『明日も会社にいかなくちゃ』(こざわたまこ)_書評という名の読書感想文

『明日も会社にいかなくちゃ』こざわ たまこ 双葉文庫 2023年9月16日第1刷発行

共感しすぎて胸が痛い。働くから起こる人間模様を丁寧に描いた連作短編集。

もうダメかもと思って足掻いて、そして彼らは道をみつける。だから希望がある。救いがある。 - 大矢博子 (書評家)

吉丸事務機株式会社で働く優紀。断れない性格で、いわゆる中間管理職のポストを任される。適任だとは到底思えない。頼りない上司、嚙み合わない部下、何か言いたげな同期。小さな会社で起こる人間関係のもつれや行き違いが優紀を悩ませる。状況を改善しようと奔走するが - 。「走れ、中間管理職」 ほか全六篇を収録。会社勤めはなんだかせつない。その気持ちに寄り添う 「働く」 を描いた連作短編集。(双葉文庫)

(私事ですが) 大学を出て、京都のとある信用金庫に就職し、そこを1年で辞めました。再就職したのは地元の企業で、そこで約24年働きました。49歳のとき、ふいに、しかし激しくそこを辞めたいと思うに至り、躊躇なく退社を決めました。

その後のあてなど何もなく、しかし、そのまま何もしないわけにはいきません。しばらくの後、とあるベンチャー企業へ正社員として採用されたのは、今思えば奇跡のような出来事でした。それから10年。60歳を前に、もういいだろう、と。

思うに、長い間私は、働く “フリ“ をしていただけではないかと思います。調子を合わせ、真面目を装い、その実、心はいつもどこか遠くにありました。仕事を辞めたい。辞めて、静かに暮らしたい。そればかりを考えていました。

【目次】

走れ、中間管理職」 人間関係のトラブルで中間管理職が奔走!

スポットライト」 パッとしない中年課長の意外な一面とは

エールはいらない」 厳しい元上司が育休から復帰。“助け合い“ って?

親子の条件」 お酒さえ飲まなければ・・・・・・・営業マンが犯した罪

輪になって踊ろう」 休職中の若手社員にできた新しい友達

最後の日」 定年退職後の男性が向き合うのは

きっとどの話にも 「あなた」 がいます。「あなた」 は思うほど、強くなんかありません。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆こざわ たまこ
1986年福島県原町市(現・南相馬市原町区)生まれ。
専修大学文学部卒業。

作品 2012年「僕の災い」で「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞。同作を収録した 「負け逃げ」でデビュー。他に 「君には、言えない」「教室のゴルディロックスゾーン」など

関連記事

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月17日第2刷 「

記事を読む

『雨のなまえ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『雨のなまえ』窪 美澄 光文社文庫 2022年8月20日2刷発行 妻の妊娠中、逃げ

記事を読む

『エレジーは流れない』(三浦しをん)_書評という名の読書感想文

『エレジーは流れない』三浦 しをん 双葉社 2021年4月25日第1刷 海と山に囲

記事を読む

『後妻業』黒川博行_書評という名の読書感想文(その1)

『後妻業』(その1) 黒川 博行 文芸春秋 2014年8月30日第一刷 とうとう、本当にとう

記事を読む

『もっと悪い妻』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『もっと悪い妻』桐野 夏生 文藝春秋 2023年6月30日第1刷発行 「悪い妻」

記事を読む

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 ポリコレ、ネット中傷、出

記事を読む

『おるすばん』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『おるすばん』最東 対地 角川ホラー文庫 2019年9月25日初版 絶対にドアを開

記事を読む

『あなたの本/Your Story 新装版』(誉田哲也)_書評という名の読書感想文

『あなたの本/Your Story 新装版』誉田 哲也 中公文庫 2022年8月25日改版発行

記事を読む

『紙の月』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『紙の月』 角田 光代  角川春樹事務所 2012年3月8日第一刷 映画 『紙の月』 の全国ロー

記事を読む

『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』大島 真寿美 文春文庫 2021年8月10日第1刷

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑