『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発行

歩く、書く、蹴る - 傑作ロード・ノベル!

第164回芥川賞候補作 第34回三島由紀夫賞受賞 第37回坪田譲治文学賞受賞

中学入学を前にしたサッカー少女の亜美と、小説家の叔父。コロナ禍で予定が消えた春休み、二人は、徒歩で鹿島アントラーズの本拠地を目指す旅に出る。期間は約一週間。利根川沿いをゆき、ドリブルをして、風景を描写する。歩く、書く、蹴る - これは練習の旅だ。(講談社文庫)

それはもう - 思いもしない不意打ちに、最後にあなたはきっと涙をこぼします。さもなくば、倒れ込むかもしれません。

姪の亜美 (あび) は移動しながらサッカーの練習でドリブルをし、リフティングをする。叔父は折々の場所の 「人気のない風景を描写する」 修練として、その場でノートに文章を書きつける。旅の途上でのそれぞれの 「練習」 が描かれるのだ。

山川草木や鳥獣虫魚を愛でる緻密な描写には唸らされる。小学生のころ日本野鳥の会と日本鳥類保護連盟の会員だったわたしは、野鳥がじっくり観察される様子を、双眼鏡を覗くような心地で読んだ。ツグミやキジ、オオバンの姿がなまなましく目に浮かんだ。カワウの話もすばらしい。叔父の日記が始まると、三倍速、四倍速で読み飛ばされないことを祈りたくもなった。

今回のもうひとりの主人公、が言い過ぎだとすればもうひとりの語り手は柳田國男だ。利根川沿いで多感な日々を送った少年國男の叶わなかった恋の話、後年、利根川時代の回想とともに記された民俗学者柳田の感慨は、池に沈められた石のようにこの物語の重しとなり、光に揺れる水面を黙って見上げる視線になっている。

「風景を説き立てるのは通例は老人だが、実はこうして大きくなる盛りに、うぶな心をもって感動したものが、一生の鑑賞を指導している」

亜美がなにを見て、なににこころを動かされたのか。その経験を書いているのです、と書き手になりかわり、柳田國男が読者を 「指導している」 かのようでもある。(解説より/松家仁之・小説家)

※旅は二人ではじまりますが、ふとした出会いがあって、途中から三人になります。その人はみどりさんという名前で、卒業を間近に控え、就職先も内定しているという女子大学生でした。彼女もまた、徒歩で鹿島を目指しています。

ほんのわずかな道行ではあったのですが、小学生の亜美とすでに十分大人なみどりさんは、まるで前からの知り合いように、とても気が合うようでした。

ところが、数日後、みどりさんは理由も告げずに、突然二人の前からいなくなります。後でわかるのですが、彼女はある悩みを抱えています。それを二人に言い出せず、思い余って姿を消したのでした。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆乗代 雄介
1986年北海道江別市生まれ。
法政大学社会学部メディア社会学科卒業。

作品 「十七八より」「本物の読書家」「最高の任務」「皆のあらばしり」「ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ」「それは誠」など

関連記事

『帝都地下迷宮』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『帝都地下迷宮』中山 七里 PHP文芸文庫 2022年8月17日第1版第1刷 現代

記事を読む

『たそがれどきに見つけたもの』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『たそがれどきに見つけたもの』朝倉 かすみ 講談社文庫 2019年10月16日第1刷

記事を読む

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行 16歳で両親

記事を読む

『七色の毒』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『七色の毒』中山 七里 角川文庫 2015年1月25日初版 岐阜県出身の作家で、ペンネームが

記事を読む

『天頂より少し下って』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『天頂より少し下って』川上 弘美 小学館文庫 2014年7月13日初版 『天頂より少し下って

記事を読む

『東京奇譚集』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『東京奇譚集』村上 春樹 新潮社 2005年9月18日発行 「日々移動する腎臓のかたちをした

記事を読む

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第1刷 小学六年

記事を読む

『透明な迷宮』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『透明な迷宮』平野 啓一郎 新潮文庫 2017年1月1日発行 深夜のブタペストで監禁された初対面の

記事を読む

『虎を追う』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『虎を追う』櫛木 理宇 光文社文庫 2022年6月20日初版1刷 「連続幼女殺人事

記事を読む

『罪の名前』(木原音瀬)_書評という名の読書感想文

『罪の名前』木原 音瀬 講談社文庫 2020年9月15日第1刷 木原音瀬著 「罪の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑