『あなたが殺したのは誰』(まさきとしか)_書評という名の読書感想文

『あなたが殺したのは誰』まさき としか 小学館文庫 2024年2月11日 初版第1刷発行

累計50万部突破の大ベストセラー!あの日、君は何をした』 『彼女が最後に見たものは に続く、三ツ矢&田所刑事シリーズ第3弾。 

抗えぬ生と死を圧倒的なスケールで描く、著者の最高到達点

中野区のマンションの一室で若い女性が頭部を殴打され、意識不明の状態で発見される。永澤美衣紗という名の彼女はシングルマザーで、10ヵ月の娘、しずくは連れ去られる。現場には 「私は人殺しです。」 と書かれた便箋が残されていた。

時は遡り、1990年代初頭。北海道の鐘尻島では巨大リゾート 「リンリン村」 の建設が頓挫し、老舗料亭 「帰楽亭」 の息子、小寺陽介は将来に不安を感じていた。多額の借金をして別邸を建てた父は大丈夫なのか。そんな折、リンリン村の鉄塔で首つり死体が発見される。バブルに翻弄される離島と現在の東京。二点を貫く事件の驚くべき真相とは。(小学館)

物語は、時と場所を変え、二つ並行して進行します。いずれ二つは一つになりますが、その過程において、予期せぬ偶然や致命的な勘違いが重なって、結果、仕向けられた意図や仕掛けられた罠に唖然とし、心に深い傷だけが残ります。

現在進行形の事件捜査と過去の出来事とが交互に語られていく。読者の関心は、二つの叙述がどこで交わるかということに向けられるだろう。そこに至るまでには多くの人間が登場し、さまざまな人生模様が描かれる。現在と過去、いずれの物語も緊迫感に満ち、いささかも間延びすることがないので、読者はあっという間にページをめくらされてしまう。

合流点に到達するころには、おぼろげながら事件の全貌が見えてきているはずである。しかしミステリーとしてはそこからが本番で、プロットのうねりが激しさを増す。そして読者は、予想もしなかった地点に運ばれてしまうのである。人物配置の妙、そして緩急自在な物語運びがこの作者の魅力だ。

Ж

- 今回の物語は三部構成で、それぞれそれに 「彼を殺したのは誰」 「彼女を殺したのは誰」 「あなたが殺したのは誰」 と題名がつけられている。これは過去作になかった試みで、情報が開示されていくに従って謎の様相が変化していく楽しみを読者に味わわせようという意図を感じる。

事件捜査が行われる2020年代の東京都と、20数年前の北海道鐘尻島の物語が並行する趣向もいい。二つの時間が衝突する地点が山場になる構成は第一作と同じだが、今回はそれを並列でやっているわけである。

過去に関する叙述の起点をバブル経済崩壊の1993年に合わせたため、以降のどん底に沈んだ日本経済が事件の背景として用いられることになった。いわゆる 「失われた30年」 の物語になったのである。鐘尻島で小寺陽介が体験していくものごとは、すべてがうまくいかず空回りし、未来が次々に奪われていく日本の象徴だ。30年の停滞が生み出した物語と言ってもいい。(解説より/杉江松恋)

※多くの登場人物の、おそらく誰もが悪くありません。悪くないのに、結果、この惨憺たる結末は何なのでしょう。彼らはどこで間違えたのか。何がそうさせたのか。彼らにとっての 「30年」 は何と虚しく、意味ない日々の連続だったことでしょう。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆まさき としか
1965年東京都生まれ。北海道札幌市育ち。

作品 「夜の空の星の」「完璧な母親」「いちばん悲しい」「熊金家のひとり娘」「ゆりかごに聞く」「あの日、君は何をした」「祝福の子供」「彼女が最後に見たものは」他多数

関連記事

『犬』(赤松利市)_第22回大藪春彦賞受賞作

『犬』赤松 利市 徳間書店 2019年9月30日初刷 大阪でニューハーフ店 「さく

記事を読む

『えんじ色心中』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『えんじ色心中』真梨 幸子 講談社文庫 2014年9月12日第一刷 ライターの収入だけでは満足

記事を読む

『空港にて』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『空港にて』村上 龍 文春文庫 2005年5月10日初版 ここには8つの短編が収められていま

記事を読む

『雨のなまえ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『雨のなまえ』窪 美澄 光文社文庫 2022年8月20日2刷発行 妻の妊娠中、逃げ

記事を読む

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月10日 4刷発行 この手の

記事を読む

『イモータル』(萩耿介)_書評という名の読書感想文

『イモータル』萩 耿介 中公文庫 2014年11月25日初版 インドで消息を絶った兄が残した「智慧

記事を読む

『太陽のパスタ、豆のスープ』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『太陽のパスタ、豆のスープ』宮下 奈都 集英社文庫 2013年1月25日第一刷 結婚式直前に突然婚

記事を読む

『雨の夜、夜行列車に』(赤川次郎)_書評という名の読書感想文

『雨の夜、夜行列車に』赤川 次郎 角川文庫 2017年1月25日初版 「今夜、九時の列車よ - 」

記事を読む

『夫の骨』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『夫の骨』矢樹 純 祥伝社文庫 2019年4月20日初版 昨年、夫の孝之が事故死し

記事を読む

『大阪』(岸政彦 柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『大阪』岸政彦 柴崎友香 河出書房新社 2021年1月30日初版発行 大阪に来た人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑