『アズミ・ハルコは行方不明』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『アズミ・ハルコは行方不明』山内 マリコ 幻冬舎文庫 2015年10月20日初版

グラフィティ:スプレーやフェルトペンなどを使い、壁などに描かれた落書きのこと。
ステンシル:印刷などで用いる一種の型紙。文字や模様を切り抜き、インクが通過するようにしたもの。

地方のキャバクラで働く愛菜は、同級生のユキオと再会。ユキオは意気投合した学と共にストリートアートに夢中だ。3人は、1ヶ月前から行方不明になっている安曇春子を、グラフィティを使って遊び半分で捜し始める。男性を襲う謎のグループ、通称〈少女ギャング団〉も横行する街で、彼女はどこに消えたのか? 現代女性の心を勇気づける快作。(幻冬舎文庫解説より)

帯に「映画化決定! 2016年公開(予定)」とあります。主演は、蒼井優。彼女が演じるのは、もちろん「安曇春子」です。(決まっているのはこれだけで、他は未定)

これだけの情報なのですが、知ってしまえば、(小説に出てくる)安曇春子がもう「蒼井優」にしか思えなくなります。どうしたものかと思いつつ読み出したのですが、安曇春子が登場するのは始まってから少しあと、第1部の最後あたりになります。

安曇春子は確かに主人公ではありますが、謂わばこの小説における『象徴』のような存在で、言ってしまえばどうということのない女性です。交番の前にある《尋ね人》の貼り紙によれば、

安曇春子(失踪時28歳)
身長160センチ位 中肉よりやや痩せ型
黒髪 セミロング
平成25年6月15日午後9時頃、買い物に行くと言って車で出かけたまま行方不明。

とあります。彼女がどれほど普通であるかを詳しく書いてあるのが、第2部「世間知らずな女の子」- ここで初めて、春子の実体が明らかになります。

はじめに登場するのは、元キャバ嬢の木南愛菜であったり、愛菜の同級生、富樫ユキオや三橋学であったりします。ユキオは、名古屋にある国立の工業大学を中退して地元に帰っています。中学で登校拒否になった学は今、街のショッピングセンターで働いています。

ユキオと学は、映画「イグジッド・スルー・ザ・ギフトショップ」を見て、田舎の街をグラフィティアートで彩るアーティストの姿に大感動します。映画に出てくる覆面アーティスト・バンクシーに憧れ、自分たちもグラフィティを使って遊ぼうと思いつきます。

最初はユキオの気まぐれ、学が滅法絵が上手なことが分かり、ただの落書きだけでは飽き足らなくなったとき見つけたのが「安曇春子」の貼り紙です。ユキオは、春子の顔をステンシルにして街中にスプレーして回ろうと言い出します。

ひと気のない場所まで車で乗り付け、無言のままポイントを決めると、学がステンシル型を手で押さえている間、ユキオはスプレーを吹き付け一気に塗り潰します。電話ボックスのガラス戸に、ガードレールに、色褪せた看板に、廃屋になったまま放置された家の塀に。

2人は次第にエリアを広げ、ありとあらゆる場所に出向いてアズミ・ハルコのステンシルを拡散させていきます。そんなところへ、(まるで不本意なのですが)愛菜が加わり、男性を襲う謎のグループ、通称〈少女ギャング団〉が現れては、学を傷め付けたりもします。
・・・・・・・・・・
さてこれは如何なる趣旨のもとに書かれた小説であるかと思いきや、どうやら「現代女性の心を勇気づける」話であるらしい。そう言われてみれば、確かにそうであるような気がしないでもありません。

安曇春子に限らず、うら若き女性の多くが、大抵は平均以上でも以下でもないごくありふれた人たちです。今の世の中外見だけならどうとでもなれ、見合っただけの内実があり、心が充たされているかといえば、そんな人こそ滅多にいないだろうと思います。

女性である故に(男よりも)生きづらいことが山ほどあるに違いありません。思うような仕事に就けず、やっとのこと就職した先ではお決まりのセクハラやパワハラに業を煮やし、しかし辞めるわけにもいかずひたすら耐え忍ぶような毎日が楽しいはずがありません。

事件と言えば男性が女性を辱めるようなことばかりの社会にあって、男性だけが狙われて、殴られ蹴られした上に金品を奪われるという事件が頻発します。しかも犯行メンバー全員が女子高生ともなれば、(鬱屈を抱えた女性なら)どこかしら喝采したくもなるのでしょう。

時代が求めるようにして〈少女ギャング団〉は現れ、アズミ・ハルコは、そうなるべくして失踪を果たします。

この本を読んでみてください係数  80/100


◆山内 マリコ
1980年富山県富山市生まれ。
大阪芸術大学映像学科卒業。

作品 「ここは退屈迎えに来て」「さみしくなったら名前を呼んで」「パリ行ったことないの」「かわいい結婚」など

関連記事

『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』(江國香織)_書評という名の読書感想文

『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』江國 香織 集英社 2002年3月10日第一刷 It

記事を読む

『「いじめ」をめぐる物語』(角田光代ほか)_書評という名の読書感想文

『「いじめ」をめぐる物語』角田 光代ほか 朝日文庫 2018年8月30日第一刷 いじめを受けた側、

記事を読む

『自転しながら公転する』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『自転しながら公転する』山本 文緒 新潮文庫 2022年11月1日発行 第16回

記事を読む

『オブリヴィオン』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『オブリヴィオン』遠田 潤子 光文社文庫 2020年3月20日初版 苦痛の果てに、

記事を読む

『元職員』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『元職員』吉田 修一 講談社 2008年11月1日初版 吉田修一の本の中では、どちらかと言え

記事を読む

『薄闇シルエット』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『薄闇シルエット』角田 光代 角川文庫 2009年6月25日初版 「結婚してやる。ちゃんとしてやん

記事を読む

『あたしたち、海へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あたしたち、海へ』井上 荒野 新潮文庫 2022年6月1日発行 親友同士が引き裂

記事を読む

『鬼の跫音』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『鬼の跫音』道尾 秀介 角川 書店 2009年1月31日初版 刑務所で作られた椅子に奇妙な文章

記事を読む

『おめでとう』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『おめでとう』川上 弘美 新潮文庫 2003年7月1日発行 いつか別れる私たちのこの

記事を読む

『五つ数えれば三日月が』(李琴峰)_書評という名の読書感想文

『五つ数えれば三日月が』李 琴峰 文藝春秋 2019年7月30日第1刷 日本で働く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑