『コクーン』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『コクーン』葉真中 顕 光文社文庫 2019年4月20日初版

コクーン (光文社文庫)

1995年3月20日、丸の内で起こった無差別乱射事件。カルト教団 『シンラ智慧の会』 による凶行の首謀者は、忌まわしき過去を背負う教祖、天堂光翅であった。彼や教団に関わった者たちの前に現れる一匹の煌く蝶。金色の翅が導くのは地獄か、それとも・・・・・・・。平成を揺るがすテロ事件が生み落とした絶望とかすかな希望を、幻想的かつスリリングに物語る衝撃作! (光文社文庫)

コクーン - 2016

真夜中、不意に目を覚ますと、私の心は得体の知れない悲しみに満たされていた。
目と鼻の奥に痺れを感じる。指で頬に触れてみると、かすかに湿っている。私は泣いていたのだ。

きっと酷く悲しい夢を見たのだろう。でも、どんな夢だったのかは思い出せない。ただ、心と身体に、そのなごりだけが濃厚に残っている。
私はどうしようもない不安に駆られてしまう。
大切なものをすべて失ってしまうような、不安。
何もない世界に独りだけ取り残されてしまうような、不安。
これは小さな頃から、ずっとずっと私が抱えている不安だ。
私は慌てて、隣で寝息をたてている瑠璃のことを抱き寄せた。

あ・・・・・・・、んっ・・・・・・・
瑠璃は小さな声を漏らした。その髪の毛から、かすかに昨日のシャンプーの匂いがした。
マコさん? どうしたの
その猫のような目をうっすら開けた瑠璃が、まどろんだ声で、尋ねる。
ううん、ただ、ギュッとしたくなっただけ
そう・・・・・・・
瑠璃は再び目を閉じ、寝息をたてはじめた。
この不安が、どこからやってきたのか、私にはよくわからない。たぶんものごころがついた頃には、もう、私の中にあった。そしてそれは、この世界のありようを知るにつれて、大きくなっていった。

自分が他の多くの女の子とは性的指向の違う、マイノリティだと自覚したとき。学校で目立たないタイプの男子が、いじめを受けて不登校になるのを黙って傍観していたとき。テレビのニュースで、幼い子どもが義理の父親に殴り殺された事件を知ったとき。駅前でやっていた遠い国の貧困を救うための募金活動の前を素通りしたとき。

なぜ私はこんなふうに生まれてしまったの? なぜ彼はいじめられなければならないの? なぜ罪もない子どもが殺されてしまうの? なぜこの世界では不条理なことが起きてしまうの?

そんな問いが浮かぶたび、不安は大きく育っていった。
それは、かけがえのないものを手に入れた今も、消えてはくれない。いや、かけがえのないものを手に入れたからこそ、より大きくなった。

自分と同じマイノリティの瑠璃と出会い、恋に落ち、パートナーになった。彼女のお父さんも認めてくれ、家族のように一緒に暮らしながら、お店もやるようになった。三年間も、穏やかで充実した生活が続いている。

奇跡的な偶然が重なって、私は幸福を手に入れた。だからこそ、不安になる。
偶然に手に入れた幸せは、偶然失われてしまうかもしれない。この世界の不条理は、いつか私からすべてを奪うのかもしれない。
いや、大丈夫、きっと大丈夫。
私は瑠璃を抱きしめながら、自分に言い聞かせる。

- あの方を信じていれば、大丈夫。

この不安を唯一、和らげてくれるのは、あの方の教えだけだ。
私があの方を知ったのは、東日本大震災の翌年、瑠璃と一緒に行った東北へのボランティア旅行中、被災地の街で見かけた署名も何もない張り紙がきっかけだった。
私は瑠璃の寝顔を眺める。
この子はまだ、あの方のことを知らない。

そろそろ教えてあげなきゃいけない。ただし、妙な誤解や反発をされないよう、慎重に。あの方の素晴らしさを教えてあげなきゃいけない。場合によっては、少し嘘をついたり、強引な手を使ってでも・・・・・・・。

それが瑠璃のためにもなるのだから。あの方 - “沼” - は、私たちを救ってくださるのだから。狂った神様がつくったこの 悪の世界の不条理から。

あの方は正しい。あの方を信じる私も正しい。
だから大丈夫、きっと大丈夫。大丈夫、大丈夫、大丈夫・・・・・・・。

そう何度も言い聞かせるうちに、心は安らぎで満たされてゆく。
私は布団を引き寄せ、抱きしめた瑠璃と一緒にくるまる。繭で身体を包む幼虫のように。そして私は再び、眠りに落ちていった。

※本作は、第二次世界大戦中から現代までが舞台となっています。本文中に 「私生児」 「トルコ風呂」 「インバイノコ」 「按摩」 など、今日の観点からすると不快・不適切とされる用語が用いられていますが、物語の根幹に関わる設定と時代背景に鑑み、当時用いられていた言葉をそのまま使用しました。 2016年10月 光文社刊

この本を読んでみてください係数 80/100

コクーン (光文社文庫)

◆葉真中 顕
1976年東京都生まれ。
東京学芸大学教育学部中退。

作品 「ロスト・ケア」「絶叫」「ブラック・ドッグ」「政治的に正しい警察小説」「凍てつく太陽」他

関連記事

『僕が殺した人と僕を殺した人』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『僕が殺した人と僕を殺した人』東山 彰良 文藝春秋 2017年5月10日第一刷 僕が殺した人と

記事を読む

『カエルの小指/a murder of crows』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『カエルの小指/a murder of crows』道尾 秀介 講談社文庫 2022年2月15日第

記事を読む

『さいはての彼女』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『さいはての彼女』原田 マハ 角川文庫 2013年1月25日初版 さいはての彼女 (角川文庫)

記事を読む

『携帯の無い青春』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『携帯の無い青春』酒井 順子 幻冬舎文庫 2011年6月10日初版   携帯の

記事を読む

『傲慢と善良』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『傲慢と善良』辻村 深月 朝日新聞出版 2019年3月30日第1刷 傲慢と善良 婚約者

記事を読む

『昭和の犬』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『昭和の犬』姫野 カオルコ 幻冬舎文庫 2015年12月5日初版 昭和の犬 (幻冬舎文庫)

記事を読む

『玩具の言い分』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『玩具の言い分』朝倉 かすみ 祥伝社文庫 2012年7月30日初版 玩具の言い分 (祥伝社文庫

記事を読む

『彼女がその名を知らない鳥たち』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『彼女がその名を知らない鳥たち』沼田 まほかる 幻冬舎文庫 2009年10月10日初版 彼女が

記事を読む

『孤独論/逃げよ、生きよ』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『孤独論/逃げよ、生きよ』田中 慎弥 徳間書店 2017年2月28日初版 孤独論 逃げよ、生き

記事を読む

『透明な迷宮』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『透明な迷宮』平野 啓一郎 新潮文庫 2017年1月1日発行 透明な迷宮 (新潮文庫) 深夜

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

『緑の我が家』(小野不由美)_書評という名の読書感想文

『緑の我が家』小野 不由美 角川文庫 2022年10月25日初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑