『逃亡作法 TURD ON THE RUN(上・下)』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『逃亡作法 TURD ON THE RUN』(上・下)東山 彰良 宝島社文庫 2009年9月19日第一刷


新装版 逃亡作法 TURD ON THE RUN (上) (宝島社文庫)

 

死刑制度が廃止された近未来の日本。〈キャンプ〉と呼ばれる刑務所では囚人の自由が拡大されるなど、刑務所の形態が大きく変わり加害者の人権が大幅に保護されていた。だが被害者の家族は納得がいかず、一部では復讐を誓う者同士が手を組み、〈キャンプ〉の襲撃を計画。一方、標的となった囚人たちは〈キャンプ〉からの脱獄を企てていた。(上巻解説より抜粋)

大藪春彦賞作家であり、直木賞作家でもある東山彰良の記念すべきデビュー作です。(尚、この作品は第1回『このミステリーがすごい! 』大賞の銀賞と読者賞を受賞しています)

新装なった文庫は、上下巻の2冊組。上巻が1章から13章、下巻が14章から最終29章までの、併せて約550ページになる大作です。

事のはじまりは刑務所 - その時代においては〈キャンプ〉と呼ばれています - で、登場人物のほとんどが囚人か悪党、中に少し善人もいるにはいるのですが、皆が一様に殺したり殺されたりします。悪人が悪人を騙し、善人が悪人と手を組んだりもします。

その中心となる人物や時の状況をもう少し具体的に説明すると -

連続少女暴行殺害犯・川原昇に娘を殺された飯島好孝ら遺族たちは、〈キャンプ〉襲撃計画を実行に移し、管理室を占拠した。だが、一瞬の隙を突き逆襲に出た囚人たちは、「アイスホッパー」と呼ばれる、〈キャンプ〉から脱獄しようとすると眼球が飛び出すようプログラムされたチップの解除パスワードをまんまと入手。刑務所から脱獄を開始した。(下巻解説より抜粋)

登場人物は、おおよそいくつかのグループに分別できます。その内のほとんどが囚人、つまり「一瞬の隙を突き」キャンプから脱獄した面々です。残りがキャンプを襲撃した人間、彼らは善人なのですが、娘を殺された怨みを晴らすためにキャンプ破りを決行します。

グループの筆頭は、この物語の主人公であり語り手でもあるツバメと、彼の仲間。ツバメの本名は李燕(リイエン)、他に2人、ミユキ(本名、三行譲)とモモ(本名、百崎健)がいます。

第2のグループは、どちらも在日韓国人の張武伊(チャムイ)と朴志豪(パクチホ)。続いて3番目は、菊池保という男。菊池は暴力団組織・菊池組を束ねる組長で、檻の中では1人きりですが、娑婆へ出ればナンバー2のガッツがおり、恋人の理子がいます。

そして、もう1人。これらのどこにも属さないのが、連続少女暴行殺害犯として服役している川原昇です。川原は、幼気な少女を15人殺害した罪で収監されています。(犯行日が決まって国民の休日であったため、彼は〈ホリデー・リッパー〉と呼ばれています)

これらの囚人の脱獄を、結果手助けすることになってしまうのが、飯島好孝率いる〈テロリスト〉の面々です。彼らはそれぞれをニックネームで呼び合います。飯島が「カイザー」、天野哲治が「ジョー」、竹田誠が「バット」、池陽介が「竜馬」と名乗ります。

彼らは被害者の肉親 - 川原昇という悪魔のような男に凌辱され、命を奪われた少女たちの父親で、司法に代わって川原を断罪しようとしています。

このとき日本では、いかな凶悪な犯人と言えども死刑の執行が出来ないようになっています。人権が声高に叫ばれ、犯罪者に対する待遇は格段に恵まれたものになっています。ちなみに、川原の刑期は懲役540年。死刑が廃止された故の、まるで意味ない数字です。

それが為に、カイザーらは己が生活の全てを投げ捨てて、川原昇を殺すためだけに徒党を組んでいます。周到な計画を立て、銃器を調達もし、いざキャンプヘ乗り込もうとしたところまではよかったのですが・・・
・・・・・・・・・・
おおよそこのような状況で幕を開けるのですが、このあと物語はそれぞれの思惑を孕んで、次から次へと場面を変えて行きます。

それを〈ハードボイルド・アクション〉とみるか。あるいは〈オフビートなクライムノベル〉などと言うのか。はたまた、単に野蛮でお下劣なドタバタ劇とみるかは、皆さんのご判断に委ねたいと思います。しかし、とにもかくにも、これが東山彰良という作家の本領であることには違いありません。

改めて思い返すと、初めて読んだ『流』(直木賞受賞作)とは随分違った印象になっています。『流』がとても良かったので、私としては『流』のような小説をぜひ書いてもらいたい。この人が書く台湾や中国、大陸の話をぜひとも読んでみたいのです。

 

この本を読んでみてください係数 75/100


新装版 逃亡作法 TURD ON THE RUN (上) (宝島社文庫)

 

◆東山 彰良
1968年台湾生まれ。5歳まで台北、9歳で日本に移る。福岡県在住。本名は王震緒。
西南学院大学大学院経済学研究科修士課程修了。吉林大学経済管理学院博士課程に進むが中退。

作品「路傍」「ミスター・グッド・ドクターをさがして」「ブラックライダー」「流」「ラブコメの法則」「キッド・ザ・ラビット ナイト・オブ・ザ・ホッピング・デッド」他

関連記事

『終の住処』(磯崎憲一郎)_書評という名の読書感想文

『終の住処』磯崎 憲一郎 新潮社 2009年7月25日発行 終の住処 (新潮文庫) 妻はそれ

記事を読む

『太陽の坐る場所』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『太陽の坐る場所』辻村 深月 文春文庫 2011年6月10日第一刷 太陽の坐る場所 (文春文庫

記事を読む

『中国行きのスロウ・ボート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『中国行きのスロウ・ボート』村上 春樹 文芸春秋 1983年5月20日初版 中国行きのスロウ・

記事を読む

『イモータル』(萩耿介)_書評という名の読書感想文

『イモータル』萩 耿介 中公文庫 2014年11月25日初版 イモータル (中公文庫) イン

記事を読む

『田村はまだか』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『田村はまだか』朝倉 かすみ 光文社 2008年2月25日第一刷 田村はまだか (光文社文庫)

記事を読む

『抱く女』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『抱く女』桐野 夏生 新潮文庫 2018年9月1日発行 抱く女 (新潮文庫) 女は男の従属物

記事を読む

『コクーン』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『コクーン』葉真中 顕 光文社文庫 2019年4月20日初版 コクーン (光文社文庫)

記事を読む

『谷崎潤一郎犯罪小説集』(谷崎潤一郎)_書評という名の読書感想文

『谷崎潤一郎犯罪小説集』谷崎 潤一郎 集英社文庫 2007年12月20日第一刷 谷崎潤一郎犯罪

記事を読む

『民宿雪国』(樋口毅宏)_書評という名の読書感想文

『民宿雪国』樋口 毅宏 祥伝社文庫 2013年10月20日初版 民宿雪国 (祥伝社文庫)

記事を読む

『罪の轍』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『罪の轍』奥田 英朗 新潮社 2019年8月20日発行 罪の轍 奥田英朗の新刊 『罪の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑