

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月5日27刷 ケーキの切れ

記事を読む

『赤頭巾ちゃん気をつけて』(庄司薫)_書評という名の読書感想文

『赤頭巾ちゃん気をつけて』庄司 薫 中公文庫 1995年11月18日初版 赤頭巾ちゃん気をつけ

記事を読む

『R.S.ヴィラセリョール』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『R.S.ヴィラセリョール』乙川 優三郎 新潮社 2017年3月30日発行 R.S.ヴィラセニ

記事を読む

『雨の鎮魂歌』(沢村鐵)_書評という名の読書感想文

『雨の鎮魂歌』沢村 鐵 中公文庫 2018年10月25日初版 雨の鎮魂歌 (中公文庫)

記事を読む

『噂』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『噂』荻原 浩 新潮文庫 2018年7月10日31刷 噂 (新潮文庫) 「レインマンが出没し

記事を読む

『夫の骨』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『夫の骨』矢樹 純 祥伝社文庫 2019年4月20日初版 夫の骨 (祥伝社文庫) 昨年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『新装版 人殺し』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『新装版 人殺し』明野 照葉 ハルキ文庫 2021年8月18日新装版

『三千円の使いかた』(原田ひ香)_書評という名の読書感想文

『三千円の使いかた』原田 ひ香 中公文庫 2021年8月25日初版

『トリニティ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『トリニティ』窪 美澄 新潮文庫 2021年9月1日発行 トリ

『エリザベスの友達』(村田喜代子)_書評という名の読書感想文

『エリザベスの友達』村田 喜代子 新潮文庫 2021年9月1日発行

『殺人カルテ 臨床心理士・月島繭子』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『殺人カルテ 臨床心理士・月島繭子』大石 圭 光文社文庫 2021年

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑