『おるすばん』(最東対地)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/09 『おるすばん』(最東対地), 作家別(さ行), 書評(あ行), 最東対地

『おるすばん』最東 対地 角川ホラー文庫 2019年9月25日初版

絶対にドアを開けてはいけない・・・・・・・ あいつがやって来る、来るぞ、来るぞ、来るぞ、来るぞ! 

「ドロボー」 は律儀に呼び鈴を押して訪ねてくる。ドアを開けたら最後、身体の一部をもぎ取られてしまうらしい - 。奇怪な都市伝説を聞いた祐子は、幼い姪が最近怯えている、左腕がない 「キムラサン」 との符号に戦慄する。オカルト雑誌の編集者とともに調査に乗り出した祐子は、封印していた自身の記憶が蠢きだすのを感じる・・・・・・・。底なしの憎悪に読む者を引きずり込む、理不尽かつ容赦ないノンストップ・サスペンス・ホラー! (角川ホラー文庫)

ドロボー 滝沢は キムラサンと呼称していた は、ひとりで家にいる時にやってくる。キムラサンは道に迷うので印をしておかなければならない。それがシールで、それを目掛けてやってくる。シールは決まって赤い。血の色を込めた赤色である。

ドロボーがやってくる家の選定の条件は、その家に人形ぬいぐるみやフィギア、プラモデルなど四肢に頭がついていれば条件にあてはまる があること。そして、それに本来の名前と違う名前を付けていること。

人形會が演じた劇の内容を思いだし、慄いた。ドロボーのはじまりは間違いなく、クサノミが自らの死と憎悪で行使した呪術だ。100年以上の昔から、あれは意思を持たず、人形會が選んだ家を渡り歩いていたのだ。

腕か、脚。四肢を一本ずつ集めて最後に頭を載せる。すると、何が完成するのか・・・・・・・?  形ばかりの、ひとりの人間ができる

[目次]
どろぼう
一 キムラサン
二 セタ/ケス
三 ウジ
四 イタズ
五 シガネ
六 サンペ

この本を読んでみてください係数 80/100

◆最東 対地
1980年大阪府交野市生まれ。大阪府在住。

作品 「夜葬」「♯拡散忌望」「えじきしょんを呼んではいけない」「怨霊診断」等

関連記事

『赤頭巾ちゃん気をつけて』(庄司薫)_書評という名の読書感想文

『赤頭巾ちゃん気をつけて』庄司 薫 中公文庫 1995年11月18日初版 女の子にもマケズ、ゲバル

記事を読む

『第8監房/Cell 8』(柴田 錬三郎/日下三蔵編)_書評という名の読書感想文

『第8監房/Cell 8』柴田 錬三郎/日下三蔵編 ちくま文庫 2022年1月10日第1刷

記事を読む

『田舎でロックンロール』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『田舎でロックンロール』奥田 英朗 角川書店 2014年10月30日初版 これは小説ではありませ

記事を読む

『終わりなき夜に生れつく』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『終わりなき夜に生れつく』恩田 陸 文春文庫 2020年1月10日第1刷 はじめに、

記事を読む

『僕のなかの壊れていない部分』(白石一文)_僕には母と呼べる人がいたのだろうか。

『僕のなかの壊れていない部分』白石 一文 文春文庫 2019年11月10日第1刷

記事を読む

『乙女の家』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『乙女の家』朝倉 かすみ 新潮文庫 2017年9月1日発行 内縁関係を貫いた曾祖母、族のヘッドの子

記事を読む

『アカガミ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『アカガミ』窪 美澄 河出文庫 2018年10月20日初版 渋谷で出会った謎の女性に勧められ、ミツ

記事を読む

『硝子の葦』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『硝子の葦』桜木 紫乃 新潮文庫 2014年6月1日発行 今私にとって一番読みたい作家さんです。

記事を読む

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月17日第2刷 「

記事を読む

『朝が来る』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『朝が来る』辻村 深月 文春文庫 2018年9月10日第一刷 長く辛い不妊治療の末

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑