『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月10日 4刷発行

この手の元々の持ち主は、何処の、どんな人物だったのか? 彼には何も知らされません。わかるのは、明らかに日本人の手ではないということ。移植手は、使い込まれた白人のものでした。

第51回泉鏡花文学賞、第45回野間文芸新人賞受賞作

主人公のアサトは、日本人の看護師である。父の仕事の都合で高校時代に渡欧し、そのままオーストリアで就職をしたものの、手先の器用さを生かした仕事をしたいという思いから、ハンガリーの大学の看護学部に入学した。大学で出会ったウクライナ人女性ハンナと結婚してそのままハンガリーで暮らしてきた。

ある時、左手に違和感を覚え検査したところ、悪性の腫瘍であるという診断を受けてしまう。切断後に誤診であることがわかったが、切り落とした左手をもう戻すことはできない。愛国主義者という噂のあるハンガリー人医師ゾルタンにより、アサトには他者の左手が移植されるのだが、それは繊細な動きを得意とするアサトの手とは全く違う、肉体労働で使い込まれた肉厚な白人男性の手だった。

理不尽な形で肉体の一部を失ったアサトは喪失感と幻肢痛に悩まされる。そして、移植された左手に対する強烈な違和感と拒絶反応により、さらなる不安と苦しみに襲われてしまう。その身体感覚と追い詰められていく心理の描写に、一人の日本人患者としてアサトの心身の変化を観察するゾルタンの冷徹な視線と、クリミア出身でジャーナリストとして活動した経験を持つハンナの生き方が、慎重に重ね合わされていく。

国境がないというのはどういう感覚なのか、とつき合い始めた頃のハンナはアサトにしつこく訊いてきた。日本が手の移植を行わないのは、日本に国境がないからではないか、とゾルタンは言う。その言葉を投げかけられたのが私であったとしたら、どんな答えも意見も容易に出すことはできないと思った。自分が自分であることに対し、あまりに無自覚であったことに気がつかされ、打ちのめされている。(高頭佐和子/「WEB本の雑誌」 【今週はこれを読め! エンタメ編】 身体の上の 「国境」~ 朝比奈秋 『あなたの燃える左手で』 より抜粋)

※衝撃は、いきなり冒頭に訪れます。見てきたような、した試しがあるようなリアルさで。これは誰の、何の場面だと。何をしようとしているのか・・・・・・・。読むうち気づくのですが、物語にはもうひとつ、別の物語が重なっています。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆朝比奈 秋
1981年京都府生まれ。

2021年、「塩の道」 で第7回林芙美子文学賞を受賞。22年、同作を収録した 『私の盲端』 でデビュー。23年、『植物少女』 で第36回三島由紀夫賞を受賞。現役の医師でもある。

関連記事

『父と私の桜尾通り商店街』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『父と私の桜尾通り商店街』今村 夏子 角川書店 2019年2月22日初版 違和感を

記事を読む

『なぎさホテル』(伊集院静)_書評という名の読書感想文

『なぎさホテル』伊集院 静 小学館文庫 2016年10月11日初版 「いいんですよ。部屋代なんてい

記事を読む

『あの家に暮らす四人の女』(三浦しおん)_書評という名の読書感想文

『あの家に暮らす四人の女』三浦 しおん 中公文庫 2018年9月15日7刷 ここは杉並の古びた洋館

記事を読む

『大人になれない』(まさきとしか)_歌子は滅多に語らない。

『大人になれない』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年12月5日初版 学校から帰

記事を読む

『アミダサマ』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『アミダサマ』沼田 まほかる 光文社文庫 2017年11月20日初版 まるで吸い寄せられるように二

記事を読む

『あちらにいる鬼』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あちらにいる鬼』井上 荒野 朝日新聞出版 2019年2月28日第1刷 小説家の父

記事を読む

『犬』(赤松利市)_第22回大藪春彦賞受賞作

『犬』赤松 利市 徳間書店 2019年9月30日初刷 大阪でニューハーフ店 「さく

記事を読む

『田舎でロックンロール』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『田舎でロックンロール』奥田 英朗 角川書店 2014年10月30日初版 これは小説ではありませ

記事を読む

『向田理髪店』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『向田理髪店』奥田 英朗 光文社 2016年4月20日初版 帯に[過疎の町のから騒ぎ]とあり

記事を読む

『事件』(大岡昇平)_書評という名の読書感想文

『事件』大岡 昇平 創元推理文庫 2017年11月24日初版 1961年夏、神奈川県の山林で刺殺体

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑