『かわいそうだね?』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/03/27 『かわいそうだね?』(綿矢りさ), 作家別(わ行), 書評(か行), 綿矢りさ

『かわいそうだね?』 綿矢 りさ 文春文庫 2013年12月10日第一刷


かわいそうだね? (文春文庫)

 

あっという間で、綿矢りさもすでに30歳の大人の女性になりました。

デビュー当時は17歳の高校生だったのですよ。マスコミにも大きく取り上げられて、注目を一身に浴びました。

デビュー作で文藝賞を受賞した彼女は、大学へ進学した矢先の19歳で今度は芥川賞を受賞するという快挙です。

そしてこの小説では大江健三郎賞、すべて最年少受賞です。もはや「才能の玉手箱」状態です。

しかし、世間の注目に反して私は長らく綿矢りさの小説を読もうとはしませんでした。

特に理由はありません。敢えて言えば「食わず嫌い」のようなものです。

ある日何気なく眺めていた朝刊の書評欄に、この小説の文庫化の紹介が載りました。それをみて、一度しっかり読んでみるかと思い立ったのです。

 

物語は、彼氏の隆大が主人公の樹理恵に、昔の彼女であるアキヨを自分の家に居候させることを赦してほしいと頼みこむところから始まります。

ちょっと考えられない状況ですが、隆大の理由は「かわいそうだから」..一瞬非難することを躊躇してしまう、この「人道的」な理由に押し切られ、渋々樹理恵は同居を承諾してしまいます。

しかし、やはり変ではないかと樹理恵の心は乱れに乱れ、周囲に相談したり留守中に忍び込んだりするものの事態が好転することはありません。

そのうち、一見おとなしくてひ弱に見えるアキヨが実は案外図太くて性悪な女にも思えてきたりで、樹理恵の心中はさらに攪乱されるのでした。

・・・・・・・・・・・

特異な三角関係はその後半年に及びやがて終焉を迎えるのですが、その間の樹理恵の心の揺れにこそこの小説の読みどころがあると思います。

直裁な言い方に頼らず、相手の風体や言動を細かく描写することで心理の機微に迫り、人物に確かなイメージを与えるためには相当な技術が必要です。

綿矢りさは、それを見事に実現しています。隆大と初めて出会う場面然り、アキヨと相対する諸々の場面然りです。

観察する眼力、見つめる対象が示す性向を見抜く分析力、それらを豊かな文章にしてみせる稀有な表現力をこの作家はもっているのです。

 

この小説での樹理恵の到達点は「困っている人はいても、かわいそうな人なんて一人もいない」という発見です。

それは「相手を憐れんでから発動する同情心は、やはりどこか醜い」ことに気付いた彼女の帰結なのです。

 

冷静で弱音を吐かない樹理恵でしたが、物語の最終局面に及んでついに素の感情が噴出します。

隆大が嫌いで封印していた、かつて馴染んだ故郷の関西弁で思いのたけをぶつけるシーンは圧巻です。

そして若い女性の恋物語として、画期的なラスト。

いよいよ樹理恵は、隆大と別れることを決意します。割り切れず、やりきれない気持ちを満杯胸に込めて吐き出した溜息。。。

 

「しゃーない」

 

うまいなぁ、りさはん。

 

尚、文庫本に収められているのは「かわいそうだね?」と「亜美ちゃんは美人」の二作品です。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


かわいそうだね? (文春文庫)

◆綿矢 りさ

1984年京都府京都市左京区生まれ。

早稲田大学教育学部国語国文科卒業。

作品 「インストール」「蹴りたい背中」「夢を与える」「勝手にふるえてろ」「ひらいて」「しょうがの味は熱い」「憤死」「大地のゲーム」など

関連記事

『彼女は頭が悪いから』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『彼女は頭が悪いから』姫野 カオルコ 文藝春秋 2018年7月20日第一刷 彼女は頭が悪いから

記事を読む

『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』羽田 圭介 講談社文庫 2018年11月15日第一刷 コン

記事を読む

『回遊人』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『回遊人』吉村 萬壱 徳間書店 2017年9月30日初刷 回遊人 (文芸書) 妻か、妻の友人

記事を読む

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月5日27刷 ケーキの切れ

記事を読む

『コクーン』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『コクーン』葉真中 顕 光文社文庫 2019年4月20日初版 コクーン (光文社文庫)

記事を読む

『木洩れ日に泳ぐ魚』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『木洩れ日に泳ぐ魚』恩田 陸 文春文庫 2010年11月10日第一刷 木洩れ日に泳ぐ魚 (文春

記事を読む

『からまる』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『からまる』千早 茜 角川文庫 2014年1月25日初版 からまる (角川文庫) 地方公務員

記事を読む

『カソウスキの行方』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『カソウスキの行方』津村 記久子 講談社文庫 2012年1月17日第一刷 カソウスキの行方 (

記事を読む

『国境』(黒川博行)_書評という名の読書感想文(その1)

『国境』(その1)黒川 博行 講談社 2001年10月30日第一刷 国境 上 (文春文庫) 建設

記事を読む

『52ヘルツのクジラたち』(町田そのこ)_書評という名の読書感想文

『52ヘルツのクジラたち』町田 そのこ 中央公論新社 2021年4月10日15版発行 52ヘ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 リリア

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑