『紙の月』(角田光代)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/03/17 『紙の月』(角田光代), 作家別(か行), 書評(か行), 角田光代

『紙の月』 角田 光代  角川春樹事務所 2012年3月8日第一刷 @1,500


紙の月 (ハルキ文庫 か 8-2)

 

角田光代が好きである。

 

映画『紙の月』の全国ロードショーが11月から始まります。

主人公の梅澤梨花を演じるのは宮沢りえで、今は9月ですが宣伝広告をよく見るようになりました。

また、今年の1月からはNHKで『紙の月』の連続TVドラマが放映されていました。

そのときの主演は原田知世でした。

ドラマを毎回欠かさず観て、その合間に本を読み直していました。

 

梅澤梨花、41歳。パート社員としてわかば銀行に勤務、担当は渉外係(外回り、得意先係とも言います)。

梨花は誠実な仕事ぶりで徐々に顧客の信頼を得ていきます。

担当する資産家の老人平林孝三には、殊の外気に入られていました。

その孝三の孫光太と知り合った頃、不正の芽は息吹きはじめます。

 

客から預かった現金を銀行へ入金せず、偽造した定期預金証書を返却するという手段で梨花の不正は始まります。

銀行の金を着服するという感覚よりも、一時的に借りるつもりで始めた証書の偽造が次の偽造へと続き、破綻のときまでひたすら梨花は偽造証書を作り続けることになります。

着服した現金の大半は光太との逢瀬に費やされ、その額は日増しに膨らんでいきます。

それは、41歳の女が現役大学生の男から与えられる愉悦と恍惚へのささやかな代償のように私には思えてなりません。

裕福な大人の女性を演じるために惜しげもなく梨花は散財し、光太への高価なプレゼントを繰り返すのでした。

証書さえ作り続ければこの幸せは永遠に続く、決して発覚などしない、たいていの預金者は証書を渡すときに疑って確かめることなどしないのだから。

 

しかし一方で、偽造を平気で繰り返すようになった自分がもう二度と以前の自分には戻れないところまで来てしまっていることに梨花は気付いてもいるのでした。

不正の期間は2年に及び、総額は1億円に上っていました。

偽造した証書の詳細を忘れぬようきちんと整理していたノートもいつからか開けることもせず、ただひたすらに穴埋め用の証書を作る梨花は鬼気迫るものがあります。

やがて永遠に続くと思われた逢瀬も、光太の拒絶で終焉を迎えます。

銀行では不正防止の内部監査が告知され、梨花が当事者として指名されます。

・・・・・・・・・

銀行の金を不正に着服するなどという大胆な思いが最初から梨花にあったわけではありません。

まして光太との情交など夢想だにしなかったことです。

すべては事の成り行きです。

それは、予期せぬ偶然や夫婦関係に生じていた気付かぬくらいの澱や歪み、そして光太と出会ったことで沸き立つ漠とした高揚感。

今ならまだ別の何者かになれるかも知れない。

それらが重なり合い反応した結果起こった事実は、梅澤梨花にとっては抜き差しならぬ情動だったと言えるのかも知れません。

 

彼女はタイへ逃亡し、いまチェンマイの街をひとり歩いています。

 

この本を読んでみてください係数  85/100


紙の月 (ハルキ文庫 か 8-2)

◆角田 光代

1967年神奈川県横浜市生まれ。

早稲田大学第一文学部文芸専修卒業

大学在学中に初めての小説を書く。卒業して1年後に角田光代として発表したテビュー作『幸福な遊戯』で第9回海燕新人文学賞を受賞する。以後、数々の文学賞を受賞している。

作品 「まどろむ夜のUFO」「キッドナップ・ツアー」「空中庭園」「対岸の彼女」「ロック母」「八日目の蝉」「ツリーハウス」「かなたの子」「私のなかの彼女」ほか多数

関連記事

『暗いところで待ち合わせ』(乙一)_書評という名の読書感想文

『暗いところで待ち合わせ』 乙一 幻冬舎文庫 2002年4月25日初版 暗いところで待ち合わせ

記事を読む

『家族の言い訳』(森浩美)_書評という名の読書感想文

『家族の言い訳』森 浩美 双葉文庫 2018年12月17日36刷 家族の言い訳 (双葉文庫)

記事を読む

『幸福な食卓』(瀬尾まいこ)_書評という名の読書感想文

『幸福な食卓』瀬尾 まいこ 講談社 2004年11月19日第一刷 幸福な食卓 (講談社文庫)

記事を読む

『この胸に突き刺さる矢を抜け』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『この胸に突き刺さる矢を抜け』 白石 一文 講談社 2009年1月26日第一刷 上下 各@1,600

記事を読む

『乳と卵』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『乳と卵』川上 未映子 文春文庫 2010年9月10日第一刷 乳と卵(らん) (文春文庫)

記事を読む

『I’m sorry,mama.』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『I'm sorry,mama.』桐野 夏生 集英社 2004年11月30日第一刷 I’m s

記事を読む

『完璧な母親』(まさきとしか)_今どうしても読んで欲しい作家NO.1

『完璧な母親』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年3月30日10刷 完璧な母親 (幻冬舎文

記事を読む

『銀河鉄道の父』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『銀河鉄道の父』門井 慶喜 講談社 2017年9月12日第一刷 銀河鉄道の父 第158回直木賞

記事を読む

『高架線』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『高架線』滝口 悠生 講談社 2017年9月27日第一刷 高架線 そうやって元のところに留ま

記事を読む

『孤独の歌声』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『孤独の歌声』天童 荒太 新潮文庫 1997年3月1日発行 孤独の歌声 (新潮文庫) &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『わたしの本の空白は』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『わたしの本の空白は』近藤 史恵 ハルキ文庫 2021年7月18日第

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑