『異類婚姻譚』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/13 『異類婚姻譚』(本谷有希子), 作家別(ま行), 書評(あ行), 本谷有希子

『異類婚姻譚』本谷 有希子 講談社 2016年1月20日初版

子供もなく職にも就かず、安楽な結婚生活を送る専業主婦の私は、ある日、自分の顔が夫の顔とそっくりになっていることに気付く。「俺は家では何も考えたくない男だ。」と宣言する夫は大量の揚げものづくりに熱中し、いつの間にか夫婦の輪郭が混じりあって・・・・。「夫婦」という形式への違和を軽妙洒脱に描いた表題作ほか、自由奔放な想像で日常を異化する、三島賞&大江賞作家の2年半ぶりの最新作! (「BOOK」データベースより)

第154回芥川賞受賞作。

もうひとつの受賞作、滝口悠生の『死んでいない者』もそうなのですが、今回はことのほか(一般読者の)評価にバラつきがあります。大変よかった、ためになったという人が半分。あとの半分は、全然よくなかった、何が言いたいのかわからないという人です。

よくなかったという人の中には、(どうせ選ばれるなら)この作品ではなく『ぬるい毒』こそ受賞に相応しいもので、それに比べれば今回の『異類婚姻譚』はありきたりで、凡作と言うほかない、であるとか云々 - 。

「昔話(または説話)を読んでいるような感じ」というのもあります。夫の顔だけでなく、気付くと自分(=語り手である妻のサンちゃん)の顔までが変形している - 各々のパーツが元の位置から微妙にズレている - のに慌てふためく様子などは、今ある世界のことではなく、夢か幻のような、別の世界のことのようにも感じられます。

しかし、それを言うと切りがありません。この小説のそもそもが、ある日夫の顔が変幻自在に形を変えるのに気付いた妻が、どうしたことかと考えあぐねる内に、それまでは全く異なった顔立ちの夫婦2人が、まるで似たような顔になってしまうという話なのですから。

もしもそれが(冒頭の解説にある)「自由奔放な想像で日常を異化する」ことの端緒だとしたら、読者たるわれわれも、まずもってその「異化」された日常とやらに自らを「同化」させなければなりません。実際にそれと似た感覚を肯定できるかどうかが肝要です。

いずれにしても、夫婦なればこその問題です。相応の年月連れ添った者同士だからこその話で、未成年に毛が生えた程度の若者や、未婚の独り者には分かり様のない出来事だろうと思います。

顔かたちより先に、まず似るのが性向(性格ではありません)です。これはある意味当然で、隠しようのない本音を晒して暮らしているからこその妥協(や謙譲)が累積されて、いつしかそれが、(2人にとっては)そうあるべき確かなものへと変化を遂げます。

そうとなれば、それが顔立ちにまで及んだとしても、何ら不思議ではないように思えます。小説ほど極端ではないにせよ、年を経るに従って、互いの面相がどこかしら相手に似てくるようなことが、(近い将来)私ら夫婦にだって起こるかも知れません。

読みはじめた当初は、夫婦となった2人が、夫婦関係を続ける内にいつの間にやら、気付けば2人きりの(都合のいい)時には似たような顔になり、他人の前ではまた元通り(互いが知っている本来)の顔に戻るという、夫婦の不思議を描いているように思えます。

しかし、そうではないのです。赤の他人同士だった男女が夫婦になって、顔までがそっくりになるに及んで - それでも尚2人の間には相容れない領域があり、

十二分に相手のことをわかっていると思ってはいても、実はそれは単なる思い込みに過ぎず、「自分が思うばかり」の相手の在りようなだけで、全部がわかっているわけではありませんよという話。それを言うが為の「変身譚」であるように思えます。

この本を読んでみてください係数  85/100


◆本谷 有希子
1979年石川県生まれ。
石川県立金沢錦丘高等学校卒業。ENBUゼミナール演劇科に入学。

作品 「嵐のピクニック」「自分を好きになる方法」「グ、ア、ム」「江利子と絶対」「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「ぬるい毒」「生きてるだけで、愛。」他

関連記事

『青空と逃げる』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『青空と逃げる』辻村 深月 中公文庫 2021年7月25日初版 深夜、夫が交通事故

記事を読む

『雨のなまえ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『雨のなまえ』窪 美澄 光文社文庫 2022年8月20日2刷発行 妻の妊娠中、逃げ

記事を読む

『犬』(赤松利市)_第22回大藪春彦賞受賞作

『犬』赤松 利市 徳間書店 2019年9月30日初刷 大阪でニューハーフ店 「さく

記事を読む

『義弟 (おとうと)』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『義弟 (おとうと)』永井 するみ 集英社文庫 2019年5月25日第1刷 克己と

記事を読む

『風の歌を聴け』(村上春樹)_書評という名の読書感想文(書評その1)

『風の歌を聴け』(書評その1)村上 春樹 講談社 1979年7月25日第一刷 もう何度読み返した

記事を読む

『田舎でロックンロール』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『田舎でロックンロール』奥田 英朗 角川書店 2014年10月30日初版 これは小説ではありませ

記事を読む

『完璧な母親』(まさきとしか)_今どうしても読んで欲しい作家NO.1

『完璧な母親』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年3月30日10刷 「八日目の蝉

記事を読む

『いかれころ』(三国美千子)_書評という名の読書感想文

『いかれころ』三国 美千子 新潮社 2019年6月25日発行 「ほんま私は、いかれ

記事を読む

『祝言島』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『祝言島』真梨 幸子 小学館文庫 2021年5月12日初版第1刷 2006年に起き

記事を読む

『泳いで帰れ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『泳いで帰れ』奥田 英朗 光文社文庫 2008年7月20日第一刷 8月16日、月曜日。朝の品川駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑