『アンソーシャル ディスタンス』(金原ひとみ)_書評という名の読書感想文

『アンソーシャル ディスタンス』金原 ひとみ 新潮文庫 2024年2月1日 発行

すぐに全編を一気読みした私は、これぞ金原ひとみ、ありがとう金原ひとみ、いつも心に金原ひとみ、と万歳三唱せんばかりの高揚感を抱いた。本書は、著者の作品を愛する読者の方々には勿論胸を張って差し出したいし、著者の作品が初めての方、購入を迷われている方にはそれ以上の自信を持って推薦したい一冊なのだ。作家・朝井リョウ/解説より

整形、不倫、ストロングゼロ・・・・・・・ 絶望に溺れ、必死にもがく女性たちを鮮烈に描く短編集 谷崎潤一郎賞受賞作

心を病んだ恋人との生活に耐えきれず、ストロングゼロに頼る女。年下彼氏の若さに当てられ、整形へ走る女。夫からの逃げ道だった、不倫相手に振り回される女。推しのライブ中止で心折れ、彼氏を心中に誘う女。恋人と会えない孤独な日々で、性欲や激辛欲が荒ぶる女 - 。絶望に溺れて摑んだものが間違っていたとしても、それは、今を生き抜くための希望だった。女性たちの疾走を描く鮮烈な五編。(新潮文庫)

2020年に始まり、未だ完全な終息には至らないコロナ禍にあって、人の暮らしはどんな変化を遂げたのでしょう。自粛自粛の毎日で、出口が見えない中、何を頼りに、何に縋って人は生きられるのか。リアルな生を実感できるのか。絶望まみれの五編を読んで、そんなことを考えました。

【目次】
・ストロングゼロ Strong Zero
・デバッガー Debugger
・コンスキエンティア Conscientia
・アンソーシャル ディスタンス Unsocial Distance
・テクノブレイク Technobreak

同棲中の恋人の精神的不調がトリガーとなり、高アルコール飲料に溺れていく主人公の姿を描いた 「ストロングゼロ」。

職場の後輩から好意を寄せられたことで、自身の外見に対するコンプレックスの解像度が上がり続けプチ整形をやめられなくなる 「デバッガー」。

コミュニケーション不全が続く夫から逃げるように複数の男と不倫をするが、誰を相手にしても自分の中の空洞ばかりが拡張していく 「コンスキエンティア」。

生きる希望だったライブが新型コロナウイルスの影響により中止に。絶望した若い男女が心中を目的とした旅に出る 「アンソーシャル ディスタンス」。

未知のウイルスへの恐怖と位置情報共有アプリがもたらす逆説的な孤独、そして迸る性欲と激辛料理への欲求が結集し一気に爆発する 「テクノブレイク」。

短い文章でまとめたところでこの小説の魅力は殆ど伝えられていないだろう。私にとって著者の小説の魅力のひとつは、あらすじでは伝えられない部分、つまり文体そのものにある。脳内を疾走する言葉を速度もそのままに完全再現したようなドライブ感のある文体は、他に類を見ない唯一無二のものだ。そしてそれは、本書でも採用されている徹底した一人称視点から生まれていると推測する。(解説より)

※折りにふれ描かれる、微に入り細を穿つ性描写は、他の追随を許しません。それは卑猥や露悪を超えて、生きる証を求めるための、あるべき真っ当な営みであるように映ります。その一々に互いの思いがせめぎ合うようで、強く心に迫ります。

参考:Debuggerとは、バグと呼ばれる、コンピューターにおけるプログラムやソフトウェアの誤りや不具合 (エラー) を発見・修正するソフトウェアのこと。Conscientiaは、“良心“ です。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆金原 ひとみ

1983年東京都生まれ。パリ在住。文化学院高等課程中退。小学4年生で不登校になり、中学、高校にはほとんど通っていない。小学6年のとき、父親の留学に伴い、1年間サンフランシスコで暮らす。

作品 「蛇にピアス」「アッシュベイビー」「AMEBIC アミービック」「オートフィクション」「ハイドラ」「星へ落ちる」「TRIP TRAP」「マザーズ」「憂鬱たち」他多数

関連記事

『雨の鎮魂歌』(沢村鐵)_書評という名の読書感想文

『雨の鎮魂歌』沢村 鐵 中公文庫 2018年10月25日初版 北の小さな田舎町。中

記事を読む

『インビジブル』(坂上泉)_書評という名の読書感想文

『インビジブル』坂上 泉 文春文庫 2023年7月10日第1刷 第23回大藪春彦賞

記事を読む

『ジオラマ』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『ジオラマ』桐野 夏生 新潮エンタテインメント倶楽部 1998年11月20日発行 初めての短

記事を読む

『ホテル・ピーベリー 〈新装版〉』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『ホテル・ピーベリー 〈新装版〉』近藤 史恵 双葉文庫 2022年5月15日第1刷

記事を読む

『影裏』(沼田真佑)_書評という名の読書感想文

『影裏』沼田 真佑 文藝春秋 2017年7月30日第一刷 北緯39度。会社の出向で移り住んだ岩手の

記事を読む

『泥濘』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『泥濘』黒川 博行 文藝春秋 2018年6月30日第一刷 「待たんかい。わしが躾をするのは、極道と

記事を読む

『送り火』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『送り火』高橋 弘希 文藝春秋 2018年7月25日第一刷 春休み、東京から山間の町に引っ越した中

記事を読む

『ヒーローズ(株)!!! 』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ヒーローズ(株)!!! 』北川 恵海 メディアワークス文庫 2016年4月23日初版 「なー

記事を読む

『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』大島 真寿美 文春文庫 2021年8月10日第1刷

記事を読む

『鯨の岬』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『鯨の岬』河﨑 秋子 集英社文庫 2022年6月25日第1刷 札幌の主婦奈津子は、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

『逆転美人』(藤崎翔)_書評という名の読書感想文

『逆転美人』藤崎 翔 双葉文庫 2024年2月13日第15刷 発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑