『ポイズンドーター・ホーリーマザー』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『ポイズンドーター・ホーリーマザー』湊 かなえ 光文社文庫 2018年8月20日第一刷


ポイズンドーター・ホーリーマザー (光文社文庫)

女優の弓香の元に、かつての同級生・理穂から届いた故郷での同窓会の誘い。欠席を表明したのは、今も変わらず抑圧的な母親に会いたくなかったからだ。だが、理穂とメールで連絡を取るうちに思いがけぬ訃報を聞き・・・・・・・。(「ポイズンドーター」) 母と娘、姉と妹、友だち、男と女。善意と正しさの掛け違いが、眼前の光景を鮮やかに反転させる。名手のエッセンスが全編に満ちた極上の傑作集。(光文社文庫)

田舎でくすぶる「マイディアレスト」の淑子は、母親や妹から理不尽な扱いを受けながらも、誰に迷惑かけることもなく静かに暮らす慎ましい女性だし、ライバルの失脚を願う「ベストフレンド」の涼香だって、嫉妬に苦しみながらも脚本家になる夢をひたすら追い続ける努力家だ。「優しい人」の明日実は、母親からの刷り込みによって対人関係で貧乏くじを引き続けているし、「罪深き女」の幸奈は母親の厳しい監視に堪えながら、孤独な少年に心を寄せることに唯一のアイデンティティを見いだしている。

みな欠落した部分を抱え、傷を負いながらも懸命に生きる女性達だ。そんな彼女たちに降りかかる出来事とその結末は、いずれも苛烈だ。清く正しく生きても幸せな人生を送れるわけではない現実。善意という名の凶器でメッタ打ちにされる恐怖、笑顔の裏でじわじわと蓄積された負の感情がコップから溢れ出る瞬間。(解説より抜粋/by清水友佳子)

よくよく考えればすぐにわかるのだが、人間関係において真に自分が気に掛ける人というのは実はさほど多くはない、ということだ。親兄弟(姉妹)、多くはない数の友人、恋人など・・・・・・・、普通ならせいぜいがそれくらいのものだろう。

そして、それらの人々に対してさえ、大抵は相手のことを「甘んじて」受け入れている。突き詰めれば相反することを、(わかっていながら)敢えて見過ごしている。大事に思うがゆえに、我慢しているのだ。

ところが、ひとたび関係が拗れると、事は大いにややこしくなる。 とりわけ “母と娘” はややこしい - ここでは、主にそれが書いてあります。

世の中は、全体の1パーセントにも満たない優しい人の我慢と犠牲の上において、かろうじて成り立っているのだと思います。そして、これだけは断言できます。
あなたは優しい人じゃない - 。でも、それは決して悪いことじゃない。(「優しい人」より)

幼い頃から絶えず言い聞かされてきた “躾” という名の強要。日常に巣くう、それぞれの思いの掛け違い - 。何を思い、何を考え、母は母として生きてきたのか? なぜ今も私を束縛するのか? ・・・・・・・

私はその -  あなたの「正しさ」を憎みます。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


ポイズンドーター・ホーリーマザー (光文社文庫)

◆湊 かなえ
1973年広島県因島市中庄町(現・尾道市因島中庄町)生まれ。
武庫川女子大学家政学部卒業。

作品 「告白」「少女」「贖罪」「Nのために」「夜行観覧車」「望郷」「豆の上で眠る」「境遇」「往復書簡」「母性」「絶唱」「リバース」「物語のおわり」「ユートピア」他多数

関連記事

『ひらいて』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『ひらいて』綿矢 りさ 新潮社文庫 2015年2月1日発行 ひらいて (新潮文庫) 文庫の解説は

記事を読む

『歩道橋シネマ』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『歩道橋シネマ』恩田 陸 新潮文庫 2022年4月1日発行 歩道橋シネマ(新潮文庫)

記事を読む

『物語のおわり』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『物語のおわり』湊 かなえ 朝日文庫 2018年1月30日第一刷 物語のおわり (朝日文庫)

記事を読む

『村上龍映画小説集』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『村上龍映画小説集』村上 龍 講談社 1995年6月30日第一刷 村上龍映画小説集 (講談社文

記事を読む

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月5日27刷 ケーキの切れ

記事を読む

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』(成田名璃子)_書評という名の読書感想文

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』成田 名璃子 幻冬舎文庫 2019年2月10日初版

記事を読む

『ヒポクラテスの試練』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ヒポクラテスの試練』中山 七里 祥伝社文庫 2021年12月20日初版第1刷 ヒポクラテス

記事を読む

『パトロネ』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『パトロネ』藤野 可織 集英社文庫 2013年10月25日第一刷 パトロネ  

記事を読む

『光まで5分』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『光まで5分』桜木 紫乃 光文社文庫 2021年12月20日初版1刷 光まで5分 (光文社文

記事を読む

『人のセックスを笑うな』(山崎ナオコーラ)_書評という名の読書感想文

『人のセックスを笑うな』山崎 ナオコーラ 河出書房新社 2004年11月30日初版 人のセック

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑