『空港にて』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『空港にて』村上 龍 文春文庫 2005年5月10日初版


空港にて (文春文庫)

 

 

ここには8つの短編が収められていますが、その中のひとつ、表題作の「空港にて」は、村上龍自身が30年に及ぶ作家生活で「最高の短編を書いた」と語る作品です。おそらく、これが改題の理由かな、と今更ながらに思うのですが、定かなことではありません。
・・・・・・・・・・
「空港にて」を簡単にまとめると、2年前に離婚して、4歳になる男の子がいる〈私〉が、勤めている風俗店で馴染みになったコンサルティング会社に勤める6歳年下のサイトウという男に勧められて、義肢装具士になるための養成学校がある熊本へ行く話です。

物語は、〈私〉がサイトウと待ち合わせの約束をしている全日空のチェックインカウンター前から始まり、搭乗予定時間ギリギリにサイトウがやって来るところで終わります。時間にするとほんの数十分。その僅かな時間に、〈私〉だけが語り続けます。

〈私〉は、〈私〉の身の上を語り、サイトウとの出会いから熊本行きの飛行機に搭乗するに至った経緯を語る一方で、空港の場景や出入りする人々、〈私〉の目の前に座る中年の男、その男が立ち去ったあとに来た初老の夫婦らしき男女の二人連れの様子を語ります。

〈私〉は空港の中を見回します。ここにはレストランやショップがあり、ペルシャ絨毯から生理用品まで、何でも売っています。ロビーに備え付けられたテレビではワイドショーが放映されていて、隣の男女はお互いに別の誰かにメールを送っているようです。

20代の2人が旅の楽しさをメールでそれぞれの友人に書き送る、初老の女が無表情で連れ合いの男が喫煙コーナーから戻るのを待っている、孫に焼き殺された老婦人をワイドショーの出演者が同情する、それらはすべてごく自然なことだけど、

33歳で子持ちでバツイチで風俗で働く女が、地雷で足を失った人のために義足を作りたいと思うのは異常だ。だから誰にも言えなかった、と〈私〉は思っています。
・・・・・・・・・・
特筆すべきは、〈私〉の身の上話やサイトウとの馴れ初めを語る克明さと同じ質量で、空港に集う数多くの見知らぬ人々と、彼らの所作の一々が描写されることです。

中年の男が持っている週刊誌の表紙を飾る女優の、顔は見たことがあるけれど名前が思い出せないことであるとか、その中年男と視線が合って、男が〈私〉の目から肩、そしてからだに沿って下りていって足先までを短い時間で眺めたことであるとか、

初老の夫婦らしき2人はいかにもこれから田舎に戻るというような身なりであるとか、男がマイルドセブンを取り出して喫煙コーナーへ行くだとか、女がセロファンに包まれたお菓子を両手で隠すようにして中身を出して、舌と歯でほぐすように食べたことであるとか。

村上龍は、あとがきでこんな風に解説しています。
【私は、居酒屋や公園やコンビニなど、日本のどこにでもある場所を舞台にして、時間を凝縮した手法を使って、海外に留学することが唯一の希望であるような人間を書こうと思った】

「時間を凝縮した手法」、つまり明確な意図のもとに、〈私〉が見える〈私〉以外の人や物、〈私〉の意思とは無関係に機能しているあらゆる事象が羅列されているのです。そうすることで、他人と共有できない「個別の希望」はより鮮明な形で読者の前に提示されることになります。
・・・・・・・・・・
この小説は、ある出版社の留学情報誌のために書かれたものです。ですから「海外に留学することが唯一の希望であるような人間を書こうとした」のは至極自然なことですが、これは村上龍にとっても、まさに時宜を得た仕事だったのではないかと思います。

村上龍は、日本の社会へ向けて常に熱いメッセージを送り続けている作家です。日本という国を「希望のない国」だと憂い、「きっとそのうち良くなる」とは言わず、「このまま何もしなければ、もっとまずいことになる」という警告に換えて発信します。

社会の絶望や退廃を描くことは今や非常に簡単で、近代化が終焉して久しい現代に、そんな手法とテーマの小説はもう必要ではない、と言い切ります。だから、社会的な希望ではなく、他人と共有できない個別の希望を書き込みたかった、と言っているのです。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


空港にて (文春文庫)

◆村上 龍

1952年長崎県佐世保市生まれ。本名は村上龍之助。
武蔵野美術大学造形学部中退。

作品 「限りなく透明に近いブルー」「コインロッカー・ベイビーズ」「愛と幻想のファシズム」「五分後の世界」「希望の国のエクソダス」「半島を出よ」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『きみの友だち』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きみの友だち』重松 清 新潮文庫 2008年7月1日発行 きみの友だち (新潮文庫) わた

記事を読む

『GO』(金城一紀)_書評という名の読書感想文 

『GO』 金城 一紀  講談社 2000年3月31日第一刷 @1,400 GO 金城一紀が好

記事を読む

『片想い』(東野圭吾)_書評という名の読書感想文

『片想い』東野 圭吾 文春文庫 2004年8月10日第一刷 片想い (文春文庫) 十年ぶりに

記事を読む

『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版 きのうの影踏み (角川文庫)

記事を読む

『いかれころ』(三国美千子)_書評という名の読書感想文

『いかれころ』三国 美千子 新潮社 2019年6月25日発行 いかれころ 「ほんま私は

記事を読む

『櫛挽道守(くしひきちもり)』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『櫛挽道守(くしひきちもり)』木内 昇 集英社文庫 2016年11月25日第一刷 櫛挽道守 (

記事を読む

『去年の冬、きみと別れ』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『去年の冬、きみと別れ』中村 文則 幻冬舎文庫 2016年4月25日初版 去年の冬、きみと別れ

記事を読む

『検事の死命』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の死命』柚月 裕子 角川文庫 2019年6月5日8版 検事の死命 (角川文庫)

記事を読む

『検事の信義』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の信義』柚月 裕子 角川書店 2019年4月20日初版 検事の信義 累計40万部

記事を読む

『1973年のピンボール』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『1973年のピンボール』村上 春樹 講談社 1980年6月20日初版   1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『わたしの本の空白は』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『わたしの本の空白は』近藤 史恵 ハルキ文庫 2021年7月18日第

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑