『朱色の化身』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『朱色の化身』塩田 武士 講談社文庫 2024年2月15日第1刷発行

事実が、真実でないとしたら。 累計80万部罪の声本の雑誌が選ぶ2023年度ベスト10 第1位存在のすべてをにつながる感動作

不条理な運命にもがいた、母娘三代の数奇な人生 -

昭和三十一年、四月。福井・芦原温泉を大火が襲う。「関西の奥座敷」 として賑わった街は、三百棟以上が焼失した。六十年後、東京。元新聞記者のライター・大路亨は、失踪した謎の女・辻珠緒の行方を追ううちに、芦原出身の彼女と大火災の因縁に気づく - 。膨大な取材で時代の歪みを炙り出す、入魂の傑作長編。(講談社文庫)

もしも事実が、真実ではないとしたら・・・・・・・

大路は、やがて気付くことになります。「真実は事実の解釈だ。捻じれて固まった家族の彫像に、他人がつけ入るスキなどあるわけがなかった。」 と。母娘三代にわたる苦渋の道は、行けども行けども、果てが見えません。六十年が経ち、珠緒は今何をしているのでしょう。“恙なく“ 暮らしているのでしょうか。

物語は、1956年に起こった大火災の場面から始まる。福井の芦原温泉を襲った大規模な火事は、そこで働いていた市井の人々の人生を変えてしまう。

そして時は流れ、カメラのフォーカスは2020年に至る。新聞記者の父のもとに生まれた大路亨は、同じく新聞記者になるが、今は会社を辞めてライターとして活動している。彼は父に頼まれ、ある女性を探すことになる。彼女の名は、辻珠緒。大人気ゲームの開発者だった。

大路は珠緒を探し始めたが、どうやら彼女はいま失踪している。会社にもメールを送ったまま姿を消した珠緒の足取りを辿って、大路はさまざまな周辺人物に話を聞きに行く。

新卒で入った銀行の同期、京大時代や中学時代の友人、隣人、そして元夫・・・・・・・。珠緒の知り合いたちを探っているうちに、大路は彼女の過酷な人生を知ることになる。

なぜ珠緒は失踪したのか? そしていま、彼女はどこにいるのか?

福井県の大火災と珠緒の人生が交錯する瞬間、大路はなぜ自分がこの取材を続けてきたのか、その意味を理解するのだった。(解説より)

※大路は最初、辻珠緒という女性について、聞く人それぞれの印象が微妙に違い、折々の、その極端な挙動のせいもあって、全体の人物像を上手く描くことができません。成績優秀で、現役で京都大学に合格した珠緒は、抜きん出て美人でもありました。問題は、彼女の “出自“ にありました。

文庫の解説者・三宅香帆氏曰く、「本書が描き出すのは、正義と不正義のその狭間にある、断罪できない傷の問題なのだ」 と。「何が正しくて何が正しくないのか、という問題が重要なわけではない。むしろ、どうすれば正しさと正しくなさの曖昧な世界で、私たちは、心に背負った傷を回復できるのか? という問題こそがもっと問われるべきなのだ」 と。

珠緒は、自身では払いきれない 「過去の因縁」 に苦しめられています。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆塩田 武士
1979年兵庫県生まれ。
関西学院大学社会学部卒業。

作品 「盤上のアルファ」「女神のタクト」「崩壊」「拳に聞け! 」「罪の声」「歪んだ波紋」「存在のすべてを」他多数

関連記事

『その可能性はすでに考えた』(井上真偽)_書評という名の読書感想文

『その可能性はすでに考えた』井上 真偽 講談社文庫 2018年2月15日第一刷 山村で起きたカルト

記事を読む

『しろがねの葉』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『しろがねの葉』千早 茜 新潮社 2023年1月25日3刷 男たちは命を賭して穴を

記事を読む

『1973年のピンボール』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『1973年のピンボール』村上 春樹 講談社 1980年6月20日初版 デビュー作『風の歌を聴け

記事を読む

『小説 学を喰らう虫』(北村守)_最近話題の一冊NO.2

『小説 学を喰らう虫』北村 守 現代書林 2019年11月20日初版 『小説 学を

記事を読む

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷 職場の親睦会

記事を読む

『猿の見る夢』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『猿の見る夢』桐野 夏生 講談社 2016年8月8日第一刷 薄井正明、59歳。元大手銀行勤務で、出

記事を読む

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発行 死刑を存置

記事を読む

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行 「マカン・マラン」 シ

記事を読む

『首里の馬』(高山羽根子)_書評という名の読書感想文

『首里の馬』高山 羽根子 新潮文庫 2023年1月1日発行 第163回芥川賞受賞作

記事を読む

『僕らのごはんは明日で待ってる』(瀬尾まいこ)_書評という名の読書感想文

『僕らのごはんは明日で待ってる』瀬尾 まいこ 幻冬舎文庫 2016年2月25日初版 兄の死以来、人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑