『ある行旅死亡人の物語』(共同通信大阪社会部 武田惇志 伊藤亜衣)_書評という名の読書感想文

『ある行旅死亡人の物語』共同通信大阪社会部 武田惇志 伊藤亜衣 毎日新聞出版 2024年1月15日 第10刷

第13回広島本大賞ノンフィクション部門 受賞 現金3400万円を残して孤独死した身元不明の女性 - あなたは一体誰ですか?

はじまりは、たった数行の死亡記事だった。警察も探偵もたどり着けなかった真実へ - 。名もなき人の半生を追った、記者たちの執念のルポルタージュ。ウェブ配信後たちまち1200万PVを獲得した話題の記事がついに書籍化!

2020年4月。兵庫県尼崎市のとあるアパートで、女性が孤独死 - 現金3400万円、星形マークのペンダント、数十枚の写真、珍しい姓を刻んだ印鑑・・・・・・・。記者二人が、残されたわずかな手がかりをもとに、警察も探偵も解明できなかった身元調査に乗り出す。舞台は尼崎から広島へ。たどり着いた地で記者たちが見つけた 「チヅコさん」 の真実とは? 「行旅死亡人」 が本当の名前と半生を取り戻すまでを描いた圧倒的ノンフィクション。(毎日新聞出版)

一気に読みました。一日あれば十分で、たまにこんなことがあります。この本の、何が人を惹きつけるのか。答えは案外難しく、(ただ) 読んだだけでは 「わかった」 ふうには書けません。

名もなき高齢女性の死の背景に、記者は何を感じ取ったのでしょう。仕事の合間を縫い、自腹を切ってまで、なぜくり返し広島まで出かけて行ったのか。その気にさせた、理由こそが問題です。

痕跡たどり、浮かび上がった人生 評者:澤田瞳子/朝日新聞掲載:2023年02月11日

行旅死亡人とは病気や自殺等で亡くなったものの身元が判明せず、引き取り者不在の死者を指す法律用語。日本では年間600から700名の行旅死亡人情報が官報に記され、どこかに帰る日を待っている。

本書は2020年に兵庫県で行旅死亡人と認定された高齢女性の半生を追ったノンフィクション。残された3千万円超の大金、目撃者のいない 「夫」 など彼女の周囲は謎に満ち、ミステリすら想起させるが、本書が我々に提示するのはその謎解き過程だけではない。

人は生きる限り、無数の痕跡を刻む。だがそれらを第三者が完全に理解することは不可能で、再現される人生はどうしても断片的となる。それは行旅死亡人であろうがなかろうが同じ。人生とは死と時を経れば、風に散る塵 (ちり) の如 (ごと) くはかない。しかし二度と戻らぬ時を過ごし、各々の生涯を生きるがゆえに、人は尊いのだ。熱量に満ちた筆致の奥から、人生とは、死とは何かを問う一冊である。

※何も知らずに買ったのですが、(後からネットでみると) ずいぶん評判であるらしい。何気に本屋へ行き、ふと目についたのがこの本でした。表紙を見てください。後ろを向いた女性が、大きな犬のぬいぐるみを持っています。このぬいぐるみ、ただのぬいぐるみではありません。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆武田 惇志
1990年生まれ、名古屋市出身。京都大学大学院人間・環境学研究科修了。2015年、共同通信社に入2015年、共同通信社に入社。横浜支局、徳島支局を経て2018年より大阪社会部。

◆伊藤 亜衣
1990年生まれ、名古屋市出身。早稲田大学大学院政治学研究科修了。                2016年、共同通信社に入社。青森支局を経て2018年より大阪社会部。

関連記事

『ウエストウイング』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ウエストウイング』津村 記久子 朝日文庫 2017年8月30日第一刷 女性事務員ネゴロ、塾通いの

記事を読む

『ある女の証明』(まさきとしか)_まさきとしかのこれが読みたかった!

『ある女の証明』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年10月10日初版 主婦の小浜

記事を読む

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 大物彫刻家が遺した縮小

記事を読む

『イヤミス短篇集』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『イヤミス短篇集』真梨 幸子 講談社文庫 2016年11月15日第一刷 小学生の頃のクラスメイトか

記事を読む

『エイジ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『エイジ』重松 清 新潮文庫 2004年7月1日発行 重松清の小説が嫌いだと言う人はあまりいないと

記事を読む

『メタボラ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『メタボラ』桐野 夏生 文春文庫 2023年3月10日新装版第1刷 ココニイテハイ

記事を読む

『妖談』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『妖談』車谷 長吉 文春文庫 2013年7月10日第一刷 ずっとそうなのです。なぜこの人の書

記事を読む

『笹の舟で海をわたる』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『笹の舟で海をわたる』角田 光代 毎日新聞社 2014年9月15日第一刷 終戦から10年、主人公・

記事を読む

『ねこまたのおばばと物の怪たち』(香月日輪)_書評という名の読書感想文

『ねこまたのおばばと物の怪たち』香月 日輪 角川文庫 2014年12月25日初版 「人にはそれぞれ

記事を読む

『魚神(いおがみ)』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『魚神(いおがみ)』千早 茜 集英社文庫 2012年1月25日第一刷 かつて一大遊郭が栄えた、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑