『白い部屋で月の歌を』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/14 『白い部屋で月の歌を』(朱川湊人), 作家別(さ行), 書評(さ行), 朱川湊人

『白い部屋で月の歌を』 朱川 湊人 角川ホラー文庫 2003年11月10日初版

第10回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作品 

物語の舞台は、霊能力者シシィ姫羅木と除霊のためにシシィに自らの躰を提供するジュンが創り出す現世と来世の空間「白い部屋」。二人の仕事は、現世に未練を残したままの救われない霊魂を、ジュンの体内=白い部屋へ導き入れては速やかに来世へ送り出す(=除霊する)ことです。

霊能力者のシシィとジュンの実像を具体的にイメージできる描写がないまま物語は進行していきます。それがこの小説の不気味で気持ちが悪いところ。それでもどうやらジュンが正常に発育していない男子であることだけは読み取ることができます。

歩くのが困難で、いつもは横になっていること。動物の絵本を与えられて喜ぶくらいの知能の低さ。しかし、子供かと思いきや、シシィとのセックスシーンが出てきたりします。(但し、一方的に忘我で咆哮するシシィには耐えられぬ嫌悪を抱いています)シシィの意のままに操られる玩具のようなジュン - といったところでしょうか。

ある日、特別な依頼が舞い込みます。

いつもの亡くなった人の霊魂を鎮めて来世へ送るのではなく、生きている人間の霊魂を元の躰へ戻してほしいという依頼で、二十歳の女性恵利香の霊魂は、凶行に遭った事件現場の地場につかまったままの状態でした。

何とか恵利香を救うことに成功するのですが、白い部屋で今までになく恵利香と語らったジュンはその面影に恋をしてしまいます。恵利香を白い部屋から出そうと躍起になるシシィに、はじめてジュンは抵抗を示します。恵利香の身代わりにジュンが白い部屋から抜け出ようとした瞬間・・・・・・・

選評のなかで高橋克彦氏は、恐怖小説としての水準の高さを認め、ラストの場面の美しさを評価しています。文庫裏の解説文には、「斬新な設定を意外なラストまで導き、ヴィジョン豊かな美しい文体で読ませる新感覚ホラー小説」とあります。

作品は、文庫でせいぜい120ページ程度の短編。朱川湊人の出発地点が確認できる小説ですので、ホラー小説好きの方はぜひ一読を。

尚、文庫に収められているのは「白い部屋で月の歌を」と「鉄柱(クロガネノミハシラ)」の二作品です。

この本を読んでみてください係数 75/100


◆朱川湊人

1963年大阪府生まれ。

慶應義塾大学文学部国文学科卒業。出版社勤務を経て、専業作家。

作品 「フクロウ男」「花まんま」「かたみ歌」「本日、サービスデー」「太陽の村」「鏡の偽乙女 薄紅雪華紋様」「遊星ハグルマ装置」「さくら秘密基地」「なごり歌」他多数

関連記事

『十字架』(重松清)_書評という名の読書感想文

『十字架』重松 清 講談社文庫 2012年12月14日第一刷 いじめを苦に自殺したあいつの遺書

記事を読む

『鈴木ごっこ』(木下半太)_書評という名の読書感想文

『鈴木ごっこ』木下 半太 幻冬舎文庫 2015年6月10日初版 世田谷区のある空き家にわけあり

記事を読む

『よだかの片想い』(島本理生)_書評という名の読書感想文

『よだかの片想い』島本 理生 集英社文庫 2021年12月28日第6刷 24歳、理

記事を読む

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』中山 七里 講談社文庫 2013年11月15日第一刷 御子柴礼司は被

記事を読む

『氷平線』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『氷平線』桜木 紫乃 文春文庫 2012年4月10日第一刷 桜木紫乃の初めての作品集。200

記事を読む

『正義の申し子』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『正義の申し子』染井 為人 角川文庫 2021年8月25日初版 物語のスピードに振

記事を読む

『自覚/隠蔽捜査5.5』(今野敏)_書評という名の読書感想文

『自覚/隠蔽捜査5.5』今野 敏 新潮文庫 2017年5月1日発行 以前ほどではないにせよ、時々

記事を読む

『私の息子はサルだった』(佐野洋子)_書評という名の読書感想文

『私の息子はサルだった』佐野 洋子 新潮文庫 2018年5月1日発行 何でもやってくれ。子供時代を

記事を読む

『八月の青い蝶』(周防柳)_書評という名の読書感想文

『八月の青い蝶』周防 柳 集英社文庫 2016年5月25日第一刷 急性骨髄性白血病で自宅療養するこ

記事を読む

『69 sixty nine』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『69 sixty nine』村上 龍 集英社 1987年8月10日第一刷 1969年、村上

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑